2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2024年5月 | トップページ

2024年6月の投稿

2024年6月17日 (月)

シーズン後半戦スタートは勝利から、エースの自覚が再び、、、

フクアリに向かうユニ姿のサポさん達が集中する蘇我駅

親会社さんの煽りが毎回楽しみです。(ピンボケですみません)

Img_20240616_153507

抽選番号では、400番代から後の番号に並ぶサポさんの多さに最近は驚いています。私もその一人でしたけど。

試合前イベントに、JEFレジェンドの城さんが参上!

知り合いのNちゃんは、日本代表時のユニを手にゴール裏最前線で勇人さんチームとのゴール合戦を観戦して席に戻ってきました。4人くらい何かプレゼントされた方がいると見ていたのですが、Nちゃんは靴の片方を手にしていました。

「まだ、子供だったでしょう?」と問いかけると、「小学生だったと思います。」とニコニコしていました。

コールリーダーさんがチャントを歌わせたかったようですが、私もそうですが皆さんご存じではなかったようです。

目指す観客数には届きませんでしたが、試合は楽しかったです!

負ける気はしませんでした。

高木選手が復調の兆しを見せてくれ、安心して応援していました。エドウ選手もピッチに立ってくれると観客席が埋まってくれそうな気がします。

試合を決めてくれたのは、エースの飛絢選手!

佐々木選手の強烈なロングシュートがゴールポスト?から跳ね返ってきたところを、待ってましたとばかりにゴールに蹴り込んで待望の先制点が入りましたが、素晴らしい連係でした。

飛絢選手得意のポジション取りで成し遂げたゴール!

何度でも観たい佐々木選手のロングシュート!そして待ち構えて蹴り込んだHIIRO選手のGOAL!

最高でした!

ゴール裏に来てくれた選手たちは、マイクを譲り合って結局ユース出身の新明選手がヤザ君そっくりの俺たちジェフの三唱を披露!

流石です。新明選手!

栃木戦では誰がHeroになってくれるでしょうか。楽しみです!

2_20240617170801  

4_20240617171001

2024年6月13日 (木)

全力で戦った大学生に2‐1で勝利!

序盤の何分かは、中京大に合わせるような勢いのあるペースになっていました。若い勢いに吞まれないで、いつものペースで戦って欲しいと思いながら多少不安がありました。でも流石でした。高木選手と風間選手のベテラン二人が落ち着いて自分の力を発揮してくれました。

二人のゴールで勝利しました!

Goal_20240613181701Goal

リーグ戦では出場機会の少ない選手に、がんばれ!と言う気持ちと、なんとなく心もとない気持ちの入り混じった感覚で応援していました。

松田陸選手は、いつ振りのピッチだったでしょうか。矢口選手、新明選手、林選手、呉屋選手、力を見せつけろと伝えたいなあ。そんな気持ちでした。

ベンチには、田口選手、大輔選手、小森選手が控えていざと言う時には力を発揮してくれるのか!

横山選手はなんと先発だ!愁人選手も!

呉屋選手は、何度かシュートチャンスがあったと思いますが、滑り込むことが多かったり上手くヒットし無かったりいつもと同じでした。プレー中にピッチでよく転ぶのですが、体の割に足が小さいせいでしょうか?呉屋選手の足は友人に小さくない。と言われましたが、179㎝で26㎝は小さいと思いますが、もう少し体幹を強くすればと思うのは余計な事なのかな?転びながらのプレーは呉屋選手の特長?腑に落ちません。www

矢口選手も新明選手も松田選手も林選手も、爪痕が残せなかったのは寂し過ぎます。

高木選手は、ようやく本来のモチベーションが戻ってきたのでしょうか。

何とか勝ちました。

Winners

若い大学生たちは応援も統率されていて気持ちが良いですね。それに、選手たちが応えるようにピッチで躍動していました。

Jリーガーになる予定の選手がいるようです。期待して待っています。

強い気持ちで走り切ったと思いますが、ロングホイッスルが吹かれると、何人もピッチに倒れ込んでいました。

北側ゴール裏に、選手を最前線に、スタッフの皆さんも規則正しく並んでご挨拶をしてくださいました。フクアリの全方向にもです。

JEFの選手達への拍手よりも大きな拍手が送られました。フクアリは殆どがJEFファンだったと思います。

Photo_20240613183201 Photo_20240613183202

15_20240613183101Jef_20240613183301

徳島戦も、頑張りましょう!

 

2024年6月 9日 (日)

素晴らしいゴールそして価値ある勝利!

豪雨の中から聞こえる現地組の皆さんのチャントが、頼もしくて感謝の気持ちでいっぱいになりました。

上を行く山口に、どのように挑んでゆくのか不安の中にいましたが恐れを抱く気持ちはありませんでした。なかなか落ち着いてボールをキープするまでにはいきませんでしたが、負けない!と言う気持ちが沸いてきたことも事実です。

選手の冷静さも伝わってきました。

サポーターも皆それぞれの場所から応援していると思うと、何故か頑張れる気がしてきました。

何時しか椅子から立ち上がって、懸命に声援していました。

雨に濡れた選手の顔が映し出されると、座っていられなくなっていたのです。

徐々に、JEFの時間が作れるようになっていました。前半アディショナルタイムにはFKを得ました。例によって田口選手と日高選手がボールを前に並んだときには「日高選手が蹴ってー!」と叫んでいました。素晴らしいゴールを決めた時のことが思い出されるのです。こんな時は毎回のように日高選手に蹴って欲しいと思いながら観戦していましたので、私の気持ちはいつもと変わりませんでした。日高選手に期待していました。

そして、遂にその時が訪れました。とても難しい場所に難なく蹴り込みました。素晴らしすぎるゴールでした!期待通りのGOALでした!

後半には小森選手が倒れて起き上がらず、不安と心配が交差していました。

そのままピッチに立ち続けましたが、心配と不安は今もあります。

庇い乍らプレーしていたように見えました。

後半72分、dudu選手に代わって岡庭選手が投入されました。

88分、一度相手に渡ったボールを横山選手が奪い返して岡庭選手に!

受けた岡庭選手が思い切ってゴールに蹴り込み2点目をゲット!

やったー!と思いましたが、直ぐに1点を返されてしまいました。転びながらも藤田選手は足で弾き出そうとしたのかもしれませんが、失点しました。良く分からない失点でした。

その後は、チーム一丸となって守り切りました。

漸く3度目の連勝だとか、前半戦の最後を勝利で飾れてほっとしました。

次、必ず3連勝を手にしましょう。

ロングホイッスルと同時に「現地組の皆さんおめでとうございます。」と口にしていました。

雨の山口戦、現地で応援してくださった皆様ありがとうございました。

12日の天皇杯はフクアリで声援を送ります。

 

2024年6月 2日 (日)

久しぶりに味わった勝利の充実感(岡山戦)

今節もJR蘇我駅の駅員さんからのメッセージそして12JEF で買えた“10こもり”です!

Img_20240601_140755Img_1727

蘇我駅のメッセージは毎回楽しみです。

10こもりは、私の周りではあまり盛り上がりがありません。近所の大型スーパーにも小さいスーパーにもどこにも売っていませんし、フクアリでお会いした方たちにはお裾分けしたのですが知らなかったようです。まだまだですね!

今日こそ勝利を!そんな気持ちでフクアリに向かいました。久しく勝利の喜びを味わっていないと感じていました。それはたぶん連勝していないからだと思います。

岡山戦は絶対に勝って欲しいとみんなの気持ちが入っていました。

だから勝てるというのではありませんが。

オシムさんと同い年のSさんですが、フクアリに来るたびに「頑張ってきました。」と言われます。

お一人でいらしているようですので、本当に頑張ろうという気持ちが無ければお出でになれないのかもしれません。

勝って良かったです。

そして、また、田口選手が超技ありの先制弾を放ってくれました。本当に凄い選手なんだと思わせてくれています。

素晴らしいです。最後まで怪我をしませんように!

久しぶりに先発メンバーで登場した高木選手は、途中で動きの鈍さに気が付きました。エネルギー切れだったのかもしれません。ほどなく交代となりました。

今節は、どの選手にも強さを感じていました。

メンデス選手、佐々木選手にもいつにも増して安心感が存在していたように思います。壱晟選手にも日に日に成長が見られるように思います。強さを感じました。

私の一押し日高大選手も期待を裏切りません。田中和樹選手には昨年のようなスピードと粘りがまた感じられるようになりました。

小林祐介選手の技術も冴えわたっていたと思います。奪う躱す捌くとシーズン初めには見られなかったプレーが当たり目のように魅せてくれています。だからこその田口選手の攻撃的なプレーが毎試合のように見られるようになったのかな?と思えるようになりました。

選手の皆さんのプレーは、頑張っている声援に沿うようにきれいに反映してくれてるようでした。

そんな中で、あれっ!と思ったのはJEFの攻撃のビルドアップ時だったと思います。

味方の選手に目をやり、その一線上に主審が重なっていたので他の選手にパスを出したように見えました。主審の真後ろに選手が見えていましたので出しにくいのだろうなと思いました。2回も同じような場面を見て主審も気を使ってプレーの邪魔になる位置取りはしないで欲しいと思ってしまいました。

私の気の所為ですかね。(笑)

終わってみれば楽しい試合でした。

後半に入って同点に追いつかれてひやひやしていたのですが、エースが特技のプレーで勝利に導いてくれました。

流石でした。あの狭さで3~4人くらい躱して素早く振りぬくという超絶技を見せてくれました。感激しましたね!

小森選手がMOMに選出されて、親会社の親心に応えられてほっとするやら嬉しいやら。賞金14万円と言う数字の意味が分かりませんでしたが今日になってやっと理解しました。

創業140年で14と言う数字になったのですね!

4_20240602230701

それにしても、両チームから退場者が出たことに驚きました。

二回もイエローとレッドが重なって見え、私の目の所為で何重にも見えていたのかと少し心配になったのですが、正確に見えていたのですね!びっくりしました。

友人がこの試合は、8‐0で勝った時よりもずっと感動して涙がでそうだったと言いましたけど、一戦一戦が決勝のつもりで勝利に拘って戦って欲しいです。

次の山口も強敵です。強いです。

特にあのキム・ボムヨン選手に負けないようにしましょう!

フクアリのような迫力あるWIN BY ALL!で前半戦を勝って折り返しましょう!

2_20240602231601 3_20240602231701

追:末吉塁選手

やっぱり良い選手ですね!ゴール裏に来てくれました。90度の最敬礼に拍手とそして声をかけている方もいました。岡山の皆さんにも愛されていることでしょう!がんばれ!塁君!

Photo_20240603083001

« 2024年5月 | トップページ