2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月の投稿

2020年11月29日 (日)

磐田戦は、遠藤選手のお陰で観客数が伸びましたけどホームでの敗戦は続いています。

どうしたもんでしょうね!

私はフクアリ皆勤なんですけど、勝ち点3以外には何も望まないんですよ。勝ち点3だけが望みなんです!

勝利の喜びを味わいたいのに、勝利の喜びの味をすっかり忘れてしまいました。

南側のゴール裏に席を取った友人が、遠藤選手を目の前で見られて嬉しいなんて言ってましたけど、今はそんな時期でしょうか?J1昇格はスカッとなくなってますし。

遠藤選手の選手紹介の時に、私の後ろの方でパラパラと拍手が聞こえてましたけど何故?

遠藤選手目当ての人は、どこかに一括りにして分かりやすいい場所にというのはどうでしょう?

代表で出ている時はもちろん応援してましたけど、対戦相手ですよ。

中村俊輔選手や遠藤選手や中村憲剛選手は、別格だと思っています。横浜FCはJ1に昇格しましたし、磐田も遠藤選手でJ1へ!?

JEFの選手たちも、遠藤選手を特別視し過ぎたのでしょうか?

前半の2失点は、、、、

2点のビハインドから後半にようやくアンドリュー選手が投入されました。前半から出て欲しい選手なのですけど、尹晶煥さんと私の思いは別でした。

調子を徐々に上げてきたアラン選手が、生き生きとプレーしていることは嬉しいですね!

でも、もっと早く尹さんにフィットしてほしかったですけど!

見木友哉選手も新卒ながら活躍してくれました。練習生の時から目を引いた選手でした。

鳥海選手も、頼もしくなりました。最近キャップテンマークを付けてプレーすることが多くなりました。アカデミー出身選手には期待がかかります。

今日はU12が千葉県代表として全国大会出場を決めました。優勝おめでとう!

さあ、トップチーム!

ここからでも、意地を見せて勝ち点を積み重ねてください!

Photo_20201129220101

がんばれ!

2020年11月25日 (水)

シンプルな攻撃をやり切って勝利!

勝ちましたー!

C_9c__c__c__c_3c_7c_c__c__-20201125-2251

(妙な)ジンクスを破って最下位のチームに勝ちました!ホームでは勝てませんけど、勝利はやっぱりうれしいです!

山口まで応援に行ってくださった皆さま、ありがとうございました。

JEFでプレー経験のある中島浩二さんの解説でしたけど、「こういう試合は選手としてはどう感じるのかな?」とクエッションマークが入りましたけど、JEFのJ1時代の選手ですからこんな勝ち方は不本意ですよね。でも、監督の言葉通りに戦い結果を出した選手たちに、私は拍手を送ります。

そして、アナウンサーのいつものセリフ「J1にいるべきチーム。」に対して「J1に上がってほしい。」と言われた中島さんの言葉の方に共感を覚えます。

今節は、先制して追いつかれるという場面でも、集中を切らさずに落ち着いてプレーできていました。それが逆転につながったと思います。私は、フクアリで声を出せない分も声を出して応援していましたが、声帯が弱いので大声を出さなくても喉が痛い。(笑)

クレーべ選手が2得点しましたけど、落ち着いていましたね。

52分、堀米選手がドリブルでコースを取りしながらのシュートが相手にあたり、そのこぼれたボールをクレーべ選手が落ち着いてヘッドでGKの逆サイドに押し込みました。余裕を持ってる時のクレーべ選手らしいシュートでした。

その後68分、跳ね返したクロスを強烈なゴールに変えられてしまいましたが、今日のJEFは落ち着いたプレーと集中力に勝っていました。

75分に川又・旭・見木の3選手が投入されました。

81分相手Gkが蹴りだしたボールをアンドリュー選手が体勢を崩しながら前方にパス、それを受けた田口選手がクレーべ選手にスルーパス!これも余裕をもってゴール!

シンプルな攻撃をやり切っての勝利でした。

今日は、セットプレーの時に、田口、堀米両選手が笑顔でボールの目に立っていました。とても印象的でした。

次は、フクアリです。

笑顔で対面しましょう!

*佐藤健太郎選手、Jリーグ400試合出場 おめでとうございます。

高橋壱晟選手から花束を贈られました。JEFの心づかいが嬉しいですね。ありがとうございます。

(佐藤健太郎選手は、山形、千葉、、、山口。壱晟選手は、千葉、山口、山形、千葉と所属)壱晟選手も頑張りましょう!

2020年11月21日 (土)

エンドチェンジは大嫌い!

エンドチェンジは大嫌いなんですけど・・・

前半戦は互角の戦いをしていたんですって!でも、惜しいシュートの多い試合って、本当に得点できないんですよね。

惜しいシュートを何本打っても、得点にはなりませんもの。

相手のカウンターは見事でした。

JEFがやりたかったカウンターでやられてしまったという事でしょうか。

手倉森さんの不敵な笑みが脳裏から離れません。

フクアリには、今でも魔物が住んでいるという事ですか?ずっとフクアリ皆勤で通い続けているんですけど、勝利の女神が見当たりません。

本当は勝てない試合なんて誰も見たくありませんから、勝たない限り観客は増えません。

私は、ジュビロ磐田戦もフクアリに行きますけど、そんな私に「お気を付けください。」とフクアリに来れない仲間でもあるJEFサポさんから言われました。

「応援に行けなくで本当にすみません。」という方も。様々ですけど、色んな意味で寂しい。

フクアリの魔物を追いやって勝利の女神が降臨しますように(^^♪

今日の写真をupしておきます。

じりじりと 暑い日差しのスタジアムと試合前のベンチ外の選手たち

Img_2485 Photo_20201121233701

試合終了後挨拶に回る選手たちに、一応拍手

Photo_20201121234101 Photo_20201121234102

次は勝ちましょう!

がんばれ!

 

2020年11月15日 (日)

勝った!それだけで幸せ気分。(新潟戦)

今シーズン「は」、というべきなのか「も」というべきなのか、早くもJEFのJ1昇格は断たれてしまったようです。

なかなか勝利することができずに、何度も今シーズンは降格がないことで気が緩んでいるのかと思うことがありました。

チーム作りに手を焼いていたと思います。尹晶煥さんの思いが形になりませんでした。

それでも、何とかここでは2連勝しました。

新潟戦の前半は、良い守備はしていたと思いますが0-0で折り返す。後半に入ってからは、ボール運びにスピードが出たように見えましたし、全員が一気に集中力を高めたようでした。

ゲームを通してボールの支配率は新潟の方が高かったようですが、支配率と勝利は決して正比例しないことをJEFサポさんは全員分かっていると思います。新潟の監督さんが、JEFは少ないチャンスを決めたとおっしゃってましたが、それだけではなかったと思います。

新潟のGKは、何度も素晴らしいセーブをしました。

今まで決めきれないJEFの攻撃にも、今回も又かと思えるような部分もありましたし、壱晟選手は同じようなファウルをしてしまう場面もありましたが、ミスを感じさせない全員の集中力が感じられたゲームでした。

後半56分のアラン選手のゴールは、選手全員の気持ちが感じられました。冷静さと粘りと諦めないメンタルで得た先制点でした。

FKを得ると、堀米選手がファーサイドにパスを送るもクリアされ、ゴール前で両チームが混戦となったところ、一耀選手が後ろを向いてボールを優しくアラン選手に送ると足を真っすぐに振りぬいてゴーーーール!

易しいゴールではなかったそうです。ボールをそっと差し出した一耀選手の冷静さが伝わってきました。ナイスゴール!ナイスアシスト!

64分に堀米選手から米倉選手に交代しました。

クレーべ選手が、疲れ切っているように見えましたが、そこの交代はありませんでした。

米倉選手のプレーに期待しました。前節より長くプレーする姿を思い描いていました。

81分、前戦でのボール奪取から、素早く米倉選手が縦パスを送ると抜け出したクレーべ選手が、飛び出してきていたGKを交わして冷静にゴールを決めました!追加点です!疲れていた素振りはお芝居?と思いました。

82分、見木・アンドリュー・川又の3選手がピッチに送り込まれました。この3人も期待できる選手たちでした。力強いプレーをみせていました。

そして86分、ようやくクレーべ選手はチャンミンギュ選手と交代!

尹晶煥さん得意の5バックで締めにかかりました。

シーズン中のフクアリなら、大脱走で盛り上がる場面です!

勝ちましたー! めったにない2連勝です!

Img_2479

新潟まで応援に行ってくださった皆様、ありがとうございました!

気分良く、一週間がはじまりますね!

*追記

今回も、DAZN解説者の方の説明も分かりやすく、解説はこうあるべきと勝手に思いました。

新潟の鄭大世選手と田中達也選手は怖い選手ですけど、今回は無事に勝利できほっとしました。鄭大世選手はフェアーですね。好きな選手です。

 

 

 

 

 

 

 

2020年11月12日 (木)

松本戦、JEFみんなの笑顔笑顔笑顔・・・笑顔

勝利って良いものですね!

気が付けば、鳥海選手がキャップテンマークを巻いてましたね!良い雰囲気だという事が伝わってきました。

解説者の方が、鳥栖時代に尹晶煥さんとチームメイトで、監督時代もご存じの方のようでした。JEFにも松本にも良い解説をされていたことが印象的でした。

それから、あのおっとりとした話し方から想像できませんが、尹晶煥さんは指導者としては“怖い”という言葉以外にはないようです。(笑)

私は今日のメンバーを、懐かしいという気持ちで観ていました。

クレーべ選手、浩平選手、堀米選手、壱晟選手、ベンチにはアンドリュー選手、そして待ちに待った米倉選手がいて、川又選手が居て、とても落ちついた気持ちで観戦できました。

今日一番の思いですが、川又選手が復帰直後の試合でしかも途中出場で、あのスキンヘッドでゴールを決めてくれことでした。思い描いたゲームがDAZNの中で繰り広げられる。なんて素晴らしい時間だったでしょう!

前半、JEFのペースで快適にゴールに向かっていると思っていたのですが、CKからだったと思います。痛烈なミドルを入れられてしまいました。解説者はゴラッソという言葉を使っていました。相手の運が良かったという事でしょうか???

其のあと、JEFの選手たちは声を掛け合っている。良いことだと。

DAZNを観ている私には分からないことでしたので、気持ちを切り替えて応援するには嬉しい情報でした。

前半22分の失点から、高いモチベーションのまま試合を進め26分には堀米選手のクロス(FK)にゲリア選手が頭で合わせて同点としました。そして33分、またしてもFKのチャンスがきました。田口選手と堀米選手がボールの前に立ちました。キッカーは堀米!ゴール左上に美しい弾道のボールが突き刺さりました。

素晴らしい!堀米選手は、昨シーズンの私の一推しの選手でした。ご本人にもお伝えしました。(笑)

2-1で後半に入ると、押し込まれる中でゲリア選手がハンドを取られPKから2-2の同点とされてしまいました。

堀米選手に代わって、米倉選手が投入された直後でした。堀米選手は、交代には不満そうに見えましたが、1アシスト1ゴールは本当に素晴らしい!!!

米倉選手もようやくピッチに戻ってきました。これからどんどん出場機会を得て欲しいです。

怪我の多い川又選手も、ようやく実戦に復帰しました。そして、90分過ぎのアディショナルタイムに勝ち越しのゴールを決めてくれました。

ストライカーとしての存在感は、圧倒的です。(寿人選手もそうですが。)

Gkの新井章太選手の勇気あるプレーにも感動しました。

インスタグラムの言葉が全員に響いたのでしょうし、凄味さえ感じられるプレーを見せられて、全員が集中力を発揮し強靭な精神力で、冷静に戦えたのだと思います。1-5の敗戦が瞼から離れられない時の勝利です。

今日は、選手たちのメンタリティの凄さを感じられた試合でした。ありがとう。

応援に行かれた皆様ありがとうございました。吐く息が白く見えました。本当にありがとうございました。

今日も私は、50番のユニTで応援しました。それから、私の持ってるタオルの選手たちは全員ピッチに立ちました。おめでとう!

新潟戦も勝ってフクアリに戻ってきてくれると思います。選手のメンタルがそのまま最後まで崩れませんように!

10_20201111232601 Img_7889

 

 

 

 

 

2020年11月 8日 (日)

山形戦は、どんな練習をしているとあのような試合結果になるの?ユナパの練習を見せてください!

芝生の養生は大変です。だいぶ荒れていたようですね! いつもありがとうございます。

(無料でサポターに配られたユニティ柄のユニ着用です。)

Photo_20201108191001

今日は、藤嶋選手が山形のゴールキーパーで出場しました。本当に必要とされて移籍したんですね。頑張ってほしいです。

JEFサポさんに人気のある選手でした。(広報担当的な選手でした。)

お天気も良く沢山の山形サポさんもおいでくださって、観客は3,365人となりました。

JEFの選手たちは山形さんに大サービスと考えたのでしょうか?まさか違いますよね!

1対5ですよ!

得点されるがままに、集中力も落ちていきました。悲しいかな手に取るようにです。誰がみんなを奮い立たせるのか、、、いませんでした。チームは、バラバラなのかと思いました。

その最中、数か月ぶりにPOMからLINEが届きました。

"モンテ対ジェフ”"サッカーとは思えないボロ負けしてるじゃないですかー”

こんな時だけ見てたんかい。と突っ込みたくなりましたけど、LINEをくれただけで嬉しくなってしまいました。

小さいころにフクアリに連れてきてた子が「JEFには興味ない。」と言ってたのに・・・

でも、またフクアリに来るとはもう言いませんね。

ボロ負け、大敗、惨敗、完敗・・・

私が趣味で語学の勉強をしていた時に、試合時間と重なって殆どフクアリに行けないシーズンがありました。JEFは今シーズンのようにどんどんどんどん負け続けて、とうとう最下位でJ2に降格しました。

しっかり応援しなければと、翌シーズンからはフクアリ皆勤賞です。でも、、、、

今シーズンは最下位でもJ3への降格はありませんが、チームのこの為体は悲しいし寂しいです。

日頃どんな練習を積んでいるのでしょう。今シーズンは完全非公開が殆どですから、素の選手も何も人間味有る日常も伝わってきません。

今日のJEFは、崩壊していたと思いますがチーム内はどんなでしょうか?

尹さんは試合のプレビューでは、いつも自信なさげです。

ですから尚のこと、試合にベテランをうまく入れ交ぜて試合運びを見せてあげて欲しいです。

寿人選手が入って間もなく渾身のプレーを魅せてくれました。寿人選手は必ず期待に応えてくれます。何とか1点は取れました。あの凄さを試合で直に感じられた選手たちは、幸せだったのではないでしょうか。米倉選手も増嶋選手も影響は大だと思います。ベテランならではのプラス面をしっかり出してくれると思いますが、駄目ですか?

ベテランの力を氷漬けにしてしまってるのは、勿体なさすぎます。成長しているチームは、手の模範になって良い結果を生んでいると思います。

今日は独り観戦でしたが、試合後Jさんから、21日はご一緒しまします。落胆を分け合いましょう。期待しなければ傷つかないし。と嬉しいラインがきましたが、勝ち試合を観たい!情けない試合はもう観たくない!

隣にいた男性が「面白くない帰ろ!」と小学生の男の子と途中で帰って行きました。

私は今日も、最後まで見届けて帰ることにしました。

選手たちは、JEFにいるだけで常に満ち足りてしまっているのだろうか。

我武者羅にボールを追ったりしないし、こんなに負けていても悲壮感がないですね。こちらには伝わってこないだけなのかな?

しっかりしろ!ガムシャラにがんばれ!必死にボールを追え!

戦う姿を見せてくれ!

 

今日の写真

グータッチで選手を送り出すスタッフさん。観客席から見ているベンチ外の選手たち。

Photo_20201108205401 Photo_20201108205501 

ゴール裏に整列。しっかり顔を上げて観客席を見ていた選手たちに、少しばかり希望が持てました。

Photo_20201109114701

(写真はクリックで拡大、少しわかりやすくなります。)

 

 

 

 

2020年11月 5日 (木)

取れそうで取れない追加点!そして数少ない観戦者。

フクアリに往く道々「うちに来てくれる業者さん(JEFサポ)に、ずっとフクアリに行ってる。と言ったら『勇気ありますね!』って驚かれたの。」とJEF友二人に話をすると

「負けてばかりいるチームを応援してる勇気?」

・・・・

「コロナ!」

「来ない人はそれなのよね。」という話になりました。

フクアリに行ってる人は、個人的にも万全の注意を払い日々過ごしているという自負があるので、コロナを必要以上に恐れている人もいるという認識を持っています。

因みに我が家は、日に数回空気の入れ替えをしています。玄関には消毒液を置き、手洗いうがいはもはや習慣になっています。外出先では消毒液を置いてある場所では必ず手を消毒しますし、サッカー観戦の後は着ていた衣類はすべて洗濯をしています。当然マスクは手放せませんし、マスクもその都度手洗いをしています。

ただフクアリに行かない人の中には、医療従事者のサポさんが沢山いらっしゃいます。危機感をもって医療に従事してくださっています。友人、知人で我慢してDAZN観戦に切り替えてる方が何人もいらっしゃいます。感謝するのみです。

皆さん、いつもありがとうございます。

今節も、フクアリは1500人弱の観客でした。

始まって5分くらいのものだったと思います。いきなり失点という、想像だにしなかった展開に唖然としました。

簡単にいうと、CKのこぼれ球が相手にわたり、悠々と独走のまま北側ゴールに向かってひた走り、JEFの選手たちが後を追ってくる光景に「うそでしょ!」とつぶやいてしまいました。私の後方から「バカバカバカ!」という声が・・・

そして、失点。ショック・・・

JEFの良いとこ見つけよう!弱いチームを応援しているという自覚をもって応援しようと考えました。

切り替えられました。期待しないで最後まで応援すること。ずいぶんと低次元の応援ですが、心を穏やかに保つには弱いから応援するんだと思う事でした。

後半、下平選手が投入されました。存在感があって大好きな選手です。やっと出番が回ってきました。

やはり良い選手ですねぇ!(満足w)ついでに言うと、米倉選手の出番も見たいのですが。

JEFも、後半始まってすぐでした。下平選手の投入大成功です!安田選手と下平選手が両サイドに位置すると安定感がすごい!

ワクワクです。(私だけでしょうか?)

安田選手からのロングパスが、ビームのようにゴールに向かっていました。

山下選手が完全に勝ち切って、ヘッディングで押し込んでGOAL!巻選手を思い起こすような気迫のゴールでした。

J2通算100試合出場の記念の試合だったそうです。

それを思うと勝利が欲しかったですね。

引き分けでしたけど、後半は特に良いゲームでした。

このまま日曜日の試合まで継続してほしいですね。

良い試合でしたよ。

もっともっと がんばりましょう!

殆どがピンボケですけど、写真を上げておきます。

磐田戦用のユニを送られてきたハガキと交換しました。かわいい!

Photo_20201105103701

試合終了後一周してます。

Photo_20201105104001 Photo_20201105104101

JEF愛に溢れた二人。終始笑顔。「がんばれよ!」の声に手を振って、相違相愛!ピンボケ過ぎるW

Jef_20201105104301

スタッフもつかず、一人で走ってきてくれた選手。次こそ勝利でお祝いを!ね!

Photo_20201105104601

 

 

 

 

2020年11月 3日 (火)

三陽MEDIA FLOUR MUSEUM(千葉市花の美術館)

花の美術館で親しまれている三陽メディアフラワーミュージアムは、手軽に楽しめる癒しのスポットです。

三陽メディアさんは、JEFのオフィシャルスポンサーさんでもありますしとってもありがたい存在です。

新型コロナが脅威になってなかなか散歩にも出ない日が続きましたが、夫を誘って久しぶりに散歩に出かけてみました。電車で〇分のフクアリには行ってるのに(笑)徒歩で○○分の花の美術館には・・・

先ず前庭

アメジストセージ、次はイネ科の植物だと思いますが?

Photo_20201103112901Photo_20201103113201

サルビア(3色)

1_20201103113301 Photo_20201103113401 Photo_20201103113402

美術館の入り口前(ブーゲンビリア、琉球朝顔、エンゼルトランペット)

Photo_20201103113601 Photo_20201103113602 Photo_20201103113701

中に入ると、大きな寄せ植え鉢。

鉢の下に置かれていたものは木の根かと思ったのですが、夫が窓口のお姉さんに聞くと、瓢箪だと教えてくださいました。このくねり方が蛇を彷彿とさせてあまり見る気にならなかったのですが、、、ひょうたん!

Photo_20201103113901

美術館に入る前に、サーマルカメラというものがありました。

便利ですね!

前に立つと姿が映し出され、左上に目まぐるしく進む数字で日時が刻まれ、帽子を取ると体温が表示されました。凄い!

Photo_20201103114801

館内はハロウィンのかぼちゃが飾られていましたが、かなり微妙?で作り物と本物のかぼちゃがあるような?

また、いつも乍ら好奇心旺盛な夫が、かかりの方にお聞きしたようです。本物は、館内の温度が高く腐ってしまうとのことでした。基礎医学に長く携わってきた夫の習性で“事実を知りたい”気持ちが勝るようです。

Photo_20201103140501

館内は、例年に比べ華やかさがありませんでした。さっと温室も観たのですが・・・

裏庭のバラも花数が少なく、近くの野外ステージで演奏しているのか練習しているのか太鼓の音が際立って聞こえていました。

1_20201103143401 2_20201103143501

珍しいイチゴノキがありました。

Photo_20201103143601Photo_20201103143801

最後は公園内の鳥たち

Photo_20201103143901 Photo_20201103143902

Img_7823-2 Photo_20201103144101

花の美術館を中心にいなげ海浜公園でした。

2020年11月 1日 (日)

山下&壱晟両選手のゴールで勝利の再現かと思いきや、、、、兎に角、がんばれ!!!!!

山下選手のゴールはカッコ良かったですね!

前半6分、為田選手から船山選手がパスを受けそして矢田選手へ渡ったボール、矢田選手からのパスは岡山の選手が触れましたが山下選手が反転してゴール!

速かったですね!ゴールポストに弾かれたボールはそのままネットを揺らしました。

この一連の動きによってもたらされたゴールは、私が見たいと思っている最高の攻撃であって選手たちの躍動感が直に伝わってくるものでした。

ただ、喜びは束の間でした。相手を倒してPKを与え1-1の同点に、瞬く間にスタート地点に逆戻りでした。(あの鳥海選手のファウルですが、PK判定には少々納得できませんでした。)

それでも、ゴールを思い起こしてくれた選手たちです。良かった!得点できるんだこの選手たち!そんな思いでした。

後半、堀米選手、壱晟選手が投入されました。秀仁選手が引っ込むことは残念でしたが、二人がピッチに入ったことで勢いが生まれてきました。

山下選手がライン際でボールを奪うと抜け出して行った船山選手にパスを出す、船山選手が切り返して出したボールは駆け上がっていた一晟選手の足元に!美しい連係プレーで2点目!

凄いぞ!このままいくか!

それに、今日の船山選手は非常に良いぞ!いつもとは一味違って見えるぞ!

うきうきしました。

ところがその直後に岡山は3人の選手を投入しました。嫌な予感しかありませんでした。JEFも疲れている選手を入れ替えて欲しいと思いましたが、私の思い通りにはゆきません。

負傷明けとは思えないイヨンジェ選手に即刻ゴールを決められ、アディショナルタイムには逆転ゴールを決められ、勝利はいとも簡単に消え去りました。

JEFも川又選手に田口選手、早く復帰してほしいです。

それよりも、米倉選手はどうしてベンチにも入ってないのでしょうか?

ピッチに立ったら、なにかしてくれると思うんですけど。寿人選手も出してほしい。

若手を育てるのも良いけど、ベテランを起用して先ず一勝できないものだろうか?

そんな鬱々とした気持ちが続いています。

次の愛媛戦も、山形戦もフクアリに行きます。

昨日、我が家に来てくれた業者さんは、お若いJEFサポさんなのですが、今年はフクアリに行ってないそうです。私が「ずっと行ってます。」と言うと「勇気ありますね!」と言われてしまいました。

千葉市の新型コロナ感染症に関する情報(特設ページ)を毎日チェックしていています。新聞TVの情報もです。それを見ながら日々過ごしていますが、フクアリでコロナに感染することの方が難しいと思えます。

フクアリのキャパで、多いときで2800人の観客、最直近の試合では1500人弱の観客でした。マスクをし入り口で入場券を見せ、体温を測られ手を消毒し、手荷物は自分の手で開けて見せて、チケット(半券)は自分で切って箱に入れて入場。

指定席に着席した後は、余計な言葉は発せず最小限の行動で済ませる。と言っても密になる要素は私には皆無です。応援は拍手のみ。タオマフは振り回さずに掲げるのみ、静かな応援をして、試合終了後も密にはならずにフクアリを後にします。

ここ2試合は、太鼓隊が加わり活気が出てきました。蒲さんとみちよさんがサポさんの選手へのメッセージを読んで代弁してくださっていますので、選手への応援は少し伝えられているかなと思います。

フクアリにお出でにならない皆さん、蒲さん・みちよさんにツイッターやメールで選手へのメッセージを送ってください。応援の声を選手の皆さん一人一人に伝えてください。蒲さんとみちよさんが心を込めて叫んでくださっています。

弱すぎる選手たちを応援しましょう!頑張らせてあげましょう!

がんばれ!JEF!

 

 

 

 

 

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »