2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« pointを貯めて頂いた秀仁選手考案のコーヒーカップ! | トップページ | 真っ赤な月が顔を見せました。 »

2021年9月19日 (日)

オウンゴールを誘い最小得点差で勝利!(愛媛戦)

台 風の接近で、出かける寸前まで空模様を気にしながら フクアリへ!

天気予報も出す人によって違うようでしたし、幕張新都心との間を流れる川の向こう側とは空の様子が違い、フクアリとの間にある川とこちら側でも見える空が違います。それは、常々感じていることではあるけれど、今日は感を信じて出かけることにしました。

そして今日もユナパで、選手バスのお見送りをしてからフクアリへ向かいました。

フクアリの南側あたりで見つけた千葉好男さん(YouTube配信)を横目にしながら、北側の入場口に向かいました。

そこで配られてた市原市の広報誌を手にした友人が「旭選手に似てない?」と聞いてきましたが(林 香奈絵選手)似てると思ってしまいました。

WEリーグが始まりました!

JEFLadiesの初戦は、9月20日午後3時からフクアリでちふれASエルフェン埼玉との試合が予定されています。

Img_3188

こちらは、試合開始前の風景です。毎試合こうしてスタジアムを廻っています。

Faceu_1631952485693

試合前の両チームのピッチ内練習です。↓

Photo_20210919110101
愛媛のGKの皆さんは、丁寧に挨拶をして練習を始めました。JEFアカデミー出身者が二人でしたので、身内同士のような気持ちでした。

がんばりましょう!でもJEFが勝ちます!そんな思いでした。

今節のストレッチャーパーソンは、アカデミーのコーチ陣が務めてくださいました。

試合が始まると、JEFはなんとも生ぬるい動きのようで(違う、違う)と思いながらの観戦になりました。

心と体のバランスが悪いのか、やる気がないように見えてしまうし、どうしたの?来シーズンはJEFにはいないの?と問いたくなるような覇気のなさが、気になって仕方がありませんでした。

どう見ても、J1に昇格するという思いで出発したチームには思えません。これがJ2の中頃にいるチームのモチベーションなのか!

先ずは、"がっかり"を押し付けられた試合運びでした。

ソロモン選手は、常に3人に囲まれて数的優位に立たれていました。

もう少し技術がついたら、もう少し近くに仲間がいたら、もう少し、、、、そんな状況でした。

兎に角、一日も早くソロモン選手が成長してくれることを願っています。

今日は、試合前のピッチ内練習では、少しもシュートが決まりませんでしたから期待薄で観ていました。

練習で決まらないのに、本番では尚のこと決まるわけがないですもの。誰もが、ピッチ内練習でバンバンネットを揺らせるように力をつけて欲しいです。

とっても残念な前半でした。

後半に入って、少しヤル気を出してきたのか前半よりは堪えられるようになりました。

そして、先制はオウンゴールでしたけど、スピード感のある鋭さのある連係プレーでした。アンドリュー選手と田口選手の強力なボランチコンビそして見木選手との連携攻撃が一瞬にして愛媛ゴールを刺したようでした。

だれ?

すぐ目の前でのゴールでしたが、オウンゴールという蒲さんのコールにハッとしました。

岡本選手が真っ赤になって怒っているようにも見えました。オウンゴールをしてしまった選手に手を貸して起こしている姿も見られました。

やっと、勝ち点3!やっと、という思いでした。

試合終了後、岡野君によって行く愛媛の選手がいました。アカデミーの時代の同級生?

Photo_20210919151601

でんぐり後、再度足を攣るソロモン君がいました。

Photo_20210919152001

ゴール裏に、数が増えたペンライトでしたがナイトゲームは今節が最後ですね。

拍手に乗せたオブラディで選手を送ると、もとJEFの3選手がフクアリを一周して挨拶に来てくれました。

Photo_20210919152601

懐かしい笑顔は、身内に見せる笑顔!

試合がちょっと止まった時、岡野君がアップしている近くに岡本選手が飲水ボトルをとりにいこうとしていた時、先に行ってサッとボトルをとって両手でどうぞというように差し出していました。アカデミーの先輩後輩の微笑ましい光景でした。

愛媛の皆さん、がんばってJ2残留を果たしてください。

JEFも頑張ってもらいたいです。

コロナ下でフクアリに来れないSさんが「私が生きている間にJ1昇格はダメ見たい。」と弱音を吐きました。

そうなんです。歳は待っててくれません。選手の皆さん、勝ち点を重ねて希望を持たせてください。

そしてフクアリ観戦後は、必ず光永さんのOVERで送ってもらえるように笑顔で帰れるように!

« pointを貯めて頂いた秀仁選手考案のコーヒーカップ! | トップページ | 真っ赤な月が顔を見せました。 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« pointを貯めて頂いた秀仁選手考案のコーヒーカップ! | トップページ | 真っ赤な月が顔を見せました。 »