2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2024年6月 | トップページ

2024年7月の投稿

2024年7月11日 (木)

ワクワク感が止まらなかった天皇杯!

始まる前から、ワクワク感が止まりませんでした。

リーグ後半戦の途中にやってきたJ1チームFC東京との闘いでした。

脳裏に残るのは、軌跡の残留と言われたFC東京との闘い、そして翌年最下位でJ2に降格したという苦い経験。

FC東京がJ2に降格した年の“1年間よろしくお願いします”と言う弾幕の決意のまま、二言あらずとJ1に帰って行ったFC東京!

そのチームと戦えるワクワク感です。

スターティングメンバーもSUBも、知ってる選手の多いことに思わず苦笑いしたくなりました。

でも、“東京なめンなよ”は分かりません。

1_20240711095701

FC東京のチャントに追随して、同じメロディのチャントを歌い拍手を送るJEFサポーター!

なんだか始まる前からほっこりしました。

今シーズンは、岡庭選手と品田選手をお借りしてます。ありがとうございます。羽生さんは未だFC東京に係わっていらっしゃるのでしょうか!

試合は始まって8分、競り合いで佐久間選手が負傷交代。漸く来たチャンスがつぶれてしまいました。佐久間選手がんばれ!

代わって投入されたのは、田中選手でした。疲れがたまっているだろう田中和樹選手の頑張りに期待しました。

6_20240711101701

後半に入って即、松木玖生選手に先制弾を決められてました。ちょっとした緩みを見逃しません。

どれくらい闘えるのか、未知数のJEF FWの選手達!

ベンチには田口選手が控えてくれていました。飛絢選手もいます。

強さを見せ始めたと思われるJ1クラスへの挑戦でした。

そして79分

林選手が同点弾を決め、15分ハーフの30分間に突入することになります。

7_20240711102701

90分間は、7番の松木選手の焦っているような動きが気になりました。

電光掲示板は、リーグ戦と違う表示で新鮮ですが、何故違うのでしょうか?

因みに↓は飲水タイムの表示です。

Photo_20240711103401

そして遂にやりました。延長前半の呉屋選手の勝ち越し弾でJEFは勝利しました。

Photo_20240711105501

FC東京のサポーターさん達はゴール裏に挨拶に行った選手たちを、咎めているように見えました。

J1のチームはJ2のチームに勝って当たり前という事でしょうけど、JEFのリーグ戦を観てきているサポとしてはそうとも言い切れないのです。

全力を尽くした選手たちが、ピッチに倒れ込む姿が印象的でした。

裕介選手は、気持ちの強い選手だと改めて感じました。気持ちがしっかりと伝わるプレーの連続でした。

日高選手も帰って来てくれました。選手の復活は嬉しいですね!

多分、負けても楽しかったと思います。そんな素晴らしい試合でした。

リーグ戦でもこんな試合が観たいです!

松田 陸選手は、加入当初以来の期待感を見せてくれました。

林 誠道もようやく現れてくれたと思います。FWとしての力を発揮してください。

ゴールを決めても、JEF三唱をしない選手達の選択をしっかり受け止めての意義のあるゲームでした。

WINNERSの電光板とグタグタの勝利のでんぐり!

Winners_20240711105601 Photo_20240711105701

選手は疲れ切っていますが、でんぐりもオブラディオブラダも、、、、この気持ちにも “感謝!”

Photo_20240711105901 Photo_20240711105902

皆口々に楽しかったと言って帰宅の途に就きました。

サポターさん達への願いは、若くて飛べる方がゴール裏1階席に集結して下さると二階席の住人は元気をいただけるのですが、勝手すぎますかね!もし私がゴール裏1階席に行ったら、飛ばずに屈伸をするだけになってしまいます。屈伸や足踏みでは誤魔化せませんね。(笑)

最後の最後、ゴール裏は熊谷アンドリュー選手のチャントで終わりました。

アンドリュー選手の活躍を期待しています。

2024年7月 9日 (火)

ありがとうアンドリュー選手

アンドリュー選手、毎年JEFに残ってくださってありがとうございました。どうぞ、金沢で再び耀いてください。

JEFに加入してくださってから、友人が、アンドリュー選手の名前を会うたびに口にするので、両手で掲げられるような小さなゲーフラを友人にプレゼントしました。

サインを貰うというので傍で見ていると、「これ、欲しい」と言われました。

下手な絵を欲しいと言われ、驚きながら「欲しいですか!」と聞き返してしまいました。

それから、8枚くらい(鉛筆画を)描いて差し上げたのですが、毎回「ワッ スゲー!」と喜んでくださいました。

私自身は、ファンサにはあまり行くことはなかったのですが、JEFの選手でただ一人私を認識してくださる選手でした。

友人が、ユナパに行くたびにアンドリュー選手の情報をもたらしてくれましたが、ここ最近は怪我の状態が良くないという事を言っていましたので、早く良くなることを祈っていました。

それが、金沢への移籍と言う形でJEFを離れると、公式からの発表がありました。ショックでした。

アンドリュー選手は移籍を決断されたのですね。寂しすぎますがこれからの活躍で存在感を示してください。

アンドリュー選手ありがとうございました。

怪我に気を付けて、金沢で再び耀くことを祈っています。J2への昇格を応援しています。

そして、JEFは是が非でもJ1昇格を成し遂げてくれると応援を続けます。

3_20240709163301

私がもってる小さなゲーフラ↓

2_20240709163401

2024年7月 8日 (月)

清水戦 完敗

こんな負け方を観て、気持ちが追いつきません。

個の力で勝っている清水に、勝てないと思ってはいても、何にもできないのか何もしないのか分かりませんが完敗でした。

まだ復帰できていない選手の体調が気になります。

バッキー選手の負傷はどのくらい治ってきているのでしょうか。

アンドリュー選手の怪我は未だ完治できていないのでしょうか。公式のインスタには二日続けて全く同じ写真が使われていましたけど(呉屋選手も)、いつの写真でしょうか?

エドゥアルド選手は、ちょこっと顔出し程度のプレーを観せてくれましたけどあれだけですか!

私の一推し日高選手は?

力のある選手の離脱は大きいですね。

水曜日の天皇杯にはフクアリに行きます。

J1のクラスに勝てますかね!

嘗て、一年だけJ1での延命をくれたFC東京ですがこんな弱いJEFに負けるわけはないと考えているでしょうね!

水曜夜の天皇杯に、JEFサポさんが大勢集まるとは思えません。

選手が危機感をもって懸命に戦う姿を見せてくれないと、、、戦う気持ちを体現してくれないとJEFサポさんは中々応援に来てくれない方が多いですから。

スタッフさんが集客に努力してくれても、強い姿を観ることができないと駄目なんですね。

早くJ1で戦うJEFを観たいと願いつつも、毎年がっかりすることに慣れてると思われるかもしれませんが、長くJEFを応援している人たちはそんな状況に慣れてはいませんよ!

選手はJEFを離れれば、ハイ!それまで!ときっぱり忘れるのかもしれませんが、サポーターはずっとずっと思い続けています。

「こんな弱いチームをほっとけない。」「だから今年も応援するよ。」そして15年ですか!

応援し続けているJEFサポーターは、気が長いのでしょうか!

いいえ、もう、いい加減にして欲しいと思っています!

WIN BY ALL!で何ができるの?

実感したいなWIN BY ALL!

兎に角、それぞれの立場で頑張りましょう!

勝とう!天皇杯!

2024年7月 1日 (月)

田口選手の勝利への凄味を感じた逆転劇

今回も蘇我駅からは、心強い親心の煽り!

4_20240701163301

フクアリのイベントでは甘いスイカを頂きました。ごちそうさまでした。

あまりお笑いに興味はなかったのですが、吉本興業さんも楽しかったです。スタッフさんに見覚えのあるお顔が、、興味がないと言いながら結構見ていたのかもしれません。

選手をお迎えするスロープにはいつもの警備員さんがいらっしゃいましたが、警備員さんもJEFサポさん?

試合にとっても詳しいし、鹿児島チームのバスには“優しい拍手を!”と促されました。どなたかが、アウェイでもお見掛けするといわれました。単にお仕事ではないことが分かって嬉しいですね!いつもありがとうございます。もしかして、昨年の市役所のパブリックビューイングにもいらしてたでしょうか!

そして、試合はやはりと言うように、先制されてしまいました。体調がまだ何となく戻らない部分があり、このまま3回も負けるのかと気持ちが早くも折れそうでした。

それが、田口選手のファンタジックなNOルックのヒールキックが、沈んだ気持ちを一気に変えてくれました。

相手が転んだ隙をついで飛絢選手がボールを奪いドリブルで運び、超スピードでゴールへ向かう田中和樹選手へ、そして田口選手風間選手と渡り、中央を走ってきた祐介が受けてシュートすると、すかさずゴール前に走り込んでいた田口選手が後ろを向いたままヒールキックで方向を変えてゴール!

ひょいと蹴ったゴールでしたが、凄まじい執念のゴールに見えました。選手全員の気迫が勝りました!

このゴールがフクアリのすべての雰囲気を変えてくれました。

元気を貰えた瞬間でした。幸せな瞬間でした。

同点になったところで、後半は安心して観ることができました。

前半は、佐々木選手のCKが遠く外れたこともありましたが、メンデス選手のGOALで力量を再確認できました。

67分、佐々木選手の鋭く勢いのあるCKにメンデス選手が頭で合わせて見事なゴールを決めました。目の前で観た今シーズン初めての逆転ゴールでした。

初めての?

先制されると勝てないチームでしたね!勝って良かった!

岡庭選手の命を懸けてるのではないかと思えるような走り、其の懸命さに米倉選手と重ね合わせてみてしまいます。

飛絢選手と岡庭選手の1999年生まれの学年の頑張りに期待しています。

勝って安心した帰りの道々、メンデス選手のチャントが頭の中をぐるぐる回っていました。

今回のベンチ外の選手の皆さん、お元気ですよね!

大輔キャプテンは、公式から発表されてますけど。

次の清水戦には、本当のベストメンバーで戦えますように!

エドウ選手がやっとピッチに立ちました。安心しました。清水に向かう友人たちが多くいます。

WIN BY ALL!

勝ちましょう!

V 2_20240701173001

ガンバレ 哲煥! 西堂選手はお元気でしょうか!

 3_20240701173201

 

 

 

« 2024年6月 | トップページ