2023年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2022年10月 | トップページ | 2023年1月 »

2022年11月の投稿

2022年11月21日 (月)

レジェンドたちのオシム監督追悼試合

改めて、オシム監督のご冥福をお祈りいたします。

楽しませてくれたレジェンドたち!

全てに、ありがとう!

長い待機列は、ここ(グラーツゲート)から入場します!

Img_0617

人が多くて正面から撮れなかった“オシムゲート”北側ホームゴール裏に入るゲートです。いつも必ずくぐる場所です。提案してくださった方そして実行してくださった神谷千葉市長ありがとうございます。

Photo_20221121104001 20_20221121104101 20_20221121104102

競技場です!(フクダ電子アリーナ)

Photo_20221121104901 Photo_20221121105001

試合前にレジェンドたちが子供たちと、、、、誰がどこにいるのか探すのに一苦労。

先発メンバー発表

Photo_20221121112301

大好きな選手達が集合、ピエロ役をかってくれる選手もいて、JEFレジェンドにゴールを決めさせようとしてくれるJapanレジェンド等々も、、、

Photo_20221121105201Thank-you

和気藹々ですが、JEFレジェンドには負傷者が多かったようです。

怪我をしないように、体を鍛えておいてください。皆さんありがとうございました。

ちばTVは録画しておいたのですが、DAZNそのままでした。(こちらもありがとうございました。)

オシムJapanの選手の皆さんは、現役を引退したばかりの選手も多く素晴らしい試合でした。憲剛選手も坪井選手もみんなみんな、流石にオシムさんに選ばれた選手達でした。全員知ってる選手だという安心感があったりして、こんなに楽しい試合はここ数年初めてでした。

山口智さんはJEFレジェンドには入ってないんですね。既にG大阪で名を馳せていたのでしょうか。湘南の監督として頑張る姿を応援させていただきます。大好きな選手でした。

そして、俊輔選手のプレーには常に期待が集まっていました。フリーキックの時は固唾をのんでみている感じが伝わってきていました。

私自身は、フクアリが完成して以来のJEFサポですから今ほどJEFに熱を入れて観ていた訳ではありませんので、馴染みが深いのはOSIMJ APANの選手達ですね。(JEFサポの皆さんすみません。)

只々、とっても、楽しい時間でした。感謝の気持ちでいっぱいになりました。

闘莉王選手!勇人選手と二人の演技?笑わせていただきました。お疲れさまでした。ありがとうございました。あなたがMIPでした。

OSIM JAPANの選手の皆さんが、場内を回って下さりながらできるだけ客席の私たちに視線を向けて下さろうとする姿に感動しました。流石に元代表だと思いました。サポーターの気持ちが分かっています。

ありがとうございました。皆様のこれからのご活躍を楽しみにさせていただきます。

オシムさん、皆さんを見守ってください。

永遠(とわ)なる絆を!

(フクアリに隣接する工場です。ユナパからも。)

20_2022112111430120_20221121114501

そして我が家からも(距離はあります)

20_20221121114701

 

 

2022年11月12日 (土)

練習最終日 ユナパに行ってきました。

Img_046120 Img_046220

練習見学最終日

選手・スタッフ混合、チーム対抗ゲームは楽しかったですねぇ!

1時間くらいでしたけど、久しぶりに笑い声を聞きました。川又選手の「俺だ!俺だ!」と言いながらボールに向かっていく姿が一番でしたね。チームを仕切っていましたし、高い位置でボールを弾き返す豪快さ、ここ2年も、どうしてピッチに立てなかったんだろうと思うとちょっと悔しいです。実力のある選手なのに本当に残念です。

ビブスの色でグループ分けをしてのゲームでしたけど、見木選手と米倉選手は(足元が)「上手いなあ」と思わず声に出してしまいました。ボール2個を小さな障害物を回ってくねくねと往復するゲームでした。(たまたま見てた選手が二人だったという事ですが、ソロ君とブワちゃんはもう少し頑張りましょう!)

ピンクのビブスは最下位かな?また、ピンク!と思いながら応援していました。何度目かの敗北の後、最終走者のゴール直後にみんな倒れ込みました。(ガンバレソロ君!)

Img_0575

それよりも何よりも、川又選手の明るさは最高です!

次のシーズンで実力を出して欲しいのだけれど、、、、

そして、秀仁選手は素晴らしい選手だと思っていましたので、残念です。秀仁選手の実力を発揮できるチームはあるはずだと思っています。鳥栖で活躍している堀米選手のようにです!

それから、「秀仁選手!coffee買ってますよ!後継者は?」

今日は最終日ではありましたけど、ファンサはないと思っていましたので何も持たずに行きました。でもユニを持って来た方は何人もいらしてたのですね!

最後の最後に「そっちに行くから。」と見学席に向かって川又選手が声を出した時、どういう意味だろうと思いました。

最前列で川又選手のユニを持っていた方があって、金網越しにサインをしてくださっていました。金網を挟んで写真撮影もしてくださっていました。

何人かの方が「小島選手!」と声をかけると、川又選手が「秀仁!」と呼んでくださいました。多くの方が小島秀仁選手の傍に行き金網越しですが、サインや写真を撮っていました。

こういうことが普通にできなかったコロナ禍でした。川又選手ありがとう!

友人が二人、見木選手の大ファンで、ランニングを始めた見木選手を金網越しに呼び止めて気持ちを伝えていました。大学生の時からのファンという事で観戦した試合のことを事細かく話していましたし、見木選手の方からいつも掲げているゲーフラのことを話され「話ができてうれしい。」と感激していました。

その光景を見ていて嬉しくなりましたが、気づけば、、、余りに熱い友人達だったので、私にもお聞きしたいことがあったのですが、そのことさえ忘れていました。

そして今日18時、見木友哉選手の契約更新が発表されました。

まるで、友人たちへのご褒美のようでした。

早速二人に、“見木君の契約更新おめでとう!”とLINEを送りました。

“ありがとう(笑顔の顔文字)見木君が一番とは嬉しいよ😂”と返信が来ました。

熱い気持ちが報われたようで“嬉しい第一報”でした。

キャップテンの挨拶もあり、今日が最終日だと言われ、ものすごい淋しさに襲われていたところでしたが“嬉しい一報”が届いたおかげで気分が晴れやかになりました。

来シーズンは、見木選手の年となりますように!そしてJEFのシーズンとなりますように!

次は、誰かな~~契約更新をまってま~す!

 

2022年11月11日 (金)

ピラティスでマスク脱着を許可されたとたんに、全員が一斉にマスクを外しました!

ピラティスのスタジオに入る時に「健康チェックシートは11月から出さなくてよくなりました。」と言われ、始まる前には「マスクを外しても構いません。私は声を出すのでつけたままします。」

インストラクターの一声にスタジオの全員が一斉にマスクを外しました。

やっと解放されましたーーー!

ピラティスは、殆ど個人で声を出すことはありませんでしたが嬉しい瞬間でした。

でも、まだコロナ感染者は増え続けています。スタジオに集まってくる者からは感染者は出ませんでしたが、油断は禁物です。

2020年2月にスタジオが一時閉鎖され、6か月後の7月に再開されましたが “健康チェックシートの提出”、“マスク着用”は2022年10月まで継続されました。

11月の一週目が休みでしたので、私たちのピラティスは2週目から採用されました。

スタジオの換気は十分に行いながらの長いトンネルでした。

でも、その外は、今までの慣例に従い県や市やイベントなどの指導に従い、そして柔軟に自分で判断してマスクの着脱、手洗い、換気等は今まで通りです。私は戸外では人がいない場所ではマスクはつけません。いつでも着用できる態勢にはしています。

コロナワクチンは4回済みました。インフルエンザワクチンも接種しました。5回目のコロナワクチンの封書も市から届いていますが、具体的なことはまだ分かりません。

コロナの第8波も懸念される中で緩められてゆく規制です。個人個人の自覚に任されるという事なのでしょうか。

”うつらないうつさない”

一人一人の責任につながりますが、狭い世界に住んでいる私にはまだこれ以上外の世界に踏み出す勇気はありません。

でも、一歩前進でしょうか。チェックシートのわずらわしさは無くなりましたが、検温の習慣は続きます。

Img_20221111_105957

この日、美しかった東京湾の夕焼けと富士山です。格別の思いがありました。

20_20221111111001 30

 

2022年11月 9日 (水)

皆既月食

皆既月食と惑星食の同時天体ショーだそうですが、、、、風の街の皆既月食です。

18時20分

1820 

18時38分

1838

19時09分

1909

19時17分

1917

19時55分

1955-2

20時28分

2028-2

20時54分

2054

21時49分

2149

21時59分

2159  

上を見続けて首が疲れました。

« 2022年10月 | トップページ | 2023年1月 »