2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 稲毛海浜公園、連休営業に向けて準備中 | トップページ | カテゴリーの違うチームと闘っているようでした。 »

2022年4月28日 (木)

レノファ山口戦2‐0で勝利!

複数得点で勝利!

勝利した日は、すっきりした気分で黄色いユニTを着たままで帰ります。

“久しぶり久しぶり”と足取り軽やかに駅の改札を過ぎ、小路を抜けていつの間にか、オートロックもエレベーターも。

、、、「早かったね!」と言う言葉に「でも、勝ったのよ!」と応えていました。

コロナ下で勝利の余韻は帰途で消化して、スタジアムには長居しませんのでその分早めの帰宅になります。

“勝利した日は、降車駅には黄色のJEF サポさんが多い”と友人が笑顔で話していました。私たちのような気分で帰りの電車に乗り駅に降り立つJEFサポさんが多いようです。

試合は、相手チームがセカンドボールを持つ場面が多かったように記憶していますし、単純になパスミスも目につきました。

攻撃の形が作れるのだろうかと少々不安でした。

“前節の高木選手よ再び!そして、少しリラックスできてるだろう見木選手がいてくれ!”そんな気持ちで拍手に力が入っていました。

先ず、先制点を!そんな気持ちでした。

徐々に自分たちのペースを取り戻していましたが、ただ、やっぱり決定力に問題かという場面が散見されていました。DAZN観戦中の先輩からは、珍しく試合途中でラインが来ました。17位と言う順位に少々苛立ちがあるのかもしれません。

勝って欲しい、今日は!そんな気持ちが響いてきました。

そして、待望の得点シーンが生まれました。

40分新井一耀選手から高木選手へ。オフサイドポジションにいたアンドリュー選手が手をあげて戻ってくる中、高木選手が出したボールを福満選手がマイナスの方向へ、それを見木選手がゴールへ蹴りこむが、GKの胸で弾き返される。見木選手がそのボールを再度ゴールへ流し込んで先制ゴール!

「ゴーーーール!」蒲さんの伸びやかな声がフクアリに響き渡りました。

そして5分後

サウダーニャ選手から見木選手へのボールは、相手DFとぶつかりそうな位置でしたが、見木選手の最高の判断で鋭いパスを高木選手に出すと、それを前に出しながら体を回転させてドリブルでゴール前へ、相手DFと並走気味に持ち運んだボールをニアに蹴りこんで素晴らしい2点目でした!

最高の喜びが、フクアリいっぱいに満たされていました。

後半は、守り中心の攻撃だったのでしょうか。

素晴らしい時間でした。

最終盤は、太鼓と拍手の大脱走が始まりました。声を出したい気分に駆られながらの応援でした。

勝利後のでんぐり、ラインダンス、ゴール裏と選手たちの記念撮影!

選手達は、子供たちが向けるカメラにポーズを取ってあげていました。

素晴らしいフィナーレ!

今日は、若い女性が大旗を振る姿が印象に残るほどカッコ良かったし、大学生たちがPCなどを駆使して作り上げた選手たちのフラッグも多く貼られていてそこにも感動しました。

次も勝ちましょう!

 

 

 

« 稲毛海浜公園、連休営業に向けて準備中 | トップページ | カテゴリーの違うチームと闘っているようでした。 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 稲毛海浜公園、連休営業に向けて準備中 | トップページ | カテゴリーの違うチームと闘っているようでした。 »