2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー「サッカー」の記事

2017年4月22日 (土)

0-4の大敗・・・さあ、心のリハビリを始めよう。次の試合までには吹っ切ろう!

先日のU20代表候補とのTGでもゴールの取り方が分からないようでしたけど、選手が変わっても横浜FCとの試合でも同じでしたね。

前半にあれだけ優位に運んでいたのに、一度もチャンスを生かせずに無得点。悲しい事に長きに渡っている“JEF病”の完治は難しいようですね。

0-4とは恐れ入りました。

前半に様子見していた横浜FC監督さんの、大いなる企てが大成功したと言う事ですね。日本人監督の緻密さを侮ってはいけません。完敗ですよ。エスナイデルさん!

選手達は点を入れられた途端に動揺し始めました。

相手は、ほぼ完成しているチームであり自分たちはまだ途上チームであると言う気持ちに襲われて一気に自信喪失しましたか?・・・・・

素人の私が選手の使い方に口出しできないんですけど「この選手にシュートを任せないで!」とか「この選手は、足が遅いんだからそこまで走らせても無理よ!」とか「こんな時にみんなを落ち着かせる事のできる選手は誰一人いないの?」とか・・・

ブーブー言いながら画面に向かって愚痴を並べて、結局一点も取れずに0-4で終戦。

心のリハビリなんて言っては見ても、気持ちを落ち着かせるにはまだ当分時間がかかりそう。

後半戦の戦いを見てしまっては、自分の心の持ち様をどうにかしたいと思う前に選手達の精神状態が気になってしようが無いのです。

「大丈夫だ。」とデンと構えている人がいたら、このやりきれない気持から解き放して欲しい。

エスナイデルさん、長谷部さん、江尻さん、、、、、高橋GM、「大丈夫だ。次の試合で取り返す。」そんな言葉を聞きたいのです。

そうしたら、単純な私は直ぐ元気になって心のリハビリを終了します。まだ始めてませんけど。

「次のフクアリで勝利のでんぐりを見せて!」心からの叫びです。

現地応援の皆さんは最後まで声を出して選手の後押しをして下さいました。ありがとうございました。

お疲れ様でした。

次のフクアリでは、きれいなパスを繋ぐより、泥臭くても懸命にゴールに向かう捨て身の姿を見たい。

必勝!

2017年4月18日 (火)

練習試合を観て感じた事

風に弱い京葉線は、当然のように結構な遅れを出したまま動き始めていました。乗車駅に着いたとたんに出て行った電車。それから待つ事40分。ようやく乗り込みましたが、その間に東京行きを3本も見送りました。上り下りのバランスが悪いような気がしますが、どの辺りでバランスを取っていたのでしょうね。

キックオフ間近にようやく蘇我駅に到着。

蘇我駅からフクアリまでで、JEFスタッフさん10人くらいをお見かけしました。街の清掃に出かけるところだったと思います。2年くらい前にはごみを拾って下さっている斎藤大輔さんをお見かけしてご挨拶できましたが、今のスタッフさん達は誰も分かりません。

フクアリに着くとピーッとホイッスルの音が聞こえてきました。

練習試合ですが二度目のフクアリ開催でした。3週間もJEFの試合が見られない時に嬉しいご配慮です。

今日はメインスタンドでの観戦でした。ゆったりとしてとても見やすい場所です。いつもここで観戦してる方がおっしゃってました。「新体制発表をゴール裏二階から見たけど、傾斜が急で怖かった。」と。

リーグ戦は、そこでの一体感が魅力なんですけどね。

今日は火曜日。

U-20日本代表候補との練習試合とは言え、ウィークデーの観客数はこんなものです。と言うくらいの数でした。皆さん懸命に働いてる時間ですから、逆に申し訳ないと思ってしまいました。

結果はオフィシャルに出ていますし、いつもながらにかってな感想です。

アランダさん、勇人選手、真希選手は、相変わらず魅力的なパフォーマンスを見せてくれました。ボールを触った時点で目を惹くんですよね。素晴らしい選手達です。溝渕選手もよく走ってましたし比嘉選手も前線まで運ぶんですけど、、、、そこで確実に決めきる力のある選手が居ない。

ゴールが欲しいと痛切に思う瞬間なのです。

ベンチ脇に可愛い選手が居て、也真人選手に見えるんですけど、そこに居る訳がないですよね。

その後3本目が始まって、ゼッケン40番代の選手達がどっとピッチに入りました。みんなユースっ子たちでした。可愛い子もその中の一人でした。(也真人選手ごめんなさい。)

3本目(ユース主体)は完敗だったと思います。何もかも。

3本目にキャプテンを務めたイジュヨン選手が破格に素晴らしい選手に見えてました。

U20代表候補にも、物足りなさを感じました。見事にゴールを決めた時は拍手を送りましたけど、もっともっと頑張って欲しいです。

2
フクアリの八重桜も載せて置きます。

075

2017年4月15日 (土)

勝利のラインダンスが、最高に楽しそうでした!

アウェイ山口で漸く勝利できましたね。

シュート数もCK数も相手を圧倒するほどでしたが、そこからの得点はありませんでした。

今回も優也選手の活躍には目を見張るものが有りましたが、GKPの活躍が目立ってどうする?と攻撃陣に発破をかけたいくらいです。試合後の優也選手の言葉に自信と満足感のようなものを感じましたが、得点力はと問われればどのように応えたでしょうね。(◞‸◟)

解説者はJEFはやりたい事が出来ていると言ってましたが、やりたい事が出来ていながら流れの中から得点できない事が問題ですよね。

PKでもゴールはゴールですけど、早く本物のゴールを見たいです。

後半のアディショナルタイムに壱晟選手がPKを獲得しそれをライベイ選手がきっちり決めて勝ち点3を持ち帰ることになりました。微妙な判定の様ですっきりしませんが、勝ちは勝ちですね。同じような事で勝つ事も負ける事もあると言う事です。

ライベイ選手はPKを「タカに蹴らせて欲しいと頼みました。」とコメントしてますけど、これでPKに関しては“お互い様”ですね。前回は記念のゴールをライベイ選手から譲って貰っていますからね。

次は、二人とも文句のつけようのない豪快なゴールを決めて欲しいです。

友人のSさんから“9やっと決めたましたね。”とメールが来ました。ライベイ選手は、先ずゴールを量産してSさんに名前を覚えさせることです。そう思いました。今のところは、名前を覚える気はなさそうですから。

試合後、選手達がサポさん達の前で喜びのダンスをし、特にキムボムヨン選手が一歩前で楽しげにパフォーマンスに興じる姿に、久しぶりに勝利を感じる事が出来ました。喜びが爆発していましたね。

サポさん達は

選手を送り出して芝生に一列に並んで肩を組んで、、、、勝利のラインダンスの楽しそうだった事(^^♪

現地に行かれた皆様、応援ありがとうございました。

試合中もJEFの応援は、ずっと聞こえていました。選手達のチカラになっていたと思います。

気を付けてお帰り下さい。

次は横浜ですね。

WIN BY ALL!ヽ(^o^)丿

2017年4月 8日 (土)

今節もでんぐりはお預け(対群馬戦)

小雨降りしきるフクアリ

前節よりもまたまた観客数を減らしました。

少人数の群馬サポさん達の元気な応援が力強く響いていました。

Img_0011

前半は、群馬のペースに引きずられるように、ボールもちょっとずつずれていたのかミスが多かったのか定かではありませんが、自分たちのペースをつかめないまま進行していたように思います。

ハイラインハイペースで一つのミスから、、、、上がっていたGKの頭上をきれいな弧を描いて無人のゴールマウスに吸い込まれてゆきました。「あゝまたこのパターンね。」まるでアニメの動画を見ているようでした。

JEFサポさん達、誰も言葉を発しなくなりましたよね。「またか」と言う事で。

言葉としてはハイリスクハイリターンが直ぐに浮かぶのですが、今のJEFはハイラインハイリスクが定着しそうで恐怖です。

今日は、フクアリに行く前に娘と電話をしていたのですが

娘「今日はサッカーの試合無いの?」

私「有るわよ。」

娘「まだ応援してるの?全然J1に上がってこないじゃない。」

私「今年は、楽しいシステムでやってるのよ。超ハイラインでGKはフィールドプレイヤーも兼ねてるのよ。」

娘「そんなやり方してたら、カウンターでドンドン決められちゃうじゃない!」

私「大丈夫。あまり決められてないから。オフサイドいっぱい取ってるし。(負け惜しみ)」

ほんとに勝ちたい!

アランダさんは、如何したんでしょうね? 全体練習に参加していたと思いますけど・・・

アンドリュー選手は、強い寄に負けて先制点を奪われましたし、他の時間帯でもドキドキさせられましたし。アランダさんは?

エスナイデルさんお願いしますm(__)m。アランダさんをピッチに戻して下さい。

やっと也真人選手が戻ってきて、後半は良かったですよね。也真人→北爪→壱晟で得点しました。

壱晟選手は、殊勲の同点ゴールでした。

プロ初ゴールでしたが、場内にはヒーローインタビューが流れませんでしたね。

「酷いよ!DAZNさん!JEFの星が初ゴールを決めたのに。」 (≧ヘ≦)

他の選手にもゴールのチャンスはあったのですけどね。

打つ前に冷静になって、自分が撃った方が良いのかパスを出した方が良いのかちょっと考えて欲しいですね。(まあ、口だけなら誰でも言えると言われればそれまでですけど。)

清武選手は今日も滑っていました。

結構な雨でしたけどまた散水しました。何故?基準は?

誰かシューズの選び方を清武選手に教えてあげて下さい。シューズの為に思いっきりプレーできなくなるのではと心配です。

選手達全員が自信を取り戻せるような試合をさせてあげて欲しいな。

エスナイデルさん、インタビューのトーンが少し落ちて来てませんか?でも、やり方は変えませんかね?

長谷部さん、江尻さんもお願いします。選手達に自信を付けてあげてください。

アウェイ2戦で、自信と勝利を引き寄せられますようにm(__)m

試合後、坂本元選手のように先頭に立って挨拶に向かう羽生選手。

Img_0027
そして、ゴール裏で深々と頭を下げる。

1
もっともっと活躍させてあげられないものかな。どの選手にも。

山口戦、勝ちましょう!

現地には行けませんけど、PCの前で声援を送ります。私のか細い声でも選手の皆さんに届きますように(^^♪

p(*^-^*)q がんばっ♪

2017年4月 4日 (火)

今年初めてのユナパ、故障者も戻って来て元気ですよ!

当然フクアリには行っていたのですが、ユナパへは今年初めて行ってきました。

潮風アレルギーで、涙がひっきりなしに落ちてきました。風の向きもあるようで場所を反対側に移動して風をさえぎる場所で落ち着きました。

選手達のファンサ待ちで並んで見ると、昨年とは違って選手の顔も判別でき、落ち付いて声を掛ける事が出来ました。

2年前までは、選手と言葉を交わすこと等考えてもいなかったのですが、唯練習を見て帰るよりも笑顔を見せてくれる選手達の顔、声で調子の良さなども感じられるので、去年からは行けば声を掛けてくるようになりました。

負傷で欠場していた選手達も元気に復帰していました。

ラリベイ選手は日本語が分かるのでしょうか?

「ゴール入れて下さいね。」と言うと「はい!」と笑顔で応えてくれました。きっとよく言われるフレーズなのでしょうね。

前節はゴールへの気持ちが無かったように見えましたが、今日の練習では積極的に打っていたと思います。

羽生選手、也真人選手、岡野選手、溝渕選手、真希選手、西野選手そしてエスナイデルさんまでも、、、、みんなの明るく優しい笑顔に癒されて帰って来ました。

也真人選手には「(怪我は)もう大丈夫ですね。ゴール期待してます。」と言うといつものように目をしっかり見返して「はい」と笑顔が帰って来ました。

どの選手も怪我が一番心配になります。

壱晟選手は、未だファンサに慣れていないようで一歩引いた感じの対応でした。大丈夫!頑張れ!と言ってあげたい気持ちになりました。

次の群馬戦は絶対勝って順位を上げましょう!

ところで、いつも一緒に観戦しているSさんですが、詐欺メール等が多かったようでPCからのメールを拒否しているためにJEFからのメールも受けられなくなっています。そこでJEFからのメールは、私へのJEFメールを毎回転送して差し上げています。

昨日も転送して、群馬戦勝ちましょう!と付け加えたところ、’群馬戦期待します?’の返事に唖然としてしまいました。

≪ウワ~!!!(゚ロ゚屮)屮  相性の良い相手じゃないけど最下位のチームに負けたらJ3に落ちちゃう(◞‸◟) 

キリッ\(>0<)/ がんば~≫

って再びメールを送ってやりました。

みんな元気でしたよ!この写真、ピンボケが良いでしょ!(苦笑)

Cimg8805
このきれいで可愛い花は、花桃(=源平)です。 棟の前で今年も咲いてくれました。
Cimg8823
因みにわが家は、夫の家も私の実家も平家の流れをくんでいるとかいないとか。

源氏のように勝ちに行きましょう!Sさん、勝ちますよ!絶対!

2017年4月 1日 (土)

京都戦はドロー、負けなくて良かった!

4月1日(April Fool's Day)今日はなんと、季節がウソをつきました。

春なのに真冬のフクアリ!

京都戦のガラガラな観客席は、まさか4月1日なので試合が無いとでも思ってのがら空き状態?

観客数7716名!!!!! フクアリ以前を見ていないので、私の記憶の奥底からは引っ張り出せない数字!

今日は写真を撮り忘れました。これは12時27分ごろアカデミーっ子達の卒業試合直後のバクスタです。

Cimg8762

2連敗の千葉と3連敗の京都の戦いは、極寒の春が観客数の足を引っ張ったのかも知れません。

試合は、早い時間帯に動きました。

清武選手が、対面したGKの斜め右隅に冷静に流し込み待望の先制点を奪いました。

いい感じに主導権を握ったかな。と思ったのですが、ミスは最悪の結果を生むものです。前半に追いつかれました。「やっはりこんな感じになるなあ」と思う失点でした。

監督は自分たちのミスからの失点なので「ミスをなくせば勝てる。」と信じていますが、サッカーにミスはつきもので、どのチームも負けた後の言葉には自分たちのミスから失点。と同じようなセリフが付きます。

2失点目もミスからでした。

後半70分、真希選手も期待を持たせてくれるプレーをしていましたが、サリーナス選手が入ってチームは徐々に活性化されて行きました。

ただ、せっかくゴール近くまでボールを運んでも「誰が撃つの?誰が撃つの?誰が打つの?」と問いかけたいようなパスを入れあいながら結局誰も撃たずに持って行かれる場面が何度もあって、シュートに対しては非常に消極的でがっかりしました。

負けているのにチャンスがあるのに撃たないプレーには、これは「お前がシュートしろよ!」と譲り合っているようで腹立たしさを覚えました。

特にラリベイ選手は、「どうしちゃったの?」と聞きたいくらいにシュートの気持が無かったように見えました。本当に、何にかあったのでしょうか?

Sさんが「9番 撃つ気ないわねえ。」と何度も口にしていましたが、早くゴールを決めてSさんに名前を憶えてもらいたいなあ。とクスッとしてしまいました。

今日も壱晟選手は素晴らしかったですね。ゴールへの執念も見せてくれました。楽しみです。同じルーキーの溝渕選手の勇姿も早く見たいですね。

後半のアディショナルタイムに、近藤選手が値千金の同点ゴールを決め敗戦は免れました。

同点打のアシストは、サリーナス選手だったでしょうか。

「負けなくて良かったあ。」心底ほっとしました。

去年近藤選手がゴールを決めた時に、眞紀人選手の「DOさんナイスゴール」に対して「ありがとう。今度はお前が決めろ!」と言う行は忘れられませんが、眞紀人選手が町田で活躍して戻ってくれると嬉しいですね。

同点ゴールを決めた近藤選手のヒーローインタビューが有りましたが、疲れ切っているのが目に見えて分かりました。

こんな状態で毎年のようにやって来る‘あの恐怖の夏’は乗り切れるのでしょうか?

極寒の春の日、真夏を思い起こしていました。

真面目にJEFの試合を観戦して研究されているJEFサポさんから見ると、私は不謹慎かもしれませんが何度も笑ってしまいました。

そんなシチュエーションが多々見られるゲームでした。

(誤解の無いようにここだけは追記しておきます。CKで清武選手が転んで失敗に終わった場面は笑えません。水撒きの失敗です。怪我なくて良かったです。)

次こそ、勝ちたいですね。

がんばりましょう!

追記

優也選手はずいぶん体を絞って来ましたね!

2017年3月25日 (土)

“湘南”と言う山を越すことはできませんでした。(PC観戦)

J1リーグ第4節の甲府対大宮戦をDAZNで観戦した時に、JEFもJ1で戦えそうだと感じました。日本代表対UAE戦を観た時には、なんて巧い選手が多いんだろうと思いました。

JEF対松本戦もJEF対湘南戦も、欠点を突かれ続け誰もいないスペースにロングボールやミドルシュートを何本も放たれていました。松本に関してはむやみに放っている事が多かったと思いますけど、湘南はしっかりと狙ってミドルを打って来ていました。

優也選手がオチョクラレテいるようで、なんとも言えない歯がゆさを覚えました。

也真人選手のように相手のスペースを上手く消す作業をする選手が居なく、余裕のないプレーの連続でした。細かいミスも目立ちました。

全く楽しくありません。

ただ漫然とボールを回しているようで、挑戦する気持ちの見えない試合でした。単に私の感じ方なのかも知れませんけど。

湘南には、強い気持ちで何度もアタックする姿を見せていた選手がいました。

唯唯“良いなあ”と観てるだけでした。

格上のチームですから、全員が一致団結して挑まなければならないゲームでした。みんな頑張ってはいるのだと思いますけど、ボールをゴールに向かって運ぶことへの執念までにはなってなかったかなと思います。

這い上がる気持ちが一つにならないと次も勝てません。

頑張る気持ちが伝わる試合をして欲しいと思います。

全員が気持ちを一つにして戦っている時は、観客席から応援していても伝わって来るものですよね!

次はホームフクアリです。

WIN BY ALL!

追記:昨年から個人的に一押ししている真希選手がようやく出場!やっぱり頼れる選手でした。ホームでの出場も期待しています。

2017年3月19日 (日)

反町さんにだけは勝ちたかった。(PC観戦)

チクチクと刺すような“お口”を持っている反町さんにだけは負けないでほしかったですね。

1失点目はボールが外に出るだろうと考えたのか追うのを止めかけた時、松本の選手が猛スピードで走って来て難なくボールをゲットし、そこからゴールが生まれました。「最後までボールから目を離すな!」他の球技でしたが、私達はコーチからいつも言われていました。もったいない失点でした。

凸(・ω・怒)うぉぃこらぁぁぁ!! サッカーはちょっと油断したら生き馬の目を抜かれる位の覚悟でやりなさい!なんてフアンエスナイデルさんなら言いそうですけどね。(笑)

2点目3点目はセットプレーからの失点でした。

今年もセットプレーがJEFの穴ですか?

今日は、楽しいゲームではありませんでした。

也真人選手はベンチ外でしたね。

清武選手にはもっと早い時間から出て欲しいなあ。

この二人がいるとゴールの匂いがするんですけど、船山選手はラリベイ選手から譲ってもらったPKだけですしね、ゴールの匂いがしませんしね。

GOAL を沢山欲しいぞ!

走り切る湘南に、走り勝てるでしょうか? 次ですよ!つぎ!

大きなヤマです。越えましょう!

今日は体調不良の為にPCを消音にしての試合観戦でした。解説もアナウンサーさんの声も煩わしかったんです。ですからそこからの情報は一切ありません。すみません。

2017年3月11日 (土)

ウキウキワクワクホーム完封勝利(対名古屋)

3月11日

東日本大震災から6年。

JEF、名古屋の選手スタッフサポーター全員による黙祷が捧げられました。

お亡くなりになられた皆様のご冥福を改めてお祈り申し上げます。

未曾有の大震災からまだ立ち直れないまま次々と震災が日本列島を襲い続けています。

被災された方々の日常が早く取り戻せますように。政府には口だけでなく迅速に願いたいと思います。

選手による募金活動です。↓

Cimg8675

試合前の練習↓
Cimg8676_2

名古屋戦は、2-0の完封勝利でした。

Cimg8683

名古屋は寿人選手がキャップテン。

選手紹介時、JEF側からは拍手とブーが程よく混じりあった歓迎ぶりでした。私自身はJEF時代の寿人選手は知りませんので拍手、ツインズのアカデミー時代から見ていたSさんは「拍手なの?」とちょっと不満そうでした。

ベンチスタートの勇人選手は、最後までベンチで戦況を見守っていました。

JEFは也真人選手がキャップテンマークを捲いて、得点こそ有りませんでしたが攻守にわたっての活躍は、本当に素晴らしいものが有りました。

あちこちに顔を出して、ボールを奪い返えすし隙間に入り込めるしナイスプレーの連続でした。

いつの間にこんなところに!という早業プレーの多かった羽生選手を思い起こすこともありましたが、羽生選手いますね(笑)

57分、アンドリュー選手に代わって羽生選手が投入。

寿人選手は、前半早い時間に’寿人選手らしい’惜しいシュートがありましたが、不発のまま羽生選手と交代するように玉田選手と交代しピッチを去りました。残念、ツインズ対決はありませんでした。

まだ3試合ですが、選手達は難しい戦術を楽しむように吸収し始めています。

頼もしいですね。

球際でも強く球離れが早く、名古屋に完全に勝っていたと思います。

このワクワク感ウキウキ感がずーっと続きますように(^^♪

イエローの多さが気になりますし、要の選手が出場停止になった時が不安です。

今回は、DOさん負傷により不在でしたが、代わった選手が頑張って失点無く終わりました。後ろの選手が頑張ってくれるから前の選手も頑張れるんですね。

随分長い間見た事のなかったセットプレーからの得点には、嬉しい驚きが有りました。

船山選手がちょっこと触りサリーナス選手へ、そのコンビネーションFKに西野選手が競り勝ってゴール!

移籍後初ゴールでしょうか!

これまでは前半になかなか決めきれませんでしたが、念願のゴールが決まり、私だけでなく、たぶんみなさんホッとした部分があったと思います。

家を出る時夫が「名古屋は強いの?」と聞くので「優勝候補!」と応えると「強いところには勝てるよ。」と事も無げに言うので、そんな時代もあったなあ“勝つぞー!”と暗示をかけて出かけました。

アディショナルタイムに也真人選手の素晴らしいアシストで繋がったパスを、清武選手がきれいに流し込んで2得点目。

気持の良い試合でしたね。

楽しい試合は楽しいことだけ心に残りますね。

試合終了後↓

Cimg8684
Cimg8689
勝利のでんぐりは、慣れていないようです。

初めての選手も多かったかな?

でんぐりが上手くなるには沢山やる事ですね。

それには、ホーム勝利のみですよヽ(^o^)丿

Cimg8696
次はアウェイ二戦が続きますね。

このまま がんばれ!!

≪お知らせ!≫↓
今日は、‘世界自閉症啓発デー’と言う事でパンフレットとボールペンが配布されました。配布に慣れていないかたのようでした。なかなか渡すことができてないようでしたので、この日フクアリ応援に来れなかった友人たちの分もお願いして頂きました。

パンフレットに書かれている事を一部抜粋しておきます。

○ 思っている事を相手に分かり易く伝える事が難しい。

○ 一度にたくさんの事を言われると困ってしまいます。

○ 予定外の事が起こると、不安になってしまいます。

○ 聴覚過敏、知覚過敏により大きな声や音や匂い、急に触れられることが苦手です。

≪JOプロジェクト≫

「ジェフ応援プロジェクト」は、応援し応援される事の一つとして12JEFで

ちば自主製品(JO商品)の販売を3月4日からスタート!

ビーズブレスレット、ミサンガ、ストラップ等低価格で販売されているそうです。

応援しましょう!

2017年3月 4日 (土)

山形戦は引き分けでしたが、非常にアグレッシブで楽しい試合でした。

天候にも恵まれ、去年までは感じられなかった機敏な選手達を観られ、ドロー試合とは言え非常に楽しい試合でした。

ところで、ジェフィさんもユニティさんもいつもと同じだったですか?凸凹さ加減が緩和されたような?それからユニティさんはパンツのゴムが抜けそうでしたか?

なんかゆるりとした雰囲気でしたね。

今日は、フクアリ初戦とあって市原市長と千葉市長のご挨拶が有りました。

市原市長は、山形のチームが市原でキャンプを行っている事に触れられ非常に友好的な雰囲気を作って下さいました。

Cimg8593

千葉市長は、市長と言うよりもJEFの中の人のようなスピーチですね。身内を思いやって言葉を選んでいる様な、熱い気持ちを感じます。今年は、千葉市がホームタウンになって12年だそうですので、私のJEF歴も12年と言う事になります。

千葉市がJEFのホームタウンになって無かったら、私はどこのチームを応援するでもなくJEF友さん達と知り合う事も無く、単純にサッカーを楽しんでいただけだったと思います。

2
Cimg8590
JEF友の皆さんに感謝です。

今日のJEFの選手紹介は強烈でした。

顔ではなく≪目≫をアップするところから始まりました。

誰の目なの?→≪顔≫でした。

度肝を抜かれました。何方のアイディア?

そして今日の相手山形は、JEFでも指揮を執った経験のある木山監督でした。よくある事ですが、木山チームもコイントスでエンドチェンジを選びました。前半はJEFゴール裏の熱気を全面で受けたくなかったのかも知れません。

JEFの選手達は、非常に攻守の切り替えが早く≪ボールを奪えるチームになったなあ≫と感じました。アランダさんは、ボールの回収が上手い選手ではあるんですけど、今日も上手でしたね。見とれてしまいます。

そしてサリーナス選手もラリベイ選手も、南米3人組が揃って力を発揮する時が必ず来ると思いますが、とっても楽しみです。

そんな予感をさせる今日の試合だったと思います。

チームとしては、前半には何度もチャンスがありましたが、やはり決めきれなかった事が勝ち切れなかった事に繋がりましたね。

相手のGKのファインプレーも多々ありましたけど。

盛り上がっている時に決める事が出来ないと、今日のような結果になりますよね。

それから、優也選手はフィールドプレイヤーのように、スプリントの繰り返しが多くその上ミスもあるので、ドキドキでした。

結果としては、後半の立ちあがり早々に失点し、その後ラリベイ選手がペナルティアリア内で倒されてPKを獲得しました。当然ラリベイ選手が蹴ると思ったのですが(船山選手が譲ってくれと言ったんじゃないかと思います。)船山選手がしっかり決めて1-1の同点に追いつきました。

船山選手はJリーグ出場200試合記念の表彰が有りましたので蹴らせて貰えたのでしょう。若狭選手もJリーグ100試合出場記念の表彰でしたが、ベンチ外でした。まだ治って無いのでしょうか。

他のチームでは全治6か月という選手もいるようですが、どの選手も怪我なく無事に元気にと願わずにはいられません。

大きな怪我は、選手生命にもかかわりますからね。

次もフクアリです。

1

勝利を期待しています(^^♪

追記

試合前に知り合いの山形サポさんと談笑していた時に、優也選手・比嘉選手・DOさん3人の覆面さん(仮面さん?)と遭遇しました。DOさんは下を向いて恥ずかしそうに笑いながら手を振って、、、もしかしてこの方たちは、、、、

より以前の記事一覧