2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »

2023年9月の投稿

2023年9月24日 (日)

監督の呼びかけに応えたかフクアリが埋め尽くされ、勝利の歓喜に包まれました。

キックオフ前、ただいま!とのLINEが届きました。

オシムさんと同い年と言ってらしたSさんが、今シーズン初めて息子さんとフクアリにお出でになりました。

みなさん、いろんな思いでフクアリにいらしたと思います。

13,686名の観客の前で勝利したこと、そして"hummel MATCH"と言う絶対に勝ちたい試合で勝利したことは、今までに経験したことがなかったと思います。

団体サポさんが懸命に、ゴール裏だけに留まらずバックスタもメインも盛り上げてくれました。

J1時代を思い起こさせてくれるようなフクアリに包まれました。

いつも近くで観戦してる方が、シーチケを忘れたと当日券を買ったそうです。ソールドアウトしたそうです。

「当日券ソールドアウトに貢献したのは私です。」と苦笑いしてました。スマホから個人のQRコードを提示して入場できることを知らなかったそうです。

*ただ、私はいつも紙のシーチケで入場してます。友人に呆れられています。(笑)

仙台戦は、DFの要・鈴木大輔選手が出場停止になって一耀選手もベンチにも居ませんでした。

その代わりにピッチに立ったメンデス選手については、全く分からないというのが本音でした。でも、今までにないプレーをする選手だと思いました。前でぴったり体を寄せられていながらも、ぴょいと交わしてボール奪取する姿に一種の感動を覚えました。最後にエネルギー切れして交代したように見えましたが、フル出場と同じでした。期待大です。

コンビを組んだ佐々木翔悟選手は楽しそうにも見えました。負けん気の強さが所々で見え隠れしている場面も相変わらずでした。

友人がユナパで話しをしていることを聞かせてくれるのですが、昨シーズンDFでもゴールを決めていた一耀選手のように常にゴールを狙っていると話していたそうですから、初ゴールは偶然目の前に来たボールを撃ったと言ってましたが偶然ではないと思います。

常にポジションを気にしていてのチャンスだったと思います。スポーツ経験者には納得できることですよね。

そして、呉屋選手のゴールも周りのサポさん達と全員で歓喜しました。やっとでしたね!呉屋選手も若手の選手たちと全体練習後も居残り練習を始めたと聞いていましたので、結果を楽しみにしていました。私が見学に行ってた時は居残りしませんでしたので、調子が悪いのになぜ一緒に居残りしないのか不思議でした。

そして3点目!

またまた、米倉選手でした!

どの試合も全く手を抜きませんと言うよりも、ギリギリのところまで自分を追い込んでプレーしているように感じます。凄い選手です。

それから、田中選手ですね!

みんな田中選手のゴールを待っています。ゴールを決めてくれたら泣きそうになると思います。

毎試合本当に頑張っているのをみんな見て応援していますから、GOALが決まって欲しいです!

鈴木椋大選手は、試合終了後にピッチから立ち上がれないほど全力を出し切っていたようです。

こんな試合を毎回見せられそしてJ1へたどり着けたら、最高のシーズンになりますね!

そして、最近見てなかった久保庭選手がJ初出場しました。嬉しいです。私の記憶が正しければ、ユース時代にボールパーソンをしてくれた後、電車でそっと席を譲ってくれたのが久保庭選手じゃなかったかと思います。こんな選手がトップに来てくれたら嬉しいと思いました。それから4年です。お会いしたら記憶が正しいかどうか聞いてみたいと思います。もう忘れているかもしれませんが。

素晴らしいフクアリでした!

最後は、呉屋・佐々木両選手で声をそろえて"俺たちJEF!"

 

Win-by-allPhoto_20230924164901Photo_20230924164902

13686

 

2023年9月16日 (土)

感動!感動!感動!選手たちの気迫が凄かった! サポーターの声援もJEF一色だった!

JEFは、北関東チームを弱点としていましたが、今日のJEFは凄かった!

椋大選手がPKを止めたこと!ビックセーブ連発でJEFを勝利に導いたこと。

凄すぎます。

一人少なくなってからの選手たちの気迫がDAZN画面から伝わってきました。そして、JEFサポさん達の声援一色のグリーンスタジアムとなっていました。

あの場所にいらした皆さんありがとうございました。

感動の連続でした!

監督の少ないチャンスを決め切ろう!と言う言葉を実行できる選手たちの素晴らしさ!JEFの10番が決めてくれましたね。

見木選手は2位の自動昇格を目指していると言い切りました。

そうです。もうプレーオフは嫌だと言ってから途轍もない時間が過ぎ去っています。

自動昇格を選手が目指すのなら、私たちも自動昇格を目指していきます!

弱いJEFに見切りをつけて去っていったサポーターの皆さん!フクアリに戻って来て下さい!

勝利に向かう選手達をもう一度一緒に応援しましょう!

WIN BY ALL!

 

 

 

2023年9月10日 (日)

秋田戦に初勝利、壱晟選手がHeroとなっての勝利が殊の外嬉しい。

なかなか勝てなかった秋田にようやく勝利しました。

しかも壱晟選手が、あの大けがを負った因縁とも言えるようなフクアリでの戦いです。私は秋田戦では毎回同じことを書いていますが、個人的には秋田と言うチームには思い入れがあります。ですから双方にとって素晴らしいと思えるような試合をして欲しいのです。

試合開始から3分後でした。

小森選手から田中選手へ渡ったボールが壱晟選手に渡り、壱晟選手の優しいクロスにdudu選手が自信たっぷりにシュートを決めてくれました。

JEFに加わって間もない選手ですが、フィット感が凄すぎると思います。今までの外国籍選手達とは全く違いますね!ファブさんのお力もあるのでしょうか。期待しては裏切られてきましたので、勝利の神が降臨したような気分です。

しかしその後は、なかなか決定機を作れないまま40分、見事なゴールを決められ一気に振出しに戻されました。

このまま、また逆転されて負けるのかとさえ思いました。

只、監督の"自分たちはチャレンジャー!”という言葉の重みが選手たちに伝わっているようなゲームとなりました。

後半57分

壱晟選手のアーリークロスから相手のオウンゴールで2-1と逆転しました。

壱晟選手の長いクロスがゴール前に送られると、合わせようと飛んだ選手を越え、小森選手に行く手前で秋田の選手が見事にゴールネットを揺らしてくれました。(これも、JEFの得点!)思わず「オー!」と叫んでいました。

オウンゴールで喜んでしまったのは初めての経験でした。

終盤は苦しい展開が続いていました。疲れの出ている選手たちを観ながらどうして交代枠を使わないのだろう。これで負ける試合を過去には随分と観てきていると思いました。

又、コーナーでボールを相手にぶっつけては外に出す。そんな時間の使い方も何度も見てきていましたし、そこからボールを取られてゴールを決められる試合も何度も見てきています。

それでも、今節は何とか勝ちました。

あのような時間の使い方は、個人的には嫌いです。

でも、この勝利はゴール裏を楽しませてくれました。

壱晟選手の俺たちジェフにも、嬉しさがこみ上げてきました。

ここ数週間は、とっても時間的に大変なのですが、JEFの勝利が気持ちを押してくれています。JEFの勝利に感謝しています。

秋田戦は、懐かしいJEFサポさんにお会いでき、声量のある応援の声を隣で聞いて、勝利を体験でき、以前のフクアリに戻ったように感じました。

又、満員のフクアリが戻ってきますように!

Photo_20230910224501

 

2023年9月 4日 (月)

熊本戦も米倉選手が救世主!

熊本戦は、1000円くじが復活し長~い列ができていました。一人なら即諦めていたのですが、友人が沢山あるから引いてみたいというので乗ってみました。オリジナルメタルカードで良いと思っていました。他のもので欲しいものはありませんでした。これは最下位(3等)の物ですし、推しの選手を当てれば嬉しいカードでした。

やはり最下位3等でした。41の飛絢選手が当たりました!私にとっては大当たりです!友人はブワちゃんでした。移籍してしまいましたのでちょっとショックですね。

Komori

1000円くじに並ぶ人の列を、他の出店さん達が恨めしそうに眺めていました。

これは仕方がありません。皆さんお気に入りの選手のサイン入りユニフォームが欲しかったのだと思います。

観覧席での応援は、雨に邪魔されることはないのですが、蒸し暑さにやられました。相変わらず集客数は伸びません。一度来なくなるとDAZN観戦で良くなってしまうのでしょうか。観ているとも限りませんが。

今節も前半戦は、惜しいプレーが続出しましたが、惜しいで終わってしまう試合も多々ありますので、決めきれない攻撃にやきもきもしました。優勢に進めてていながら一発でやられることも多く見てきています。負ける気はしないと思いつつも、何故決めきれない!と言う思いの方が勝っていました。

風間選手が随分存在感を現し始めました。プレーに自信をつけてきました。頼もしくなりました。

後半に入ってくる選手たちも、存分に存在感を出してきています。特に米倉選手は途中出場でゴールを決めて勝利に導くことが何度もありました。いつもいつも何かやってくれると思わせてくれる選手です。これ以上はできないと思えるようなプレーを見せ続けていることです。

今節も目の前でプレーを観ていると、蹴るごとにメッセージがあると思っていました。

米倉選手が出した先に居ればゴールが入りそうだと何度も思いました。

空いているんですよね!蹴った先にスペースがあってそこに居れば、、そこに行けるようになればと何度も思いました。

呉屋選手に、そっちじゃない、と言いたかったこともありました。ポジション取りを考えて!と(笑)。ずぶの素人が考えることではないと思いながら。(笑)

でも、決定点はGKが弾いたボールを呉屋選手が奪い返して折り返すと、米倉選手が懸命に流しこんで決めました。

目の前で確認できました。魂のこもったゴールでした。こんな素晴らしいゴールを目の前で観ることができるなんて!だからフクアリでの応援はやめられないんです!

高木選手もベテランらしいプレーで魅せてくれます。小林裕介選手も入った途端に分かる程見事に雰囲気を変えてくれます。

飛絢選手も、守備から魅せてくれています。見木選手も。

やっと、勝てたのかもしれませんし、イエ、やはり勝てたと思えるのかもしれません。

夏場に弱かったチームが夏場に負けなくなりました。

勝ちましょう!

*佐藤優也選手は、JEFサポさんに大人気です。

選手紹介の時の拍手、そして試合終了後の挨拶の時は、帰りかけたところをバック席から呼ばれて握手をしに行ってました。これが好かれる選手の行動なのでしょうね。

GKのポジションを取り返してください!

応援してます。

 

 

 

« 2023年8月 | トップページ | 2023年10月 »