2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 大量得点から堅実なプレーで勝利を手にしたJEF千葉 | トップページ | ブーイング »

2024年4月14日 (日)

攻め続けても引き分け、帰路の気分は靄の中に入ったままの状態

蘇我駅にはいつもJEFサポを後押ししてくださる駅員さんのウェルカムボード(大分サポさんへは挑戦状?煽り?)(笑)

Img_20240413_103501

フクアリには、ジェフィー君のウェルカムゲート

Photo_20240414203901

ワクワク感満載ですね!

大分戦は、友人の抽選番号で二人で入場しました。

入場後にガチャガチャでフォトマフラーチェーンを、その後で団体サポの方が受注注文で作って下さった小さめのタオマフ(小森選手)を受け取り、選手バスのお出迎えに!

Img_20240414_202831

♪ 俺らの想い いま届けろ

 愛する想い 歌にのせて

 勝利を目指して 一つになれ

 熱い想いを 見せつけろ

 アレアレアレー アレ千葉アレー (×4回) ♪

この歌良いですね!とはいえ、分からない儘歌っていましたので、どなたかがSNSにあげてくださっていた歌詞を書いて持って出かけました。

選手バスお出迎えでも歌いましたが、一体感が前面に出てくるように感じます。

新しいチャントが増え心を揺さぶられるものが多く、特に選手にマッチしたチャントに出会うと嬉しくなります!

その上、大きな歌声を近くに感じられると勇気が出ます。勝つぞ!と言う気持ちにもなります。

そして、キックオフ。

そしてまたでした。早い時間帯の小森飛絢選手の先制弾には希望が湧きましたが。。。

あんなに攻撃し続けて、決定機をものにできないジレンマが。

「どうして~!」と思わず声に出た大分戦でした。

後半は、片野坂監督がどう出てくるか不安でした。

何しろ、決定機を決めきれずに1-0のまま後半に突入したのですから。

それから、一人だけ名前を知ってる選手が長沢選手で、恐れていましたいつ出て来るかと。

投入直後に得点されたのは、本当に嫌でした。たぶん得点に絡んでいたわけではなかったと思いますが。

両チームには、STATSを比べても大きな差がありました。

勝てなかったのはどうしてなのか、単純に知りたい気分です。

後半の交代、監督の期待があって出てきたのでしょうけど、dudu選手には「何かあったの?」と聞きたいようなプレーの連続だったと思います。シュートの精度が信じられないほど悪く、真剣さが足りないのではないかと思ってしまいました。

同じようなシュートを打っては全く入る様子が見えない状態でした。せめて枠内に入れて欲しいと思いました。外した後のリアクションも「何故入らないんだ?」と言うようなしぐさをして自分の所為ではないとでもいいたいようでした。ゴール前で待っていた選手たちが悔しそうにしてダッシュで戻っていく姿を見て、米倉選手のように真剣にプレーして結果を残してくれる選手に出て欲しいと思いました。あんなにシュートを決められないのならば、ゴール前まで駆け込んで待機していた選手にパスすることを選んで欲しいものです。

それでも、ここ何試合かは素晴らしいプレーで信頼を勝ち取ってる選手もいると思いました。それはキャップテンです。

安心して観ていられますし、今は大きな武器になってくれていると思います。

品田選手も良いですね!田口選手に負けないくらい素晴らしいと思います。

只、選手の中にはサイドチェンジが届かなく、丁度良い距離で相手に渡してしまう事がありますので、そこは何とかして欲しいと思います。距離感が分からないのか力が無くて届かないのか、私には分かりませんが。

このチームは、相変わらず一試合一試合、やってみなければ分からないと感じられて、一向に安定感をもってプレーができていない点に大きな不安を感じています。

J2優勝!覚えていますよ。優勝への道見えていますか!私は不安の中にいますけど、頑張りましょう!

« 大量得点から堅実なプレーで勝利を手にしたJEF千葉 | トップページ | ブーイング »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大量得点から堅実なプレーで勝利を手にしたJEF千葉 | トップページ | ブーイング »