2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー「サッカー」の記事

2022年11月21日 (月)

レジェンドたちのオシム監督追悼試合

改めて、オシム監督のご冥福をお祈りいたします。

楽しませてくれたレジェンドたち!

全てに、ありがとう!

長い待機列は、ここ(グラーツゲート)から入場します!

Img_0617

人が多くて正面から撮れなかった“オシムゲート”北側ホームゴール裏に入るゲートです。いつも必ずくぐる場所です。提案してくださった方そして実行してくださった神谷千葉市長ありがとうございます。

Photo_20221121104001 20_20221121104101 20_20221121104102

競技場です!(フクダ電子アリーナ)

Photo_20221121104901 Photo_20221121105001

試合前にレジェンドたちが子供たちと、、、、誰がどこにいるのか探すのに一苦労。

先発メンバー発表

Photo_20221121112301

大好きな選手達が集合、ピエロ役をかってくれる選手もいて、JEFレジェンドにゴールを決めさせようとしてくれるJapanレジェンド等々も、、、

Photo_20221121105201Thank-you

和気藹々ですが、JEFレジェンドには負傷者が多かったようです。

怪我をしないように、体を鍛えておいてください。皆さんありがとうございました。

ちばTVは録画しておいたのですが、DAZNそのままでした。(こちらもありがとうございました。)

オシムJapanの選手の皆さんは、現役を引退したばかりの選手も多く素晴らしい試合でした。憲剛選手も坪井選手もみんなみんな、流石にオシムさんに選ばれた選手達でした。全員知ってる選手だという安心感があったりして、こんなに楽しい試合はここ数年初めてでした。

山口智さんはJEFレジェンドには入ってないんですね。既にG大阪で名を馳せていたのでしょうか。湘南の監督として頑張る姿を応援させていただきます。大好きな選手でした。

そして、俊輔選手のプレーには常に期待が集まっていました。フリーキックの時は固唾をのんでみている感じが伝わってきていました。

私自身は、フクアリが完成して以来のJEFサポですから今ほどJEFに熱を入れて観ていた訳ではありませんので、馴染みが深いのはOSIMJ APANの選手達ですね。(JEFサポの皆さんすみません。)

只々、とっても、楽しい時間でした。感謝の気持ちでいっぱいになりました。

闘莉王選手!勇人選手と二人の演技?笑わせていただきました。お疲れさまでした。ありがとうございました。あなたがMIPでした。

OSIM JAPANの選手の皆さんが、場内を回って下さりながらできるだけ客席の私たちに視線を向けて下さろうとする姿に感動しました。流石に元代表だと思いました。サポーターの気持ちが分かっています。

ありがとうございました。皆様のこれからのご活躍を楽しみにさせていただきます。

オシムさん、皆さんを見守ってください。

永遠(とわ)なる絆を!

(フクアリに隣接する工場です。ユナパからも。)

20_2022112111430120_20221121114501

そして我が家からも(距離はあります)

20_20221121114701

 

 

2022年11月12日 (土)

練習最終日 ユナパに行ってきました。

Img_046120 Img_046220

練習見学最終日

選手・スタッフ混合、チーム対抗ゲームは楽しかったですねぇ!

1時間くらいでしたけど、久しぶりに笑い声を聞きました。川又選手の「俺だ!俺だ!」と言いながらボールに向かっていく姿が一番でしたね。チームを仕切っていましたし、高い位置でボールを弾き返す豪快さ、ここ2年も、どうしてピッチに立てなかったんだろうと思うとちょっと悔しいです。実力のある選手なのに本当に残念です。

ビブスの色でグループ分けをしてのゲームでしたけど、見木選手と米倉選手は(足元が)「上手いなあ」と思わず声に出してしまいました。ボール2個を小さな障害物を回ってくねくねと往復するゲームでした。(たまたま見てた選手が二人だったという事ですが、ソロ君とブワちゃんはもう少し頑張りましょう!)

ピンクのビブスは最下位かな?また、ピンク!と思いながら応援していました。何度目かの敗北の後、最終走者のゴール直後にみんな倒れ込みました。(ガンバレソロ君!)

Img_0575

それよりも何よりも、川又選手の明るさは最高です!

次のシーズンで実力を出して欲しいのだけれど、、、、

そして、秀仁選手は素晴らしい選手だと思っていましたので、残念です。秀仁選手の実力を発揮できるチームはあるはずだと思っています。鳥栖で活躍している堀米選手のようにです!

それから、「秀仁選手!coffee買ってますよ!後継者は?」

今日は最終日ではありましたけど、ファンサはないと思っていましたので何も持たずに行きました。でもユニを持って来た方は何人もいらしてたのですね!

最後の最後に「そっちに行くから。」と見学席に向かって川又選手が声を出した時、どういう意味だろうと思いました。

最前列で川又選手のユニを持っていた方があって、金網越しにサインをしてくださっていました。金網を挟んで写真撮影もしてくださっていました。

何人かの方が「小島選手!」と声をかけると、川又選手が「秀仁!」と呼んでくださいました。多くの方が小島秀仁選手の傍に行き金網越しですが、サインや写真を撮っていました。

こういうことが普通にできなかったコロナ禍でした。川又選手ありがとう!

友人が二人、見木選手の大ファンで、ランニングを始めた見木選手を金網越しに呼び止めて気持ちを伝えていました。大学生の時からのファンという事で観戦した試合のことを事細かく話していましたし、見木選手の方からいつも掲げているゲーフラのことを話され「話ができてうれしい。」と感激していました。

その光景を見ていて嬉しくなりましたが、気づけば、、、余りに熱い友人達だったので、私にもお聞きしたいことがあったのですが、そのことさえ忘れていました。

そして今日18時、見木友哉選手の契約更新が発表されました。

まるで、友人たちへのご褒美のようでした。

早速二人に、“見木君の契約更新おめでとう!”とLINEを送りました。

“ありがとう(笑顔の顔文字)見木君が一番とは嬉しいよ😂”と返信が来ました。

熱い気持ちが報われたようで“嬉しい第一報”でした。

キャップテンの挨拶もあり、今日が最終日だと言われ、ものすごい淋しさに襲われていたところでしたが“嬉しい一報”が届いたおかげで気分が晴れやかになりました。

来シーズンは、見木選手の年となりますように!そしてJEFのシーズンとなりますように!

次は、誰かな~~契約更新をまってま~す!

 

2022年10月23日 (日)

尹晶煥監督感謝ハムニダ!

はじめに

工藤壮人選手のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

若い方の訃報を耳にすると、心が張り裂けそうな悲しみに襲われます。柏の選手としての活躍がずっとずっと心に残っています。ショックすぎます。どうぞ安らかにおやすみください。

JEFとしてはコロナに振り回され、負傷者続出のシーズンが終わりました。

怒涛のシーズンでした。

山口戦の前半を観た限りでは、気が緩み過ぎているのかと感じるくらいでした。早々にあっさりと先制され、尹晶煥監督に花道を作って差し上げられないのかとやるせない気持ちでした。ここでJEFを去る選手もいるでしょうから、勝って終わりにして欲しいと思っていました。

後半は、だんだんと自分たちのリズムを取り戻したのかプレーに気持ちが入ってきました。

57分、CKのこぼれ球に反応した高木選手が自信をもってシュートを放つとGKを避けるようにゴールネットを揺らしました。解説の中島さんが思わず声をあげるような素晴らしいコースでした。別のカメラ?で見ると相手に当たって方向が変わっていました。(スロー再生でした。)

それから5分後でした。

相手の横パスに反応した一耀選手が、カメラには映らないところから駆け上がってきていました。ボールを奪取しそのまま持ち上がってゴール!勝ち越しました。CBのプレイヤーですがJEFの最多得点選手です。来シーズンは、FWの選手が活躍しないとまた今年の二の舞になります。

1点リードのままロングホイッスルが鳴って欲しいと思っていました。追いつかれないで欲しいと思っていました。

何しろ山瀬選手が入ってきていましたので、恐怖を覚えていました。

それが、アディショナルタイムに入っていました。相手のスローイングからこぼれ球をロペス選手が拾いバイタルエリア内から出したボールを福満選手が低いシュート気味のクロスを出すと、ブワニカ選手が体を投げ出すようにしてGOAL!3点目でした!

素晴らしい逆転劇を演じてくれました。

その時の尹さんは、全身で喜びを現わしていました。あんなに喜んでいる尹さん、初めて見ました。

尹監督さん、3年間本当にありがとうございました。(尹晶煥カンドク ニム サムニョン チョンマルロ カムサトリニムニダ)

ホームセレモニーでご挨拶をお聞きしたかったです。

20_20221023230501

 

 

 

2022年10月17日 (月)

ホーム最終戦の感動と寂しさ

琉球戦が今シーズンホーム最終戦となりました。

毎回のように最下位チームに敗れてはショックを受け続けたシーズンでした。今節も、気持ちの問題で勝利を勝ち取れるかどうか?その点が戦う選手たちを信用できるかどうか私の心構えの問題でもありました。フクアリで何度も期待を裏切られたシーズンでしたから。

今節も声出しエリアから観戦しました。たまたま知り合いの方と隣り合わせになりましたが、その方は声出し席であろうと自由席であろうと不思議にいつも同じ席で観戦されています。

そんな力が秘められていたら、幸せですね。

琉球戦での楽しみは、元JEFの選手の活躍でもあったのですが清武選手も金井選手もベンチにすらいませんでした。この2選手にアウェイで決められた苦い思い出がりましたので、目の前でのリベンジを現JEF選手に叶えて欲しいという思いもありました。(二人は如何したのかな?)

前半戦は、なかなか琉球の守りを崩すことはできず、17分には素晴らしいクロスをあげられ野田選手が見事にゴールを決め、先制されました。その直後に、足(膝?)を痛めていた米倉選手がピッチを去り長期離脱から帰ってきた末吉塁選手が入りました。

米倉選手は、古傷のメンテナンスに通っていると聞いたばかりでした。いつも全力で戦う姿が大好きですし、怪我を抱えながらもJ1に進むことを目標に努力する姿に感銘さえ覚えます。

ピッチに戻ってきた末吉選手のスピードも魅力です。

その後も、なかなか攻撃が嵌りませんでした。

そしてアディショナルタイムに入りました。

田邉選手がギアチェンジしたように、持ち前のドリブル・スピードを生かし相手陣地に切り込み高木選手にクロスを入れると、後ろを向いて優しいパスをアンドリュー選手に供給!力まず落ち着いてボールを右隅に流し込みました。高木選手の上手さも光りました。

同点です!

アンドリュー選手のゴールは加入直後にこのフクアリで観て以来だと思います。前目の選手でしたよね!いつも、パスしないでシュート狙っても良いのにと思っていました。

後半、前半と変わってJEFが主導権を握り始めていました。

なかなか交代の発動をしない尹晶煥監督でしたが、交代も幾分早めが多かったように思います。

田口選手が退いたときは「えっ!」、、、でも小林選手も良い選手ですからね!OK!と勝手に切り替えました。

そして86分

琉球のCKをクリアしたボールをチャンミング選手が大きく前方に蹴りだすとチアゴ選手が独走を始めました。でも、ごめんなさい。期待してませんでした。

チアゴ選手は落ち着いてGKとの対決に勝ちました。決勝点でした。後方でアンドリュー選手が膝をついているのが目に入りました。ほっとしたのでしょうか。その後チアゴ選手に笑顔で近づいて行きました。

Winner_20221017104701

ホーム最終節は勝利を収めましたが、今年もプレーオフにも進出できませんでした。

尹晶煥監督に、サポさんが感謝の言葉と共に韓国国旗を渡していました。その国旗を両手に持ちメインスタンドに向かう尹晶煥監督です。

Photo_20221017104801

山口戦も勝利をお願いします!

ピッチに集まった選手と家族の皆さんです。いつもの最終節に見る光景です。自由過ぎる小さいお子さんたちが可愛い。

Photo_20221017105301

フクアリを写すのは何年ぶりでしょう!美しく感じます

20_20221017105601

セレモニーでは、森本航社長がもう少し時間をください。と言われました。

私たちは、毎年毎年 建て直して出発するのを期待させられています。

代々の社長が思っているもう少しとは、どれくらいの年月なのですか?

もう少しと言う言葉を聞いた時、私自身の感覚では「ちょっとの間で良いのね。」と。「あっ、違う」と思い苦笑いしてしまいました。

社長の“もう少し”は経営者の専門用語に近いものがあるのか、感覚が追いつきません。

もう少しが、早14年へ!

2022年10月14日 (金)

2023シーズンシート早くも更新してしまいました!公開練習も今シーズン初めて!

友人から練習見学再開になりますね。とLINEが届きました。公開日の前日のことでした。

シーズンシート購入、声出しエリアは先着順、12JEFは10時から、と細かい連絡が来ました。

まだ、シーズンシート継続案内も届いてなかったし、そんなに早く更新しようとは思ってない時でした。

“練習見学は行きたいけど、まだ申込案内届いてないの。”

と言う私に、届いてないけど継続の人はできるみたい。と再度連絡がありました。私もHPで12JEFに申込書が置いてあることを確認しましたので、翌日ユナパでお会いする約束をしました。

個人的な事情もあったので、10時頃を目指していくことにしました。

ちょうどこの日、朝刊を取りに行くと一緒にJEFからの封書も入っていました。

素晴らしいタイミングです。

そして

"今、電車に乗りました。"と連絡するつもりでスマホを見ると“見る気満々でもう着いてます。ピッチBです。”友人からでした。

早い!

私とは気持ちの入り方が違いました。

何故そこまで温度差があるのか不思議でしたが、考えてみると友人はあの秋田戦を観てなかったのです。

あのショックを受けてなかったのです。

ただ、私もいずれ継続するつもりでしたので・・・・

公開練習では、篠原友哉選手が気になりました。友人の隣にいた青年も「上手い!」と思わず声を出していました。

出場を待ち望んでいた篠原友哉選手でしたが、今まで負傷してたのでしょうか。

次のホーム最終戦は、出場可能なのでしょうか。フクアリで躍動する篠原選手を応援出来たら嬉しいです。

今シーズンは、負傷者が多く本当に残念で仕方がありません。

この日の選手達は、全体練習が終わると夫々でした。

クールダウンする選手、そのまま建物の中へと消えてゆく選手、即居残り練習(西久保選手)をしたりとルーティーンや自身の体調に合わせてのやり方なのでしょう。

実は、この日の朝刊にしばらく目にしてなかった“フロムジェフ”が掲載されていました。西久保駿介選手の記事でした。

”自信のあるプレーは空中戦です。ヘディングではジャンプ力とタイミングで競り勝ちボールを跳ね返せるのが強みです。”

“監督からは、縦への推進力とクロスでのチャンスメイクを求められています。練習後にチームメイトに協力してもらい、どんな態勢でも狙った位置にクロスをあげられるように練習を重ねています。”

正に"フロムジェフ"掲載そのままでした。

"ロングスローは挑戦してみたら意外と飛距離が出ました。"という事です。

先輩ばかりの環境で試合に出続けていることで、成長を実感しているそうです。そして、シーズンオフにはプロで戦える体を作るために体重を増やす予定だそうです。

とっても楽しみな選手です!

練習場を後にするとき、大久保裕樹さんが他のスタッフさんと一緒に見送ってくださっていました。良く気が付く友人が「大久保さんが居る。」と言われたので私も気が付きました。会釈をすると他のスタッフさんからちょっと離れて私たちの後ろまで出てきて頭を下げてくださいました。

わざわざすみません。と言った気持になりました。大久保さんもロングスローの得意な選手でした。

それから12JEFに行き【シーズンシートの継続更新+声出しエリア】の申し込みをしました。声出しエリアは自由席でした。

指定席は暑くても逃げ出せませんでしたので、自由に選べる声出しエリアでほっとしました。新井一耀選手が表紙のサイン入りunitedがまだ少し残っていたので、これも買って帰りました。一耀選手の今シーズンの活躍は素晴らしいですね!

琉球戦は、声出しエリア2階席で応援します。楽しめれば嬉しいです。

選手の皆さんと一体となって頑張りましょう!

 

 

 

2022年10月 9日 (日)

こんな負け方したの!

秋田まで行かれたサポーターの皆様、ありがとうございました。お疲れさまでした。

秋田とは、ホームでのことがあったので何としても勝ってフクアリに戻って欲しかったのです。あの時負傷した壱晟君は、長期離脱をせざるを得ない状態になり戻って来ても負傷以前の状態には戻っていません。秋田と言うチームは、私には思い入れのあるチームだったので残念で仕方がないのです。

それはともあれ、負けるにしても0-3とは、がっかりにもほどがあるというものです。

JEFは、堅守ですか!

嘘ですよね!

全くゴールネットを揺らせず、これでもまだPO圏内が狙えるというのも凄いJ2ですね。

今回の完敗状態は、まるで砂上の楼閣そのものを見せつけられたような気分です。

今シーズンは、勝たなければならない試合をすべて落としているように感じています。2点目を取られた直後に、横浜Fマリノスの試合をみると0-3になっていて「えっ!マリノスがG大阪に負けてる!?」3点目はオフサイドか何かで取り消されたようでしたが、JEFの試合に戻すとこっちが0-3になっていて幻を見ていたような気がしました。

「嘘でしょ!」

瞬く間に0-3になっていて脱力感に襲われました。

シーズン終盤になっても、攻撃の構築が出来上がっていないとは!コーチの能力が不足しているのか選手たちに呑み込む力がないのか?両方なのか。

きれいごとは別とすると、サッカーはゴールが全てでしょう!

応援してるチームにゴールがないとがっかり感が半端ないのですよ、選手の皆さん!

ネットを揺らしてサポーターに元気をください。

ホームでも勝てないチームには、応援は力になっていないのでしょうけど、観客席からは応援することしかできないのです。

手が痛くなるほど拍手を送っても、声出しエリアでジリジリと太陽に焼かれながら声援を送っても、それ以上のことは何もできません。戦うのは選手の皆さんなのです。

せめて、残りの試合ではゴールを見せてください。

オシムさんと同い年のSさんから試合後にLINEが届きました。

“情けないですね。疲れました。上がれないうちに私が↑行っちゃいます。毎年今年こそと期待してきました。”

”来年はどうしよう”

Sさんだけではありません。本当に、歳を追うごとに切実になってきます。

“オシムさんの追悼試合は行こうと思っています。”

そう結ばれていました。JEFに活気があった時代の選手たちを観たいそうです。

お会いできることを楽しみにしていますし、まだまだお元気そうですから「来シーズンも応援しましょう」とお誘いしたいと思います。

私も、こんな情けない気持ちのままJEFの応援は諦められません。たぶんSさんも同じ気持だろうと思っています。

ホーム最終節は、なんとしても勝利で終わらせて欲しいと思っています。

今在籍している選手で戦うのは最後です。

もう一度、サポーターがフクアリに足を運ぶような試合を見せてください。

応援も頑張ります。

WIN BY ALL!

 

2022年10月 2日 (日)

水戸戦は勝てる試合ではなかったけれど、1チャンスをものにしてくれました!

DAZN観戦は今日も一人!

2年くらい前に描いた絵を布プリして、名前と番号は油性マーカーで描いてピアノの上に3枚並べ、気持ちはケーズデンキスタジアム!

Photo_20221002195001

何しろ、田口選手にアンドリュー選手に米倉選手と思いもよらない先発メンバーでしたので“勝てるぞ!”と言う思いがありました。

それは、私の精神安定剤のような3人が先発なのですから。

それが、始まってみると観戦するだけで苦痛と忍耐の時間が殆どでした。

観ていて全く勝利と言う言葉が出ないほど、攻撃に行けてません。

こんな試合しかできないの?

章太選手の活躍が目まぐるしく、何度助けられていたか!

ため息が出ました。

勝機は水戸にあったと思っています。

それが、ロペス選手が入り足元のボールを米倉選手に送ると全力疾走する米倉選手!

「ヨネ君負けないで!」声を出しての一人応援でした。

いつもいつも全力を出し切って戦う米倉選手!懸命に走りこんで倒されてPKを獲得しました。

ソロモン選手が “PKには自信がある”と言ってましたので「ソロモン君撃って!」と念じていました。願い通りソロモン選手がボールを前に立ちました。方向は読まれていたようでしたが、きっちりと決めてくれました。

ゴールを決め、そのままベンチの選手たちの元に走り寄る姿に感動!

この1点が勝利を決めました。

たった一度のチャンスだったかもしれません。

何とか勝った、そんな思いです。

試合後、解説者の方が「守備のチームが勝つパターンですね。」と言われました。勝てばそれでも嬉しいのです。

今日も、暑いスタジアムでの声出し応援はきつかったと思います。

お疲れさまでした。そしてありがとうございました。

千葉好男さんが「田邉選手にこのままJEFに残ってください。」とお伝えされたようです。

是非是非JEFへ!

 

2022年9月26日 (月)

ジリジリと暑いホームゴール裏で決定機を外したボールを仰ぐ

暑い日でした。

声出しエリアの4列目!ジリジリとした日差しに逃げだしたくなりました。暑い!とにかく熱い?

Photo_20220926091201

周りから聞こえるマスク越しの歌声がこもって聞こえていました。“如何しよう、このまま留まるか?移動したい!もし倒れたら周りに迷惑がかかる。”ずっとそう思いながら留まっていました。

大旗が揺れ動き、時折風が背中を通り過ぎ、周りの大きい人が立つと日陰ができ、そのお陰で最後まで頑張れた感じがしました。

事なきを得ていますが我慢し過ぎて倒れることを第一に考えて、本当は留まるべきではなかったかなと反省しています。(歳が歳ですから)

友人は私の2列後ろにいましたが、逃げ出しました。それが賢い人の行動です。

ハーフタイムには、飲料水の自販機前には長い列ができていました。皆さんもかなり暑さを感じていたのだと思います。以前はペットボトルは1本しか持って入れないと勝手に思っていましたが、数本持って荷物検査を通過していた方を見てからは、必ず2本持って入場しています。

試合は、散々でした。

熊本の守護神、佐藤優也選手が伸び伸びとプレーしていました。

JEF在籍中は、章太選手に一歩出遅れて守護神の座を明け渡してしまいましたし、ベンチでイエローを提示された後はベンチ外になりました。とっても残念に思っていましたが、熊本で守護神として自信をつけている様子をまざまざと見せつけられました。

友人は優也選手の大フアンです。

その彼女が“優也さんの良く見える場所に移った”と連絡をよこした時に、そんなJEFサポがいるという事は“負ける?”と嫌な予感がしました。

実際に負けました。

またまた目の前で、レオンソ選手が決定機を大きく外したボールを仰ぐことになりましたし、やりきれない気持ちになりました。

頑張っている選手も目にはするのですが、ボール運びがいつも同じでいつも同じ場所からチャンスを作れず、ハイそれまで!

何度同じことをするのか、他に手立てはないのか、なぜそうなるのか、、、、

選手達は、監督と略同時期に契約終了を言い渡されている者がいるのか?そう感じました。

ソロモン選手は、ワントップとしてボールの落下地点にきちんと入れているのか?いないだろうと感じていました。その上味方のいる場所に落とせていないし、、、、まだまだ、まだまだです!

それから、レオンソ選手をまだ使うのか?選手たちは彼にボールを渡したくないように見えました。信用されてないと思って観ていました。

ブワニカ選手はいい感じに入りましたが、相手との競り合いの中で倒れました。米倉選手が医療スタッフを呼んでいました。手は動いているようでしたが起き上がりません。しばらくしてピッチ外でスタッフが片足立ちを何度か試みさせてピッチに戻しました。が、きちんと片足立ちはできていないと思って見ていました。ピッチに戻すの?と思いました。

やはり案じた通りでした。自分から倒れこみました。フクアリにいた全員が心配していたと思います。

試合終了後、ミクスゾーンで普通にインタビューに答えていたそうですが、、、

大事な選手を大切にして欲しいです。

JEFは、チームとして大丈夫ですか?

一致団結できていますか?

選手入場時にアメグレを声に出して歌えましたが、胸が詰まりました。

勝ちたかった!

JEFで初めて友達になったHさんに会えたのは何年振りだったでしょう。医療従事者ですからフクアリのような場所に来ることは殆どありません。まだコロナが収まっていませんので、次は多分4月ごろになるかもしれないと言われました。

親族のことでいろいろアドバイスやらなにやら頂きましたし、相談に乗っていただくことがまだあると思います。夫の親族には医療従事者が数多くいますが近くにはいませんので、彼女がJEF友でいてくれたことが幸せです。以前は学生時代の友人のことでもお世話になりました。

JEF友に感謝です。

試合も残り少なくなりました。

フクアリは、琉球戦のみとなります。

琉球戦は2階席を選ぶことができました。最後も声出しエリアで応援します。

熊本戦の入場者数が伸びませんでした。勝たないとサポーターも来てくれません。ファンは増えません。声出しエリアの残席が当日に68席あるというツイッターを見ました。シーズンシートユーザーにもそっぽを向かれたのですか?

選手の皆さん!私たちと頑張りましょう!

 

 

2022年9月19日 (月)

アメグレが響くNDスタジアム!現時点でのベストメンバーで完敗。

“アウェイのDNスタジアムでアメグレが響いている!”それだけで胸にグッとくるものがありました。

最後までJEFサポさん達の歌声は、耳に届いてきていました。試合には負けましたけど、サポターとしては最高の雰囲気を作ってくださっていたと思います。

ありがとうございました。

この日も、負傷離脱者はまだまだ戻って来ていませんが、それでもアンドリュー選手がピッチに戻っていました。

最強の2ボランチが、上手く機能して攻撃に持っていけるか!期待はありました。

DAZNの解説者は、山形の強さを強調していました。監督二年目の手腕によるものなのか、選手たちの呑み込みが良いのかはわかりません。

チームの仕上がりを褒めていました。身内贔屓したいところですが、決定機を何度も外すベテランFWには不安しかありませんでした。

キックオフ後しばらくは、やって行けそうだと思って観ていましたが、思いがけずにあっという間に崩されて失点してしまいました。

まだ十分時間はあると思っていました。

そんな中で田邉選手が負傷交代となりました。腰を痛めたようでした。軽症であって欲しいと祈るばかりです。

その後、前半終了間際にキーパーの章太選手が倒れてなかなか起き上がりません。心配は膨らみましたが、立ち上がってくれました。

後半に入って、尹晶煥監督にしては早めの4枚替えをしてきました。初めてのことだったかもしれません。

西久保、秋山、高木、ソロモンの4選手に代わって、米倉、リカルド、ブワニカ、チアゴの各選手が入りました。

米倉選手が入って、個人的には期待できました。取り返して欲しいと思いましたが、やはり不安は的中してまたまたベテランFWのへっぽこさが浮き彫りになりました。この選手を出すなら負けることも覚悟で高校生FWをベンチに入れて欲しいと思うくらいです。PKを外したり決定機を外したり何のために連れてきた助っ人でしょうか!残念で仕方がありません。

残りの5試合は、ホームで2試合あります。私は声出しエリアで応援したいと思います。たまたま友人と近い場所の指定席になりましたが、声出しエリアでは仲間と近くでできないから申し込まないという方が何人かいらっしゃいました。

多くの方に声出しアリアで応援して欲しいと思います。声出しエリアの近くに陣取って間違って声を出さないようにお願いします。(笑)

熊本には勝ちましょう!

優也選手に止められないように応援しましょう!

 

 

 

2022年9月14日 (水)

岩手に勝利!田口選手の気迫が凄かった!

凌いで凌いで勝ち取ったゲームでした。集中力と気持ちが勝ったのか実力が勝っていたのか、苦しい試合をよく勝ち切ってくれたと思います。

前半4分相手のハンドからPKを獲得し、ソロモン選手が左上隅に突き刺し先制点を叩き出したものの、30分には見事な崩しから振出しに戻されてしまいました。以降はヒヤヒヤの連続でした。押されっぱなしの試合でした。

解説の柱谷哲二さんに、JEFの選手は体が重いしアフターにいってると言われながらも耐え抜いた試合でした。

(元JEF)中村太亮選手の正確なCKやFKが恐怖でした。危ないシーンが何度もありました。フクアリでは太亮選手の見事なアシストにやられたことが鮮明に浮かんできました。

これが決められたら、見ていられないかも、、、それに疲れている選手の交代が遅すぎるし、耐えて欲しい、頑張って欲しい、早く交代させて欲しい、祈るような気持ちと言うよりも生きた心地がしませんでした。

ソロモン選手が倒れている、もう観るの止めようか、メンタルがやられそう。そう思っていた矢先でした。

そのソロモン選手が戻り、ボールが見木選手からソロモン選手へそして西久保選手に、西久保選手がクロスを上げた先には田口選手が走りこんでいました。高く飛びヘッドでたたきつけた素晴らしいゴールでした。鬼気迫る迫真のゴールでした。起点も田口選手だったでしょうか。

ありがとうキャップテン!

今シーズン初めてのゴールだったのですね!

決して若くない田口選手が全精力を使って戦う姿を見ていて、ゴールした瞬間に涙が出ました。

美しい勝利でした。

Photo_20220914215801

選手の皆さんありがとう!

応援に駆けつけて下さった皆さんありがとうございました。

 

 

 

より以前の記事一覧