2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー「スポーツ」の記事

2018年8月20日 (月)

2018年車椅子バスケット世界選手権大会開催中(及川ジャパン)

8月16日からドイツのハンブルクで「2018車いすバスケットボール世界選手権大会」が開幕
https://www.jwbf.gr.jp/ 

イタリアに58-50、ヨーロッパチャンピオンのトルコに67-62と、1戦2戦は逆転勝利、続く3戦目リオパラ5位のブラジルには、61-69で負けてしまいましたが、8月22日(水)決勝トーナメント一回戦が有ります。迫力ある素晴らしい試合をしている日本代表の応援をよろしくお願いします。

Ok

ヘッドコーチ及川晋平さんは、千葉市美浜区高洲1中出身です。(右)

アシスタントコーチ京谷和幸さんは、JEFの前身(古河)のサッカー選手だった方です。(左)

同い年で熱い二人の下でプレーする選手達は、東京パラリンピックに向けてベテラン、中堅、台頭してきた若手とバランスの良いチームになっています。

031

berry hard work!

素早いトラジション

“自分達のやって来た事をコートでできなければ、勝ちには繋がらない。”

“世界が日本に合わせてくるならば、その上を行けば良い。”

選手達に課せられてる事が、、、、、、。

(どこかのサッカーチームにも教えてあげたいなぁ。)

スピードに乗ったカウンターが、見事に決まった時は、また格別ですね。

2年前に観戦した時に比べると、フリースローの成功率が確実に上がっています。迫力ある車椅子バスケットは、非常に魅力的です。

17歳だった鳥海連志(ちょうかいれんし)選手が19歳になり、とても逞しい存在になっていました。素早い動きに加え、積極的なフリースローも目立っていました。

Photo_2

Photo

BS4で放送されます。

及川ジャパンの応援よろしくお願いします。

2018年7月 1日 (日)

鬼門のアウェイを苦労しながら通過(対栃木)

今日も一人、DAZN観戦でした。

今回もDAZNは、断りもなく一度ダウンしました。

理由を考えてみても、私の思考回路では答えは出ません。無理ですね。

今日は、アウェイと言う鬼門に勝てるのか?勝ちを意識しないで観る事にしました。

ところが、前半の早い時間帯に、茶島選手の正確なクロスがラリベイ選手の頭へ!

すると、頭をキュッと振って難なくゴールを決めてしまいました。

「簡単に決めちゃった!」

しかし、その後が続きません。決定力不足と言うのでしょうか。為田選手も指宿選手も茶島選手も、その誰か決めきれていたら楽な試合になったでしょうけど、後半戦は結構苦労していたと思います。

唯、船山選手のファイトにはちょっと驚くものが有りました。足が速いイメージは全くないのですが、茶島選手が足元から浚われたボールを猛ダッシュで後ろから追っていったのが船山選手でした。アンドリュー選手と挟み込むようにして奪い返し危機を脱しました。唯、全般的に大分エキサイトする場面がありました。

古巣と言う事もあったのでしょうか。いつもは、もっとクールですよね。

茶島選手は、今日も足が攣るほど走りました。

船山選手も攣っていたかもしれません。

1-0で久しぶりのクリーンシートを、喜ぶべきなのでしょうね。あまり良い出来だとは思いませんけど、がんばっていたんだと思います。

もう一つ、唯・・・・、と言いたい事は、岡野選手の危なかったシーンがありました。

微妙な手の使い方はダメです!

VARが導入されていたら、PKだったかもしれないようなプレーでした。

手を使わないで!!!!(#`Д´)

でもでも、アウェイで勝ちましたねぇ(^^♪

現地応援のみなさま、お疲れ様でした。ありがとうございました。ずっとずっとJEFの応援が聞こえていました。フクアリの様でした。素晴らしい応援でした。

今日で、シーズンの半分が終わりました。勝利して折り返しました。そして次は、フクアリから始まります。前期は下り坂でした。後期はグングン上って行きましょう!

W杯一次リーグを駆け上がった西野JAPANのような、選手は監督を信頼し監督は選手を信じて戦えるチームの完成を期待しています。

選手達が懸命に頑張る姿を楽しみにしています。応援も頑張ります!

WIN BY ALL!

2018年6月29日 (金)

日本代表W杯決勝T進出!!!

日本代表W杯決勝T進出おめでとう!!!

例えが、そこか!?と言われるかもしれませんが・・・・

日本は、J2の中で戦っているJEFの様だと思って応援しています。弱弱JEFに例えるのは申し訳ないのですが、それは、単にどこの国の代表も自分の応援している日本代表よりも格上だと思って応援していますので、そこがJEFと被ります。違いは、それでも強さを発揮できるのが日本代表だったと言える事ですね。

ポーランドとの戦い方は、決勝進出をかけた大一番に下した西野監督の度胸と覚悟なのか、チームとして臨んだスカウティングによるものなのか。あの長い時間稼ぎは、きっとどこかでバッシングはされるだろうと思いました。

増して、負けていたらバッシングは計り知れないものが有ったでしょうね。

進出しても、あの戦術をバッシングしている人は当然いますしね。

ちょっと叩かれたり、ちょっと上手くいかなかったりするだけで落ち込み、落ち込んだ部分を見せないように普通を装っている私を鼓舞してくれたような気がします。

これから、どんな戦い方をするか楽しみです。

他の国の試合は眠気に勝てないのに、日本代表の試合は眠気に負けないと言うよりも、アドレナリンが放出されてもっと見続けたい思えてきます。

睡眠時間が短縮されている筈なのに、目覚めが良いです。

決勝の相手ベルギーは、嘗て≪赤い悪魔≫と呼ばれていませんでしたっけ?今もですか?

昔からの強豪とどんな試合をしてくれるのか、楽しみ以外にありません。

猛暑で多湿の中、短い日程で戦っている選手・監督・スタッフそして現地に応援に行かれているサポーターのみなさんの笑顔を見られれば最高です!

おっさんJAPANでも、西野JAPANでもなんと呼ばれようとも、私は全力を尽くす≪おっさん侍たち≫を応援しています。

実際に、戦国の世で必死に闘いつづけていた侍を見ている気分です。

* 本日関東甲信で梅雨明けの発表がありました。

真っ青な空、強い日差し、夏です!

2018年6月20日 (水)

W杯初戦勝利とマスコミ、他

最初に、大阪地震で犠牲になられた方々のご冥福をお祈りいたします。

登校途中の小学生までが犠牲になり、希望いっぱいの将来を夢見ていたであろうことを思うと、胸が塞がります。

大阪には姪家族がいて、犠牲になられた方と同じ年頃の子もいます。義妹を通じて姪たちの安否を確認し、兵庫の身内の安否も間接的に確認できました。

混乱を避けるために、直接連絡はせずに近い身内にメールをして確認が取れましたし、知らせたい人には私からもメールやラインで知らせておきました。

姪は、子どもたちが休校になって困っていると、呑気な事を言ってたそうで、ひとまず安心しました。ここ何年も、同じような被害が続きどこで何が起きても不思議ではなくなってしまいました。

梅雨時の事ですので、二次災害が起きない事を願っています。

今日は、掌返しの得意なマスメディアがサッカー日本代表がコロンビアに勝った事で大騒ぎをしています。“海外では日本がコロンビアに勝った事で手のひらを返したように云々”と某TV番組で言っていましたが、私はそれは「ご自分たちでしょ?」と思いました。

サッカーを全く知らない進行係(司会者)が、選手を指して「この人が、、、、それからこの人が、、、」と言う言い方をして説明?していましたが、名前が分からないにしても<この人が、、、では無くこの選手が、、>と言うべきではないのかと思いました。日本代表と言いながら、日本代表として戦っている選手達へのリスペクトが有りません。せっかく元日本代表をゲストとして呼んでいるのですから、そのコーナーは彼らに任せて良いのではないでしょうか。

今更<大迫半端ない>を取り上げて盛り上げているようでしたが、サッカーファンには久しく有名なことです。

是非勝って、次のステージに進んでほしいと思います。

「日本では全然盛り上がっていませんので、プレッシャーが無くて良いのでは・・・」と西野監督を熱くさせた記者?がいましたけど、あれは闘志に火を点けるために言ったのですよね?あまりにも失礼なので、逆にそう感じましたが、誰なのか分かりませんが、あの記者?の記事を読んでみたいです。

Jリーグでは、J2、J3のリーグ戦は続いています。

どの選手もこの選手(誰?)も、ファイトを持って戦って欲しいと思います。

Yuuya

2018年6月10日 (日)

サッカーの敗戦をウィルチェアーバスケット初優勝が心を癒してくれました。

天皇杯でのグダグダ感が、リーグ戦にも持ち込まれた感が全く拭えませんでした。

最悪な試合を続けて見た気持ちを整えるには、何をどうしたら良いのか、ストレスは軽減できるのか考えながらTVの前に座り、先ずスイッチを入れて見ました。

W杯の特集のような番組が放送されていて、解説者の山本さん、寿人選手、前園さん等が自由な形で対話をしていました。

聞いている内に気持ちが落ち着いてきて、番組が終わった後で、偶々ちびまる子ちゃんにチャンネルを合わせると、サッカーの上手なけんたくんが出ていて、ちょっとほっこりできました。

まるこちゃんの友達のけんたくんは、長谷川健太さんですね。初めてまるこちゃんでその場面を見る事が出来て、検証できた気分で嬉しくなりました。(笑)

試合の出来不出来は、実際にプレーしている選手達が一番分かっている事ですし、気持ちを切り替えて応援して行くことしかできないのかなと思いました。

それにしても、セットプレーから2失点とは情けないですよね。

セットプレーで得点できないチームは、セットプレーで失点しない術を知らないと言う事なのかもしれません。

サリーナス選手は、旭選手と話し合ってFKを蹴りました。イエローを出されるんじゃないかと気になるほど時間をかけて得たFKですから、あれは成功させなければいけませんね。少しでも期待できるFKであって欲しかったです。そう思いました。

相変わらずボールを持ってはいても、攻撃まで持って行けないのがJEFですね。

為田選手と清武選手が投入されると、少し得点できそうな感じがしてきましたし、実際に1点を返しましたけど、スイッチをもう少し早く入れないとストレスの多い負け試合を見せられることになります。残念な試合でした。

残念な気持ちの後で、ウィルチェアーバスケットの「三菱電機 WORLD CHALLENGE CUP 2018」の決勝を観ました。

https://www.jwbf.gr.jp/national_team/

オーストラリアに勝って日本初優勝で~す!

及川ジャパンおめでとうございます。

008
あの強いオーストラリアに勝利したんですね。

凄いです。鳥海連志(ちょうかいれんし)選手もずいぶん成長しましたね!

2020年が俄然楽しみになりました。(^^♪

がんばれ!日本!

2018年5月25日 (金)

レッドブル・エアレース千葉2018前日

朝から空を飛び交うレッドブル“今年も来たー!”

午前中は用事が有ってカメラを構える時間も無し、午後逆光のポイントにピントを合わせる事は非常に無理がありました。特に私の技術でしかも小さいデジカメでは当然のことです。

ちょっとだけ、気分だけでも明日の本番が思い浮かべばと思います。

13

333
344


15

19
24


30


46

53

上空を飛んでる姿をカメラで捉える事はできませんでした。

https://news.mynavi.jp/article/rbar2018_chiba-1/

近くの小学校は、明日運動会だそうです。

レッドブルに負けないくらいに、みんながんばれ!

2017年6月 5日 (月)

レッドブル・エアーレース千葉2017 室屋選手優勝おめでとうございます

2017年6月3日・4日と行われたレッドブル・エアーレースで、室屋義秀選手が昨年に続き優勝しました。

おめでとうございます。

子供の頃習志野にお住まいだったようですが、その頃幕張新都心は全て砂地だったと思います。

因みに幕張に関していえば、幕張新都心そのものは千葉市美浜区であり、幕張と言う地名は千葉市花見川区にありますので、幕張新都心とは全く別です。

今年もサーキット場のような音と共に、スモークを噴出させてアクロバティックな競技を展開してくれました。非常にエキサイティングで観ていて飽きません。

私は、マンションの一角から見物していましたが、小さいデジカメに100枚以上も撮りました。その一部をアップします。

パイロンがスタンバイ

007
見物用の舟でしょうかそれとも取材用でしょうか。

舟も沢山出ていました。

015
これから始まりますが、鳥の大きさに感じます。
019

39
2051
3054
15

34
70
025

1047
機体の確認はなかなかできませんが、スモークの軌跡を見ていました。

小さなデジカメでの撮影でしたので、美しい写真は取れませんでしたが、楽しませて頂きました。

競技が終わるころ対岸は、雨柱のようなものが見えていました。088
わが家の近くでも何かイベントがあったのでしょうか。↓

067
皆さん休日を楽しまれたようですね。














2016年9月21日 (水)

リオパラ車椅子バスケは目標達成できませんでしたが・・・

リオパラリンピックが終わり、選手の皆さんは、4年後の東京大会を目指してトレーニングを始めている事でしょう。

車いすバスケは、6位以内が目標だったようですけどロンドンと同じ9位でした。それでも、17歳の鳥海連志選手の様にグンと成長した選手もいて、東京大会が楽しみになりました。シュート率がかなり上がっていたと思いました。リオパラの最中にも成長し続けていたようにも見えましたが・・・・。

リオの経過と結果等は、以下のページにアクセスしてご覧ください。映像も見られるようになっています。

http://www.jwbf.gr.jp/national_team/schedule-result

9位、10位決定戦だけはLIVE放送がありませんでしたが、ダイジェストで見る事が出来ました。

勝った2試合は、バンバンシュートが決まって楽しむ事が出来ましたが、決勝リーグまでは届きませんでした。残念でしたけど、車いすバスケに関わらずパラリンピック代表選手は、練習場にも困る状況にあると聞きます。金メダル獲得が無かった事に対して「想定外だった。」とコメントした方、どうぞ選手の皆さんが東京大会に向けてきちんと練習できる場所を与えてあげてください。

選手のみなさんの力強いプレーの数々に勇気を頂きました。

これからの活躍も楽しみです。

2016年9月 6日 (火)

日本代表車椅子バスケットの応援をよろしくお願いします。(リオパラリンピック)

いよいよ リオパラリンピックが始まります。

8月下旬に千葉市で最終合宿を行った日本代表車椅子バスケットチームの戦いも始まります。

千葉市の熊谷市長もツイッターで発信して下さっていますが、東京オリンピックでは千葉市が会場になるかも知れません。

日本代表及川晋平ヘッドコーチ(監督)は、千葉市美浜区で中学3年まで過ごしています。転居後も市内在住でしたが、骨肉腫を患い闘病生活に入りました。肺にも転移したと言う事でした。後にアメリカに渡り、車椅子バスケットに関する事を学び日本代表選手も経験し、そして今、日本代表ヘッドコーチとして活躍しています。

*車椅子バスケットでは監督をヘッドコーチと言うようです。

日本代表がパラリンピック出場を決めた瞬間、千葉市のポートアリーナで観戦しました。気迫とスピードと迫力いっぱいのアスリートたちの素晴らしい戦いでした。

そのアスリートたちの戦いが、リオで始まろうとしています。

JWBF 一般社団法人 車椅子バスケットボール連盟 のHP↓

http://www.jwbf.gr.jp/

遠いブラジルですが、9月9日~11日に男子予選リーグがNHK総合でLive放送されます。

スケジュールは↓

http://www.jwbf.gr.jp/national_team/

予選第一日  9月9日(金) 午前3:30~ 日本対トルコ

予選第二日  9月10日(土) 午前3:30~ 日本対スペイン

予選第三日  9月11日(日) 午前10:05~ 日本対オランダ

私は、午前3:30~の放送は録画で見ます。さすがに生は無理です。

皆さん、アスリートたちを応援してあげてください。

私自身は、鳥海連志選手に注目しています。 

17歳の高校生です。機敏さとスピードに乗ったドリブル等技術もさることながら、若さ溢れるプレーが素晴らしいです。

最初の見た目が、元JEFGKの高木駿選手に似ていると思いました。

豊島 英(アキラ)選手は、元JEFの深井正樹選手似。

香西宏昭選手は、なんとなくJEFの現キャップテンの佐藤優也選手に似てるかなあ?と思いました。

私が似ていると言うのは、他の方とは違った部分を見ているかもしれません。

JEFの吉田眞紀人選手を見ると、どうしても嵐の相場ちゃんを思い出してしまうからです。

「豊島 英選手は深井選手に似てない?」と、夫に言った時は「ああ」と反応してくれました。

魅力溢れるパラ五輪の選手達を応援して下さい。

ウィルチェアーバスケット以外の選手達も応援しましょう!

 

2015年10月17日 (土)

ウィルチェアーバスケット日本代表:リオ五輪出場決定

ウィルチェアーバスケット日本代表は、今日(10月17日)韓国との3位決定戦に勝利し、リオ五輪の出場枠を勝ち取りました。

皆さん、おめでとうございます(^O^)

オーストラリア戦も観戦したのですが、素人目には、実力差が有り過ぎると感じました。今まで難なく入っていたシュートが決まらず、高さに負け体の強さに負け、オーストラリアの戻るスピードも速く、日本は前日までの試合に比べ不思議なくらい決定力に劣っていました。世界一位との戦いはそんな感じで敗退しました。

また、観客数は前日の非ではなく、そして、バスケをよく知っているような層の方達が多かったように見受けられました。

オーストラリアサポの方達の応援には少々驚きました。目の前に4人の男女が居ましたが、オペラ歌手かと思うほど声が良く通り反響し、人数ではないんだと思い知らされました。

今日3位決定戦は、朝9時半から始まりました。個人的には3日連続で通いましたので、少々疲労が(ー_ー)!!

早くに目覚め、二度寝した所為で5分ほど遅れてしまいました。着くと10対12で負けていましたが、第1Pは負けても第2Pから第4Pまでリードし続け不安を抱かせない勝ち方でリオパラリンピック出場を決めました。

エントリーされていた全選手が出場しての勝利だったようです。

韓国は反則の多いチームで、障害の重い選手に傷害の軽い選手が対応するやり方なのだそうです。

そんな中

個人的には16歳(高校2年生?)の鳥海(ちょうかい)選手に期待していました。大きな韓国選手に潰されないか心配でしたが、細く小さい身体が俊敏に動き回って小気味良さを感じました。

そしてアリーナには、昨日に続いて今日も大勢のお客様が集まりました。及川HCの挨拶にもあったように大勢の方の声援は、きっと選手の皆さんの後押しをしたと私も感じました。

試合終了後、及川HCの出待ちをして一言二言声を掛けて帰って来ました。やっと出て来てくれたと思い話しかけはじめると、オーストラリア関係者とみられる人が割って入り、次から次へとやって来るので私は難なく退散となりました。

実は、前日のオーストラリア戦後に待たせて頂いたのですが、マスコミの対応が終わると次の試合が始まってしまい、今日の3位決定戦の相手を研究するために試合会場から出てきませんでした。

協会の関係者の方が気を遣って下さっていたのですが、奥様を紹介して下さって差し入れを渡して帰宅し、そして、今日ようやく会えたところでしたが、日本代表HCですから、忙しいのは当たり前ですね。

直ぐ12月には代表合宿が有るそうですから、頑張って下さい。

では、昔の儘に ≪しんぺー君、おめでとう!≫

これからがスタートですね!

車椅子バスケットの選手のみなさん、リオで輝いてくださいね。

Cimg4865

Cimg4869
Cimg4874