2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー「花」の記事

2020年3月22日 (日)

花の季節(ソメイヨシノ 他)

もうすぐライラックが開花します。だいぶ蕾が膨らんできました。

Photo_20200322220201

そして、ずいぶん古株が目立つようになったソメイヨシノが花のシーズンを告げています。

 Photo_20200322220701Photo_20200322220601

Photo_20200322220801 Photo_20200322220802

この季節、ソメイヨシノは花形ですね!

花梨も咲き始めました。

Photo_20200322221001

はなももに同じ仲間の源平、木瓜も・・・

Photo_20200322221201 Photo_20200322221202Photo_20200322221301

清楚な雰囲気の菖蒲

Photo_20200322221401

美しく春を彩り始めました。

コロナウィルスにめげずに、近場の花を楽しみましょう(^^♪

*写真はクリックすると拡大します。

2020年3月18日 (水)

三陽メディアフラワーミュージアム(千葉市)

花の美術館に出かけるのは久しぶりでした。

コロナウィルスの騒ぎで、ピラティスが中断しJリーグも延期になっているためにフクアリどころかユナパにも行けず、すべての楽しみを奪われた気分です。

稲毛海浜公園では、花の美術館も公開されていましたし広い芝生や遊具で遊ぶ親子連れも沢山いて、ほっと和める思いがありました。ただ、思いっきり遊んでいるのとは違い、広い場所にいてもどこか窮屈さや不自由さがあるなと感じました。

温室に、ヒスイカズラが咲いててほしいなと思いながら出かけましたら、咲いていました。まだこれだけでしたが嬉しい再会でした。ウコンラッパバナも一つだけ咲いていました。

いづれも、咲いていますよ!と丁寧な案内がありました。(写真はクリックですべて拡大します。)

Photo_20200318220001Photo_20200318220601

何度も行ってるのですが、ビヨウタコノキの実に初めて気が付きました。地味です。(笑

Photo_20200318222501

アトリュームガーデンのピンクのラナンキュラスは、大きさにびっくりしました。白いラナンキュラスもとっても優雅!

Photo_20200318221801 Photo_20200318221802

Photo_20200318221901 Photo_20200318222001Photo_20200318222101

裏庭の水仙は、初めての花色も出現!水仙らしくない水仙です!白い花も素敵です。

Photo_202003182230012_20200318223601

他はラッパ水仙のいろいろを!

Photo_202003182232012_202003182234013_20200318223401Photo_20200318223501

前庭は、少し寂しい春の装いでしたが、桜が出迎えてくれていました。かわいい親子ははじめまして!・・・池の水鳥たち、みんなお久しぶり!!!

Photo_20200318224901

3_20200318224301Photo_20200318224801

最後は白砂の海岸へ!平日でもかなり多くの方が楽しんでいました。ヨットも久しぶりに見ましたが海は気持ちがいいー😃

4_20200318223901Photo_20200318225301

いっぱいに敷き詰められた白砂は、脚を存分に鍛えてくれそうです!尹晶煥監督 選手を連れて走りに来ませんか!

稲毛の浜がお待ちですよーーーー

2020年2月13日 (木)

公園に咲く河津桜

雨上がりの公園に咲いた河津桜

北関東に住む娘にLINEで送ると ≪ すごーい!きれい ≫ と喜んでくれたのでUPしてみます。

春です!

 Img_1893Img_1894Img_1895

写真をクリックすると拡大します。

2019年9月 6日 (金)

やっと満開の夜香木、ピンクノウゼンカズラ、2019レッドブルエアレース練習中

 カイガラムシに蝕まれていた夜香木が、手当の甲斐があってようやく満開になりました。

左下は夜の花、右下は昼間のつぼみ

Img_1452Img_1447  

涼しくなったら、土を入れ替えて強そうな枝をさして更新できればと考えています。

これも一年ぶりのピンクノウゼンカズラです。

優しい色合いが好きです。行きつけの美容院に行く途中で見かけます。今年は、咲き始めたところでしょうか。

Photo_20190906111801 Img_1413

つぎは、ベランダの柚子です。一つだけ季節が過ぎて花が咲き今は小さい実をつけています。

Img_1371Img_1374-1

最後に、2019レッドブルエアーレース!

最後なんですね。練習中を撮ってみました。小さいデジカメでは難しいです。

Img_61673

Img_6124Img_61312

明日、明後日が本番だと思います。

写真はクリックして拡大してご覧ください。少しでも雰囲気を味わっていただければ幸いです。

2019年7月10日 (水)

息子に〝エライ!”と褒められ・・・

WIN.10を使い始めているのですが、セキュリティソフトの無料期限が近づいてきました。

WIN.7に入っているソフトをこのPCにも入れるつもりはあったのですが、延び延びにしていました。一つのセキュリーティソフトに2台目のパソコンとして使うつもりではいました。

面倒くさいかな?息子なら簡単にできるのかな?そう思っていた時に、大事な用事で来てもらうことがあったのでついでに教えてもらおうとショートメールを送りました。

少し早めに来てやってくれると嬉しい言葉が返ってきましたが、、、、

それでは申し訳ないし、ずっと何もかも一人でやってきていますので、自分でできなければだめなんですよね。

ヒントか簡単な方法があれば教えてほしかっただけでした。〝やり方はセキュリーソフト会社のページを探すのが一番だよ。”と返信がきました。ごもっともですよね。

〝ありがとう。探してみます。” 返信したのが昨日の午後4時過ぎでした。

そして今朝、土曜日に行くよ!とメールが。

その後がなかったので、できないのだろうと心配していたのでしょう。

でも、若者よ!若者ではなくても私より若い世代の方々よ!

年を重ねると、集中力も長続きせずエネルギーもすごい速さでロスしてゆくために、皆さんのような速さではできなくなっているんですよ!

昨日のうちに探し出して、良い具合に動画もありましたので、じっくり二回ほど見て自分なりにメモをして・・そこまでで疲れ切ってしまい昨日の作業は終了しました。

朝起きて、さあ、始めましょう。と思ったのですが、緊張のあまり下痢が始まりました。いつものことです。未知への踏み出しは不安でいっぱいなのです。特に、私に関して言えば自信のないことに関しては、不安感は膨大に膨らみ体調に響いてくるのです。

そう、いつものことなのです。

息子からメールが届いたとき、まさにトイレとパソコンを往復している時でした。

〝ただいま、挑戦中!できなかったらお願いします。”と返信。

9時半ごろに息子からメールが届いて、いろいろと体調不良で5往復も行き来した場所もありながら、9時代に〝2台目登録完了のお知らせメール”がきましたので、すべて落ち着きました。

10時には無事終了!と返信したら〝エライ!”と一言返事がありました。

息子に褒められました。

私、エライんです!たぶん!

記事には関係ありませんが、今日撮った写真をアップしておきます。

星マークの中に赤トンボがいます。ほかの赤トンボは飛び回っていましたが、このトンボだけはじっとライラックの枯れ枝に止まって動こうとしませんでした

Photo_20190710170801

モッコクの小さい花が咲き始めていました。

Img_1168-1  

エゴの実です。緑の実が素敵です!

Img_1170

フクアリにも咲いていたアガパンサス

Img_1167-1

太陽が恋しいですね!

 

 

 

2018年6月15日 (金)

風の街6月の花

周りのヤマボウシはすっかり花が落ちてしまいましたが、ブロック塀越しに見事に満開の様子には圧倒されます。

Img_0443
淡いピンクの紫陽花

Img_0440
アガパンサス

Img_0436_2

Img_0437
ラベンダー

Img_0448

梅雨時は、どの花もきれいです。

鬱陶しい季節ですが、花に癒されます。






2018年6月14日 (木)

藤の返り咲き、紫陽花の本当の花、ユリ(風の街の花々)

紫陽花という名の装飾花

Img_0425

紫陽花の本当の花(真花)

001


005

002
アナベル
002_2
柏葉紫陽花

004_2

ゆり

011

009


006

Img_0418

梔子012_2
009_2
てっせん

021_2
なつつばき(沙羅)

019

咲き終わった藤が剪定されたと思ったら、なんと返り咲き!

Img_0413

Img_0431
季節を間違えてしまったのでしょうね。

最後に、咲き終わったクジャクサボテンの花を並べたところです。

001_2
今年もありがとう(^^♪

2018年5月22日 (火)

今年も大輪のクジャクサボテンが咲きました

マンションの大修繕が終わり、夫がマンション組合の理事から解放された日、赤い大輪のクジャクサボテンが咲き始めました。

Photo
37
近くの小さなスーパーでは、ツバメが今年二度目の子育て中でした。
027
真っ白なヤマボウシが満開でした。
026
素晴らしい季節です。

ー・-・-・-・-・-・-

日頃から、若いサッカー選手の応援をしている者として、日大アメフト部の騒動には心が痛みます。

健全なからだと健全な精神がスポーツを志す者に求められるものです。

日大生の話が事実ならば、選手は、監督やコーチに奴隷のように扱われているのかと思いましたし、危険な行為をした試合までの数日間は言葉の拷問で責められ続けていたように感じました。

何より不幸中の幸いと思ったことは、負傷を負わされた選手が練習を始めていると言う事でした。

双方の学生さんには、心のケアが必要だろうと思います。

顔と名前を公表した日大生には、前を向いて生活できる環境を作ってあげて欲しいと思います。

2018年5月17日 (木)

花の美術館:裏庭のばら園

ばらの季節がやってきました。

三陽フラワーミュージアムの裏庭のばらたち、、、、(^^♪

全ての薔薇の原木と言われている日本の野ばら

014

Photo

アスピリンローズ

Photo_2

アルフレッド・シスレー
Photo_3

アンリ・ファンタン=ラトゥール

Photo_4

アンリ・マティス

Photo_5
グラミスキャッスル
Photo_22

クロード・モネ
Photo_7

ザナンPhoto_8

スプニール・ドゥ・アンネフランクPhoto_9
セント・スゥイーザン

Photo_12


セント・セシリアPhoto_11
パブロ・ピカソ
Photo_13
ピエール=オーギュスト・ルノワールPhoto_14
マチルダ
Photo_15

マリーナ

Photo_16
ミシェル・メイアンPhoto_17
ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール
Photo_18
レオナルド・ダ・ビンチ

Photo_19

レディ・エマ・ハミルトン
Photo_20

ローズ・デ・キャトル・ヴァン

Photo_21
109
111
116
023
026
いなげの浜のハマヒルガオ

139
海から見える工場地帯

海からの風が吹いていました。呼吸困難(喘息)を起こしかけました。

135
海に入る人々(たぶん外国籍の人々)。浜には10数人がいました。

127


帰り掛けに通らせて頂いた団地

美しかった薔薇

142
最後に、ばら園に行こうと思わせた真紅の薔薇(これは、駅近くの団地の薔薇です。)

Img_0377

Img_0378
お時間を見つけてばら園へ、どうぞ(^^♪






















































2018年4月26日 (木)

4月26日、風の街の花々(ゴールデントランペットツリー、ひなげし・・・)

待ちに待ったゴールデントランペットツリーが咲きました。

27_2
029

034

地味ななんじゃもんじゃの木

10
名前が分かりませんが宇津木科でしょうか?

可愛い花です。

007
次は公園の花々です。

ひなげし

021
スイートピー

014
オダマキ

015

017
公園の入り口にあった羽衣ジャスミンが無くなっていました。花を楽しみにして行ったのですが、別の場所に小さく剪定されて植え替えられていました。。来年に期待できるのでしょうか?寂しいです

ボランティアの方達が公園のお花の手入れをされているのだと思います。今日も水やりをされてる方がいらっしゃいました。

一時期は日本に仕事を求めてやって来たイラン人を多く見た場所でした。その後は、ホームレスらしき人を見かけたこともありましたし、見晴が悪い所為か夜は痴漢が出没したこともありました。大きな木を伐採して見通しが良くなりました。治安が悪くなりつつあった場所を、近隣の方々が今のような素敵な場所にされたのだと思います。

20年くらい前はこの直ぐ近くに住んでいました。

ボランティアの皆さんに感謝です。

唯、住宅地の最近の変化には違和感を覚えています。

小学校の跡地に180世帯用のマンション+戸建61戸が建築中です。

別の場所では、いつの間にか幼稚園が無くなって8戸の住宅が建築中になっていました。そこに咲いていた寒緋桜を毎年楽しみにしていたのですが、残念です。

住宅は過剰気味だと思っていたのですが、すぐ近くで相変わらずの建築ラッシュを目にしてどんな都市計画をしているのだろうと疑問に思うのです。

ここ周辺では内科医院の廃業を数件目にしています。私達夫婦の家庭医の先生も今年中に引退なさいます。引退なさる先生も心配されていますが、バランスの取れた街づくりができないものかと不安です。











より以前の記事一覧