2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2024年J2リーグ開催(フクアリ)① | トップページ | 第2節 藤枝に快勝! »

2024年2月26日 (月)

2024年J2リーグ開催(フクアリ)②

寒すぎたフクアリでの試合が始まりました。

前半11分、テンポの良いプレーから生まれたコーナーキックからでした。田口選手の精度の良いCKにキャプテンがヘディングで合わせて早々に先制点をあげました。

早すぎる得点にちょっとびっくりしました。

JEF3唱の高揚感と共に走り抜ける期待と不安が入り混じっていました。単純に喜べないのは、それがJEFだからです。

対柏戦の時とは明らかに違っていました。超攻撃的で魅力的なJEFではありませんでした。

1-0のまま後半戦に入ると、必ず山形は何かを仕掛けてくるだろうという恐怖がありました。

同点にされ、2点3点と逆転の展開に発展され「何をしてるの?」と思わず怒りの気持ちが沸いてきました。「やる気がないの?」そう思えるようなプレーが続きました。

柏戦でできたことを逆に山形にされていました。

途中で椿選手、米倉選手、エドゥアルド選手が投入され勢いの良さは感じましたがシュートがGKの正面だったり弱かったり、たて続けの攻撃もなかなか得点には及びませんでした。

もう少し早く交代枠を利用して気迫のこもった反撃をして欲しかったと思います。

ゴール近くでボールを持ってチャンスを狙って打ちたいのか、こね回した挙句に奪取されるという場面を多く見た試合でした。こんな試合は観ていても楽しくもないし、ヤキモキさせられるだけでした。

特に山形の3点目は、ショック以上の何ものでもありませんでした。

90分+2分の山形ゴールは、どうして生まれてしまったのか、分析スタッフに教えて貰わなくても選手には分かっていると思います。

一体感はどこに行ったのか、チャレンジャー精神は捨て去ったのか、J2優勝は初戦からは見えないと思いました。

あの緩みはどこから沸いたのでしょう。あの寒い中で幼い子が大きな声を張り上げてチャントを歌い続けている姿を選手の皆さんにも見て欲しいと思いました。

Sさんは、足を引きずりながらも3月に控えた目の手術に「目を手術したらサッカーも見られるようになるかしら?」と、もちろん「見えるようになるはずです。」と伝えた後 “今年はシーズシートを買いました。” とLINEしてくれそして山形戦に来ていました。今年83歳になります。

手術前ですから、かなり見えにくかったはずです。息子さんが御一緒だったようです。勝って喜ばせてあげて欲しいと思います。

只、米倉選手エドゥアルド選手、バッキー選手、横山選手にはこれから先も期待して観ていきたいと思いました。

そんな選手たちをもっと早い時間に投入して、気迫のこもったプレーを見せて欲しいと願っています。

山形戦で封じ込まれた小森選手の使い方を選手たち自身も考えて欲しいと思いました。チームプレーですから、全員が頭を使って得点を増やして欲しいと思います。

最後に気持ちを見せてくれた横山選手のゴールに友人が言いました。「横山選手のゴールだけは良かった。」と。

ゴールした瞬間にボールを素早く取りに来て持って走って行った日高選手がいました。

ロングホイッスルが吹かれると倒れ込んでいた横山選手。歩き出すと俯いていて顔をあげませんでした。

この悔しい気持ちを全員で共有して戦って欲しいと思いました。

次の試合で横山選手にJEF3唱をさせてあげられるように応援も頑張りましょう!

 

 

 

 

« 2024年J2リーグ開催(フクアリ)① | トップページ | 第2節 藤枝に快勝! »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 2024年J2リーグ開催(フクアリ)① | トップページ | 第2節 藤枝に快勝! »