2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« スピード感のある素晴らしい試合そしてやっぱり高橋壱晟! | トップページ | 又も押してる試合に勝てず、前節同様に勝たなければいけない試合だったはずが。。。 »

2022年5月16日 (月)

危険なプレーが続出、その上ゴールが遠く敗戦。

とっても荒っぽさが目立ったゲームでした。

JEFは、連敗はするけど連勝はできない、今シーズンもフラストレーションのたまる試合が多くなっています。

「(蘇我駅までの)帰り道は、いつもこんな感じ。」友人がやり切れない気持ちを吐き出していました。暗い顔で黙々と帰途に就くサポーターの中に居て、私もそう思っていました。

アンドリュー選手と壱晟選手の負傷交代をDAZNの画面で確認しましたけど、アンドリュー選手の脳震盪は味方の膝が強烈に当たっていたんですね。頭がグラッと動いた感じの恐怖が脳裏から離れず、昨夜は殆ど眠れませんでした。

同じ時に倒れていた秋田の選手は、着地した足を負傷しての交代のようでした。

壱晟選手の負傷は、ゴール裏から見ていて「危ないっ!」と思わず声を出してしまいました。あれはレッドカードが相当ではないかと思いました。頭に当たっていると思いましたし、DAZN画面で確認するとスパイクの裏が見えていました。あんなプレーは絶対にしてはいけないですけど、ラフプレーが度を越していた事を、本人に分かって欲しいです。申し訳なさそうな心配そうな表情は見えましたけど、秋田の選手たちは楽しいサッカーは見せてくれないのかと思ってしまいました。それは、壱晟選手が倒れたままでいた時に、秋田〇番をつけた選手が笑顔でGKに話しかけながらJEFゴール裏に向かって歩いて来たからです。私たちは心配して様子を見ていたのですけど、秋田の選手からすれば単に試合中の一場面なのかなと思いました。近くで「〇番笑うなっ!謝れ!」と言う声が発せられました。

どこのチームか忘れましたけど、同じような状況になった時GKが私たちのゴール裏に頭を下げてくれました。その時は拍手が起こったと思います。

〇番の選手に声は聞こえていたと思いますけど、なにも感じないように笑顔を見せたまま戻って行きました。チームとしての顔が見えたような気がします。陰ながら応援しているチームなので、残念です。

お互いのリスペクトが必要です。

壱晟選手も担架で運ばれてゆきました。

アンドリュ選手は、救急搬送されただろうとかすかに聞こえた音で分かっていました。

JEFは、二人目の負傷交代でした。

チャン・ミンギュ選手も怪我をしているように見えましたし、ベンチ外の田口選手は単に休養でしょうか。ヨネ君は大丈夫でしょうか。

川又選手の登場はまだでしょうか。

水曜日の練習公開は、行こうかどうしようか考え中です。

Photo_20220516111301

がんばれ!

 

 

 

« スピード感のある素晴らしい試合そしてやっぱり高橋壱晟! | トップページ | 又も押してる試合に勝てず、前節同様に勝たなければいけない試合だったはずが。。。 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スピード感のある素晴らしい試合そしてやっぱり高橋壱晟! | トップページ | 又も押してる試合に勝てず、前節同様に勝たなければいけない試合だったはずが。。。 »