2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の記事

2021年2月 1日 (月)

真っ赤な月

2021年1月が終わりましたが、新型コロナはまだ退散しません。

辛抱の日々が続いています。

みんなで頑張りましょう! 国民が頑張っているのですから、国会議員の方々も我慢しましょうよ。

昨夜は真っ赤な月が昇ってきました。気象状況で赤くなるのでしょうけど、なんか月らしくありません。まだ、ビルに隠れている間はいったい何だろうと思うのですが、瞬く間に姿を現します。そして、月だったのか!と思うのですが、いつ見ても不思議な光景です。

Photo_20210201162401

梅も咲き始めました。

Photo_20210201163101

エリカも咲いています。かわいい花です。

Photo_20210201163102

みんなが、安心して楽しめる春がきますように!

2021年1月12日 (火)

会えないけど「成人おめでとう!」

20歳の皆様成人おめでとうございます!

maokoちゃん、成人おめでとう!

新型コロナウィルスに、世界中が振り回されています。みんなが辛い年で、華やかな式典もなく寂しいお祝いになりました。

でも、あなたを大人になるまで見守ってきてくれた人たちは、あなたの成長を心から喜んでいます。

大人へのスタートですね。元気に出発してください。

でも、辛いときは「辛い」と誰かに言ってね! きっと相談に乗ってくれます。あなたが打ち明けられる人ならきっと!

成人 おめでとう!

 

2020年10月 2日 (金)

Jリーグユニのネーム&ナンバー導入についての中に、カラー検討のプロセス追加に気付いて・・・

Jリーグオフィシャルネーム&ナンバーの統一については、それほど気になりませんでしたが、JEFサポさんの中から緑色を追加してほしいとする声が聞こえてきて、"緑色”に焦点を合わせて考えた時に、弟が色弱であったことを思い出しました。

弟は小学校入学後の検査で、「遺伝的な色弱」であることが分かりました。

緑色を、私と同じようには識別できないという事でした。

稀なことではないと聞いていましたが、日本人男性には20人に一人白人男性では10人に一人いるという事です。しかし、他人に指摘されたり、検査を受けない限りは自覚できないそうです。

弟は、大学入試の際に再検査をし"この程度なら、医学部の受験資格もあります。"と言われたようです。

車の免許証取得にも影響はありませんでした。

大学入学後は都心まで車通学をしていました。

車の免許証に関しては、「色弱」は、運転免許の欠格事項ではなく「信号機」に関しては、色弱の人でも判断できるように調整されているそうです。

また、弟は緑色以外の視機能には異常がありません。

大人になって緑色の見え方を具体的に説明してくれたことがありました。ゴルフの好きな弟には、私が美しいと思って見ている緑が"緑色”には見えないのかと思いました。

この色彩異常が大きく報じられたのは、ヨーロッパサッカーのチャンピオンシップ決勝戦で、両チームのホーム色である赤と緑のユニフォームを着た試合をTVで観ていた人たちから「チームの見分けがつかないのはどういうことだ!」と多くのクレームがあったことがニュースで取り上げられたことからだったそうです。

それだけ、色覚異常は稀ではなく、自覚し無いまま生活している人が多いという事ですね。

色覚異常にも何種類かあって、弟の場合は「2視覚」の中の「2型2色覚」に分類されるようです。

興味のある方は、下のホームページに色覚異常に関する情報が載っていますので。

https://www.skk-net.com/health/me/c01_13.html#chap1sec1

「ニンテンドーDS」のようなゲーム機でも色覚異常に配慮されているという事です。「パズドラ」もサポート機能があり、スマホやパソコンにもカラーフィルタ機能が搭載されているという事ですから、日常生活で困ることは略ないのかもしれません。

「多様な色覚特性を持つ人に配慮し広く情報が正確に伝わるように配慮したカラーを選定する。」(カラーユニバーサルデザイン思想の適用)

上記のことから、Jリーグが色彩異常に配慮することは素晴らしい事だと思います。

 

 

 

2020年8月31日 (月)

敷き布団カバーの"かぎ裂き”を繕いながら、昔出会った豪快な知人を思い出しました。

某日、布団干しをしていた時に、ベランダのどこかに引っかけたようで"かぎ裂き”を作ってしまいました。ほかでもない夫が。(笑い)

洗濯をする前に繕ったのですが、以前に県主催の和裁教室で出会った知人を思い出しました。

一人は、遠く九十九里から通っていて、毎日の宿題もやり切れていない人が眠そうな目をしながらもみんなのためにお総菜を作ってきてくれていました。しかも毎日です。眠そうな目が「色っぽいわね。」と笑っていた人もいました。

彼女のお総菜は、美味しかったしとても嬉しかったのですが、みんな自分で作ったお弁当を持参していました。一日6時間も座ったままで週4日間で6か月間の修行?でした。お陰で、しっかりと体重が増えました。(笑)帰宅後は即家事に取り掛かり、家族が寝てから宿題に追われていましたので、完全に運動不足でした。

和裁は、ただ真っすぐに縫うだけでしょ?と言われたという人がいました。

そうです。直線裁ちですからあくまでも真っすぐ!1ミリ狂うと先生は見逃さずに、「はい、ここからここまで縫い直してください。」と優し~く鋏を入れてやり直しをさせます。直線縫いはほんとにちょっと曲がっただけでも目立ちます。穏やかでとっても優しい口調ですが、鬼教官でした。ごまかしができないように、縫い終わったと思った糸をバッサリ切ってしまいます。

宿題も同様です。睡眠時間を減らして仕上げていっても「はい、ここからここまで・・・」と鋏が。

その時、私より一駅先から通っていた人がいました。新しくバイクを買って通っていましたが、彼女のことで驚いたのは運針もできない人だったことと、自転車には乗れないけどバイクを買って乗ってきていたという事実です。

「自転車に乗れなくても、バイクには乗れるの?」ときくと「真っすぐは大丈夫なのよ。でも曲がれない。」とあっけらかんとしていったことでした。通ってた道は、略真っすぐな道路でした。今も昔も車がバンバン行きかう道路です。「バイクの免許は?」と聞くと普通免許を持っていると簡単に取れるという事のようでした。

その普通免許も、ご主人の赴任先のアメリカで取得したのだそうです。筆記試験は〇✖の簡単なものだったそうです。英語が苦手だったのでご主人に教えていただいて略暗記だったと笑っていました。昔は、アメリカでは簡単に普通免許が取れた時代です。通常の生活は?と聞くと、隣に住んでいたアメリカ人の男の児がジェスチャーで分かってくれるので、日本の黒飴で釣って頼んでいた。と笑っていました。

その時の和裁は、簡単な運針から木綿の浴衣そして最後は絹の合わせを仕立てるまでやりました。ですが、運針もできない人でしたのでたぶん完成品は無かったと思います。

明るくて楽しい方でした。

その後、どうされたのかは分かりません。同じ年頃の子供たちがいましたので、よく話をしましたが、いづれご主人の故郷の仙台に帰るという事でした。お元気かな?

そこで、かぎ裂きを繕った後の表と裏ですが、視力も弱り針を持つこともなくなりました。チャチャッと雑です。wwww

「もっと糸をしごきなさい、私!」「はい、アイロンで誤魔化します!」

Img_2281Img_2282_20200901103501

 

 

 

 

 

2020年7月24日 (金)

2020東京オリンピックの開会式だったけど・・・

2020年7月24日

POM21歳の誕生日!おめでとう(^^♪

今日は、2020東京オリンピック開会式だったはずですね。コロナに世界中が翻弄され、相変わらず感染者が増えています。

昨日、千葉市では中央区の接待飲食店で20代・30代男性従業員6名の感染が確認されましたが、店名の公表を拒否しているそうです。いつまで続くのでしょうか。店名の公表をしてそのお店に行った人を追跡調査することはできないのでしょうか。そこまでやらないと、収束はしないように思います。

扨て、先日、久しぶりに太陽が顔を見せてくれた日のことでした。

幼稚園では、元気な園児たちの明るい声が響き渡っていました。

何かの予行演習なのでしょうか。運動会?

「ソレソレソレソレ、よいしょよいしょよいしょよいしょ、ピッカ!ピッカ!ピッカ!ピッカ!」と本当に楽しそうでした。中には喜びのあまり、「キーーーーーー」と奇声を発している児までいました。

21

小さい子供たちも、みんな一生懸命に我慢しています!これ以上は、我慢をさせたくないですね!

外へ出ても色んな制約があります。やっと再開したピラティスでは、スタジオのあるスポーツセンターのトイレが使用禁止でした。

センター入り口の張り紙には”公園内のトイレを使ってください。”

(うわっ!どこにあるの?)と驚きました。

不便でも規律を守って生活しなければいけませんね!(OK!了解です!)

扨て、ここでは、私が大切にしているベランダ育ちの柚子を紹介したいと思います

去年は、今頃咲いた一つの花から一つの実が穫れました。

今年は、5月に100以上も花をつけたのですが、夫は実が数ミリに育った時に、大半を取ってしまいました。早すぎます。もう少し大きく育ってから自然に落ちる実は落として様子を見るつもりでした。私が育てている柚子なのに、なんて人なの(# ゚Д゚)

既に実は3個に減ってしまっています。(だから、小さい実をそんなに早く取ってはダメだって!)

ただ、今年も嬉しいことに再び7月に花が咲きました。

私の気持ちを察してか、二つ咲きました。

Photo_20200724120201 Photo_20200724120301

良い良い(^^♪ 単純な私!

と、喜ばしいことがあったところで、他の植物も紹介します。

部屋の空気をきれいにするといわれるサンスベリアは、株が増えすぎたのでスッキリさせました。ポトスは伸びすぎたのでコンパクトにしました。

 Photo_20200724163001 Photo_20200724162301

一か所にまとまっているパキラとセロームは、かなり年季が入っています。パキラは葉から甘い蜜を滴らせます。如何に大きくさせないか、悩みの種となっています。そして、まだ若いコーヒーノキ。

Photo_20200724120601

ベランダには、7㎝くらいのカイワレのような小ささだったジャカランダが大きくなりすぎています。まだ5年しかたっていません。恐ろしいくらい成長しています。葉が香ります。

Photo_20200724164301

夜香木も、毎年すくすく育ちすぎています。地植えにしてあげたいけど霜に弱いようです。枝をさして増えるのですが。Photo_20200724164801

咲き終わったら、枝を詰めてコンパクトにします。

どの植物も結構長い付き合いです。

我が家の植物は強いです。どんどん成長を続けています。

どうしよう・・・・

来年は、2020+1東京オリンピックの予定です。

私にとっては二度目の東京オリンピックになるはずですが。

無事にオリンピックが開催されますように!

2020年7月 2日 (木)

2月で中止になっていたピラティスが、ようやく再開されました。

市のスポーツセンターを使用しているピラティスのレッスンが、4か月の時を経てようやく再開されました。

場所を提供している市への健康アンケートの提出と、インストラクター個人が出してる健康アンケートを提出してマスクをしたままピラティスが再開されました。

2月までは、12名募集していましたが今回は8名です。

おなじみの顔でした。皆さんお元気でした。想像通りでした。

それぞれが使用するマットを消毒して始まりました。ピラティスは負傷兵のリハビリから発展した運動だそうですから、過激な運動は一切ありません。特に私が受けているのは″かんたんピラティス”ですから、なおさらです。

それでも、マスクを着用しての運動は異常ですね。次回からは、マスクは外してやるかもしれませんけど。

女性の中に30代くらいの男性が一人だけいますが、リモートワークだそうです。以前からウィークデーにずっと参加していたので、何か資格を取るために勉強中の方だろうと思っていましたが、違ったみたいです。黙々と頑張っているという感じです。ピラティスは声を発することはありませんし、自分のことに集中してやる運動ですので、男一人でも居心地が良いのかもしれません。

スポーツセンターは、ラウンジもマシンが設置されているトレーニングルームも、すべてソーシャルディスタンスが保たれています。

私は、往復50分歩いて1時間レッスンをして久しぶりに体を動かせたと実感できました。

此の儘日常が戻ってほしいと思いますが、都内のコロナ患者は今日107人でした。

都内に通勤している人の多い首都圏の住人としては、気持ちは張り詰めたままです。

ピラティス帰りのことです。戸外で遊ぶ子供たちが増えたなぁと思っていたのですが、ほとんどの子がマスクをしていません。顔を近づけて大きな声を出してはしゃいでいます。心配しすぎでしょうか。大丈夫だろうかと気になって仕方がありません。単なる老婆心でありますように、この子たちからコロナが逃げていきますように。

そんな気持ちでした

国は、都は、外出を控えてとか自粛してとか以外に何か術はないというのでしょうか。

当たり前のようにしていた日常が早く戻ってほしいです。

 

2020年6月23日 (火)

6月下旬、藤の花が咲きだしました!夏のお取り寄せも届きました!

4月下旬に咲く筈の藤の花が咲き出しました。

例年、他の藤に先駆けて、いの一番に咲く花を今年は観ることができなかったと寂しく思っていました。今シーズンは、この藤どころか藤を観ることができなかったと思っていました。それが、咲いていたのです!二度咲き?!

Img_2189 Img_2190

合歓の花は、順調に咲きました。綿菓子が葉の上に乗ってるようでほんわかとしています。

20_20200623182201

夏のお取り寄せも届けられました!

毎年のことです。夏と冬に、お取り寄せの明太子を届けてくれる娘の友人がいます。そして私も、お取り寄せの緑茶を上げます。

毎回「お茶、おいしんですよね!」と喜んでくれます。

忙しいときは玄関前で立ち話をして帰って行きます。

先日も、”明太子が来たのでこれから届けに行って大丈夫ですか。”とLINEがきました。

例年より、1か月早いようです。父親のふるさとで、個人で作っている方からお取り寄せしてくれたものです。

今回は、10時過ぎに来て2時半まで・・・ほとんど仕事の話でした。

頑張り屋さんです。昇格もしたようです。部署が変わって覚えることも多く大変なようですが、非常に前向きです。

仕事のこと、持病を持ってる父親のこと、その父親が今年二度も交通事故を起こしていること、一人奮闘しています。

今月は、泊りがけの出張が二回あるそうです。がんばれ!体に気を付けてね!

「愚痴を聞いてもらって、、」と言ってスッキリとした面持ちで帰って行きました。

娘が他県で生活していますので、今は私の友達かも。(笑)

今年初めて作った梅サワーも持たせてやりました。

おやこ(母娘)か!(笑)

 

 

 

 

2020年6月18日 (木)

6月の花:夏椿、紫陽花、クチナシ、琉球朝顔。 そして嬉しかったJEF友からのメール。

6月の花たちです。

なつつばき(沙羅)、アナベルと柏葉紫陽花(いずれも白い紫陽花です。)

Img_7222Img_2114Img_2161

百合

Img_2153 Img_2147

ハナミズキ、クチナシ

Img_2165Img_2175

紫陽花

Img_2183Img_2178

琉球朝顔

Img_2180

久しぶりに花を楽しみました。そして、ようやく子供たちの遊ぶ声が聞こえ始め、日常が戻りつつあると感じました。 

ご無沙汰しているJEF友からのメールも届きました。

POMが在学している大学で火事があったというニュースを見て、心配して連絡してくださったのです。我が家ではニュースに気が付きませんでした。慌ててPOMにLINEを送ると、すぐに返信がありました。

当日、本人は、消防車の音で目が覚めたのだそうです。

大学のHPで確認したところ、1コマ目が始まる直前だったらしい。多分、学部生が使わない部屋だと思う。というものでした。

遠く離れて暮らす家族のことも気にかけてくださって、JEF友の有難いこと。嬉しいこと。と、しみじみ感じました。

JEF友は、JEFを応援するようになって初めて友達になった人です。しかも娘のような年齢差です。医療関係のお仕事をされ、まだまだ気の抜けない地域で働いています。感謝しかありません。

気を緩めることなく過ごしたいと思います。

 

 

2020年5月31日 (日)

「華やかだなぁ~」と夫を感動させた孔雀サボテン、そしてゴールド会員へのアカデミーの先行動画

一気に咲き切ろうとする孔雀サボテンが、夫を感動させています。

毎年のことなのですが、夫にとっては今年は特別に見えたのかもしれません。

Photo_20200531095901Photo_20200531100101

Photo_20200531100001 Photo_20200531100002

夜間の花

Photo_20200531100301

次々と開花していますが、2-3日で終わってしまいます。

そして、ゴールド会員あてに届いたメールですが、【アカデミー】トップチームによるZoom相談室の先行動画のお知らせでした。先行公開は5月30日までとなっていますので、YouTubeの一般公開がすぐだと思います。

工藤浩平選手への質問でした。勇人さんも参加していて「トップチームに入れると思っている人は?」にゼロ!

JEFのトップチームじゃなくても他のチームや海外でのプレーなども視野に入れて練習してほしい。と激が飛んでいました。勇人さんの熱さが伝われば良いなと思わずにはいられませんでした。

メールの届いた初日に観たのですが、質問者が決まっていたようで全体的におとなしいアカデミーの皆さんでした。

勝手な希望としては、負けず嫌いの古川大悟選手や自信たっぷりなソロモン選手のような若者がいることを期待したのですが、まだ今シーズンは始まっていませんので、仕方がないのかもしれません。キャップテンもまだ決まってない時点での相談室でした。

がんばれ!アカデミー!

2020年5月25日 (月)

今年の柚子は、今までになく沢山の蕾と花を咲かせています。そして改めて感じた夫の存在。

今年に限って柚子が沢山の蕾を着けました。花も咲いて秋の実りが待ち遠しいくらいですが、散っては落ちる花を見ていると子房が見当たりません。

2020525

ステイホームで千葉まで来れないSIONOに報告すると、「柚子の実が食べられるか食べられないかが問題なのよね!」と小生意気な口をきいて笑わせてくれます。酸っぱい柑橘類をものともせず、柚子が好きという7歳児なのです。

Photo_20200525162901

鉢植えの小さな木に、びっくりするほど沢山の花を咲かせつつあります。実はどれだけついてくれるのか?摘果するには及ばず自然に落下するような気がしますが、楽しみです。

孔雀サボテンは、3株に20以上の蕾がついています。

毎年そうなのですが、あっという間に咲き終わってしまいそうです。

Img_7115

日前に、大学生のPOMからLINEがきました。

未だ、キャンパスでの授業はなく生物学の小レポートの提出をしなければならないけど、テキストに載ってない”G0期”について教えて欲しいと夫にあてたものでした。図書館にも行けず気の毒な大学生活です。

「あいつ、どの程度知っているのかな?」「どのあたりから教えればいいのか・・・」と思案中でした。

B5 2枚に書いてくれた図と説明文を読んでみてさすが元○○と感動しました!素人の私にも理解できましたし、現役を離れたとはいえ論文を書いた数だけ洗練された文章だと改めて感じ入りました。

夫を、少し尊敬しようと思った出来事でした。(笑)

 

 

 

 

より以前の記事一覧