2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 大分に2‐3の逆転負け。時間切れ寸前のあの交代劇の意味は? | トップページ | 絶対勝つ!そんな気持ちの勝利でした。 »

2022年7月 4日 (月)

月下美人が9個も一気に咲きました。その後の花は食べられますよ!

月下美人が一気に咲いたのは初めてでした。

夜遅く咲きますので、毎年撮影には一苦労です。

6月3日15時すぎの蕾と21時40分ごろ開きだしている花です。(風にフルフル揺れていてピントが・・・)

3_202207041552011940

22時15分の花

22_20220704155601

大きく開いた花。九つ並べて撮ることはできませんでした。

22_20220704155701

朝を迎えると、花はすっかり萎れています。

Photo_20220704160001

これを、湯掻いたりレンチンしたりして、ドレッシングやポン酢などで食べることができます。オクラやモロヘイヤのようなネバネバ感もあります。シャキシャキしてサラダ感覚でいただけます。全く癖がありません。

花の形は似ていますが、5月下旬に咲いた孔雀サボテンは昼間も咲いています。真っ赤な花が対照的です。30個以上咲きました。

527

孔雀サボテンは、食べられるという事は聞いていません。

月下美人も孔雀サボテンも我が家のベランダは、住み心地が良いみたいです。

 

« 大分に2‐3の逆転負け。時間切れ寸前のあの交代劇の意味は? | トップページ | 絶対勝つ!そんな気持ちの勝利でした。 »

」カテゴリの記事

季節の花」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大分に2‐3の逆転負け。時間切れ寸前のあの交代劇の意味は? | トップページ | 絶対勝つ!そんな気持ちの勝利でした。 »