2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー「サッカー」の記事

2017年3月25日 (土)

“湘南”と言う山を越すことはできませんでした。(PC観戦)

J1リーグ第4節の甲府対大宮戦をDAZNで観戦した時に、JEFもJ1で戦えそうだと感じました。日本代表対UAE戦を観た時には、なんて巧い選手が多いんだろうと思いました。

JEF対松本戦もJEF対湘南戦も、欠点を突かれ続け誰もいないスペースにロングボールやミドルシュートを何本も放たれていました。松本に関してはむやみに放っている事が多かったと思いますけど、湘南はしっかりと狙ってミドルを打って来ていました。

優也選手がオチョクラレテいるようで、なんとも言えない歯がゆさを覚えました。

也真人選手のように相手のスペースを上手く消す作業をする選手が居なく、余裕のないプレーの連続でした。細かいミスも目立ちました。

全く楽しくありません。

ただ漫然とボールを回しているようで、挑戦する気持ちの見えない試合でした。単に私の感じ方なのかも知れませんけど。

湘南には、強い気持ちで何度もアタックする姿を見せていた選手がいました。

唯唯“良いなあ”と観てるだけでした。

各上のチームですから、全員が一致団結して挑まなければならないゲームでした。みんな頑張ってはいるのだと思いますけど、ボールをゴールに向かって運ぶことへの執念までにはなってなかったかなと思います。

這い上がる気持ちが一つにならないと次も勝てません。

頑張る気持ちが伝わる試合をして欲しいと思います。

全員が気持ちを一つにして戦っている時は、観客席から応援していても伝わって来るものですよね!

次はホームフクアリです。

WIN BY ALL!

追記:昨年から個人的に一押ししている真希選手がようやく出場!やっぱり頼れる選手でした。ホームでの出場も期待しています。

2017年3月19日 (日)

反町さんにだけは勝ちたかった。(PC観戦)

チクチクと刺すような“お口”を持っている反町さんにだけは負けないでほしかったですね。

1失点目はボールが外に出るだろうと考えたのか追うのを止めかけた時、松本の選手が猛スピードで走って来て難なくボールをゲットし、そこからゴールが生まれました。「最後までボールから目を離すな!」他の球技でしたが、私達はコーチからいつも言われていました。もったいない失点でした。

凸(・ω・怒)うぉぃこらぁぁぁ!! サッカーはちょっと油断したら生き馬の目を抜かれる位の覚悟でやりなさい!なんてフアンエスナイデルさんなら言いそうですけどね。(笑)

2点目3点目はセットプレーからの失点でした。

今年もセットプレーがJEFの穴ですか?

今日は、楽しいゲームではありませんでした。

也真人選手はベンチ外でしたね。

清武選手にはもっと早い時間から出て欲しいなあ。

この二人がいるとゴールの匂いがするんですけど、船山選手はラリベイ選手から譲ってもらったPKだけですしね、ゴールの匂いがしませんしね。

GOAL を沢山欲しいぞ!

走り切る湘南に、走り勝てるでしょうか? 次ですよ!つぎ!

大きなヤマです。越えましょう!

今日は体調不良の為にPCを消音にしての試合観戦でした。解説もアナウンサーさんの声も煩わしかったんです。ですからそこからの情報は一切ありません。すみません。

2017年3月11日 (土)

ウキウキワクワクホーム完封勝利(対名古屋)

3月11日

東日本大震災から6年。

JEF、名古屋の選手スタッフサポーター全員による黙祷が捧げられました。

お亡くなりになられた皆様のご冥福を改めてお祈り申し上げます。

未曾有の大震災からまだ立ち直れないまま次々と震災が日本列島を襲い続けています。

被災された方々の日常が早く取り戻せますように。政府には口だけでなく迅速に願いたいと思います。

選手による募金活動です。↓

Cimg8675

試合前の練習↓
Cimg8676_2

名古屋戦は、2-0の完封勝利でした。

Cimg8683

名古屋は寿人選手がキャップテン。

選手紹介時、JEF側からは拍手とブーが程よく混じりあった歓迎ぶりでした。私自身はJEF時代の寿人選手は知りませんので拍手、ツインズのアカデミー時代から見ていたSさんは「拍手なの?」とちょっと不満そうでした。

ベンチスタートの勇人選手は、最後までベンチで戦況を見守っていました。

JEFは也真人選手がキャップテンマークを捲いて、得点こそ有りませんでしたが攻守にわたっての活躍は、本当に素晴らしいものが有りました。

あちこちに顔を出して、ボールを奪い返えすし隙間に入り込めるしナイスプレーの連続でした。

いつの間にこんなところに!という早業プレーの多かった羽生選手を思い起こすこともありましたが、羽生選手いますね(笑)

57分、アンドリュー選手に代わって羽生選手が投入。

寿人選手は、前半早い時間に’寿人選手らしい’惜しいシュートがありましたが、不発のまま羽生選手と交代するように玉田選手と交代しピッチを去りました。残念、ツインズ対決はありませんでした。

まだ3試合ですが、選手達は難しい戦術を楽しむように吸収し始めています。

頼もしいですね。

球際でも強く球離れが早く、名古屋に完全に勝っていたと思います。

このワクワク感ウキウキ感がずーっと続きますように(^^♪

イエローの多さが気になりますし、要の選手が出場停止になった時が不安です。

今回は、DOさん負傷により不在でしたが、代わった選手が頑張って失点無く終わりました。後ろの選手が頑張ってくれるから前の選手も頑張れるんですね。

随分長い間見た事のなかったセットプレーからの得点には、嬉しい驚きが有りました。

船山選手がちょっこと触りサリーナス選手へ、そのコンビネーションFKに西野選手が競り勝ってゴール!

移籍後初ゴールでしょうか!

これまでは前半になかなか決めきれませんでしたが、念願のゴールが決まり、私だけでなく、たぶんみなさんホッとした部分があったと思います。

家を出る時夫が「名古屋は強いの?」と聞くので「優勝候補!」と応えると「強いところには勝てるよ。」と事も無げに言うので、そんな時代もあったなあ“勝つぞー!”と暗示をかけて出かけました。

アディショナルタイムに也真人選手の素晴らしいアシストで繋がったパスを、清武選手がきれいに流し込んで2得点目。

気持の良い試合でしたね。

楽しい試合は楽しいことだけ心に残りますね。

試合終了後↓

Cimg8684
Cimg8689
勝利のでんぐりは、慣れていないようです。

初めての選手も多かったかな?

でんぐりが上手くなるには沢山やる事ですね。

それには、ホーム勝利のみですよヽ(^o^)丿

Cimg8696
次はアウェイ二戦が続きますね。

このまま がんばれ!!

≪お知らせ!≫↓
今日は、‘世界自閉症啓発デー’と言う事でパンフレットとボールペンが配布されました。配布に慣れていないかたのようでした。なかなか渡すことができてないようでしたので、この日フクアリ応援に来れなかった友人たちの分もお願いして頂きました。

パンフレットに書かれている事を一部抜粋しておきます。

○ 思っている事を相手に分かり易く伝える事が難しい。

○ 一度にたくさんの事を言われると困ってしまいます。

○ 予定外の事が起こると、不安になってしまいます。

○ 聴覚過敏、知覚過敏により大きな声や音や匂い、急に触れられることが苦手です。

≪JOプロジェクト≫

「ジェフ応援プロジェクト」は、応援し応援される事の一つとして12JEFで

ちば自主製品(JO商品)の販売を3月4日からスタート!

ビーズブレスレット、ミサンガ、ストラップ等低価格で販売されているそうです。

応援しましょう!

2017年3月 4日 (土)

山形戦は引き分けでしたが、非常にアグレッシブで楽しい試合でした。

天候にも恵まれ、去年までは感じられなかった機敏な選手達を観られ、ドロー試合とは言え非常に楽しい試合でした。

ところで、ジェフィさんもユニティさんもいつもと同じだったですか?凸凹さ加減が緩和されたような?それからユニティさんはパンツのゴムが抜けそうでしたか?

なんかゆるりとした雰囲気でしたね。

今日は、フクアリ初戦とあって市原市長と千葉市長のご挨拶が有りました。

市原市長は、山形のチームが市原でキャンプを行っている事に触れられ非常に友好的な雰囲気を作って下さいました。

Cimg8593

千葉市長は、市長と言うよりもJEFの中の人のようなスピーチですね。身内を思いやって言葉を選んでいる様な、熱い気持ちを感じます。今年は、千葉市がホームタウンになって12年だそうですので、私のJEF歴も12年と言う事になります。

千葉市がJEFのホームタウンになって無かったら、私はどこのチームを応援するでもなくJEF友さん達と知り合う事も無く、単純にサッカーを楽しんでいただけだったと思います。

2
Cimg8590
JEF友の皆さんに感謝です。

今日のJEFの選手紹介は強烈でした。

顔ではなく≪目≫をアップするところから始まりました。

誰の目なの?→≪顔≫でした。

度肝を抜かれました。何方のアイディア?

そして今日の相手山形は、JEFでも指揮を執った経験のある木山監督でした。よくある事ですが、木山チームもコイントスでエンドチェンジを選びました。前半はJEFゴール裏の熱気を全面で受けたくなかったのかも知れません。

JEFの選手達は、非常に攻守の切り替えが早く≪ボールを奪えるチームになったなあ≫と感じました。アランダさんは、ボールの回収が上手い選手ではあるんですけど、今日も上手でしたね。見とれてしまいます。

そしてサリーナス選手もラリベイ選手も、南米3人組が揃って力を発揮する時が必ず来ると思いますが、とっても楽しみです。

そんな予感をさせる今日の試合だったと思います。

チームとしては、前半には何度もチャンスがありましたが、やはり決めきれなかった事が勝ち切れなかった事に繋がりましたね。

相手のGKのファインプレーも多々ありましたけど。

盛り上がっている時に決める事が出来ないと、今日のような結果になりますよね。

それから、優也選手はフィールドプレイヤーのように、スプリントの繰り返しが多くその上ミスもあるので、ドキドキでした。

結果としては、後半の立ちあがり早々に失点し、その後ラリベイ選手がペナルティアリア内で倒されてPKを獲得しました。当然ラリベイ選手が蹴ると思ったのですが(船山選手が譲ってくれと言ったんじゃないかと思います。)船山選手がしっかり決めて1-1の同点に追いつきました。

船山選手はJリーグ出場200試合記念の表彰が有りましたので蹴らせて貰えたのでしょう。若狭選手もJリーグ100試合出場記念の表彰でしたが、ベンチ外でした。まだ治って無いのでしょうか。

他のチームでは全治6か月という選手もいるようですが、どの選手も怪我なく無事に元気にと願わずにはいられません。

大きな怪我は、選手生命にもかかわりますからね。

次もフクアリです。

1

勝利を期待しています(^^♪

追記

試合前に知り合いの山形サポさんと談笑していた時に、優也選手・比嘉選手・DOさん3人の覆面さん(仮面さん?)と遭遇しました。DOさんは下を向いて恥ずかしそうに笑いながら手を振って、、、もしかしてこの方たちは、、、、

2017年2月26日 (日)

“10番”に相応しい選手になり始めている也真人選手(PC観戦)

JEFのリーグ前の試合を観た限りでは、私には不安しか残りませんでした。

町田ゼルビアの選手達は、JEFには勝てると踏んで戦いを挑んでくるだろうナと思っていました。

が、リーグ初戦のプレビューコメントを読んで、どの選手も自信満々に感じました。

ほんとに自信を持っているようだと思いました。

そして、それを裏付けするようにJEFが勝利したのです。

思いがけず、素晴らしいプレゼントを頂いた気分でした。

リーグ初勝利はいつになるだろうと思っていましたので、勝ってちょっと驚きました。

ごめんなさい。ありがとう(^^♪ 

しかしですね、始まって5分で早くも多々良選手がイエローを提示され、最終的には清武選手・也真人選手・オリベイ選手と4枚も貰っていました。

イエロー!何とかなりませんかね。毎年毎年感じるイエローカードの恐怖。

第一節で、既に4枚です。

それでも今日の試合は、非常に楽しかったですね!

素人の私が言うのも何でございますが、選手の並びは最高でしたね。

アンカーのアランダ選手を挟んで、サリーナス選手と北爪選手。

その前に也真人選手と壱晟選手、トップに清武選手と船山選手。

献身的に走る選手が揃いました。

楽しかったですね。

走り切る選手達を見て、夏場に強くなるように鍛えて欲しいなと思いました。

最初から積極的に攻撃を仕掛ける選手達を観て、高い最終ラインが全く気になりませんでした。不安も感じませんでした。が、町田もラインを高くして戦いを挑んで来ていたんですね。

そう言う場合は、最後には体力勝負になるのでしょうか?ショートカウンターの応酬と言う時間帯もありましたしね。だからこそ、自分たちが攻め込んでる良い時間帯に得点して欲しかったですね。

勝ちましたけど。

ゴールを決めた也真人選手は、既に10番の風格が備わって来ているようでした。

それに、船山選手、清武選手、北爪選手、也真人選手の呼吸が合い始めていますね。

ゴールに関しては、也真人選手が北爪選手からのボールを受けた時には、GKと3人のDFが立ちはだかっていました。切り替えして3人のDFの間を通して冷静にゴールを決めました。落ち着いていましたね。

1-0の最少得点差でしたけど、アウェイで勝ち点3を獲得しました。(^^♪

DF陣は、ラインコントロールを頑張ってより多くのオフサイドを取りました。

クロスの不正確さもありましたが今までで一番楽しい試合でした。

勝ったと言うだけで、私は弱点を見なくなっています(笑)。次節まで幸せ気分を楽しみたいと思います。

船山選手も壱晟選手も足を攣ってしまったようですね。

その後が心配なんですけど、きちんとリカバリーをして次に備えて欲しいですね。

壱晟選手は3月1日が高校の卒業式のようですから、笑顔でクラスメイトに会えますね。高卒新人とは思えない活躍でした。青森山田が全国優勝した試合をTVで観ましたけど、その時と全く同じでした。素晴らしい選手ですね。

フクアリでは、もう一人の新人溝渕選手の活躍を期待したいと思います。

頑張りましょう!

*ご報告

DAZNは4回固まりました。試合開始前2回、開始間もなく清武選手のセットプレー直前(観てないのでたぶん清武選手のセットプレー)の時、試合終了後の也真人選手のヒーローインタビューの4回です。その度に別ウィンドウを開いて見ましたので、固まってた時間は見れませんでした。でも画像はスカパーよりきれいですし、プレシーズンマッチでは、普通に観戦できていました。

2017年2月18日 (土)

sc相模原とのTGは躍動感なくスコアレスドロー

入場者数が3780人とかでしたね。

試合前に深井正樹普及コーチ就任のご挨拶が有りました。

Cimg8549
JEFサポには「ただいま」と言ってくださいましたので「お帰りなさい」と。

JEFの為に良い選手を育ててトップにあげて欲しいと思います。よろしくお願いします。ご両親様とお嬢様でしょうか?花束の贈呈が有りました。セレモニーをして欲しいと思っていましたけどフクアリでご挨拶が聞けて嬉しいですね。

Cimg8528
Cimg8527

コーナー付近には、ケンペス選手の横断幕も張り出されていました。

Cimg8534
オブリガード ケンペス。

穏やかな笑顔の心優しいケンペス選手でした。

それから

今年の横断幕は“パシオン”に象徴されるのでしょうね。

前半戦はゴール裏は、少人数で頑張って下さっていましたが、後半戦が始まるとメイン席側から移動された方達だったのでしょうか。一階席はだいぶ埋まっていました。

開始前のゴール裏です。↓

1
アップ中の二人

かなりのピンボケですが何だか≪似ている≫↓

2

試合の感想

ラインの高さは柏戦と同じで高く高く高い。

今日のGKは優也選手でした。

選手交代は、“何人でも”と言った状態でした。

DOさんがサイドバックでCBにいたのは多々良選手。このポジションは初めてでしょうか。でも、DOさんのサイドバックも良い感じですね。柏戦で足を攣った両選手は出場が無かったと思います。

イジュヨン選手は、体の強さが武器ですか?技術は、、、分かりません。

北爪選手は、足の速さは魅力的なのですがクロスの精度を上げないとなかなかゴールが遠いですね。溝渕選手の方に分があるように思います。共に良い刺激となってレベルアップに繋がれば良いなあと思います。

真希選手も良かったとは思いますが、交代した壱晟選手は希望の星になってくれそうな気配がします。

頑張れ新人!

全体に攻撃に関しては、、、、?

パスを繋げてもゴールまでが遠すぎました。

也真人選手は、気が付いたらずいぶん後方でボールを受けたりしていましたので、攻撃手としては目立ちませんでした。攻撃で躍動する事が大きな使命のように思うのですが。それが彼の特徴ですよね。

チャントは、深井選手からのバトンタッチでポパイの曲に変更されたようです。この引継ぎは素晴らしいですね。今までのチャントが今一馴染みませんでしたからgoodchoiceですね(^^♪

チームとしては、ゴールめがけてのシュートが少なすぎましたね。

面白みのない試合でした。

90分近くなってずらりと7名位の選手がピッチサイドに並んで、如何したんだろうと思ったら交代でした。誰がどこでプレーしているのか?私の中では消化しきれなくなっていました。それでも(外しましたけど)勇人選手と阿部翔選手がミドルシュートを打って、短い時間でも何とか雰囲気を変えようとしていたのが印象的でした。さすがベテラン選手です。

でも、このままではリーグ何試合目に勝利できるかなあ?とフクアリの空を見上げてため息が出ました。

スコアレスでは厳しいですね!

「シュート打って!ゴール決めて!」と声を掛けてしまいました。

Cimg8554
帰りは、階段下出口でスタッフさんがいつものようにお見送り。

「3月4日も是非お越しください。」と声を掛けていましたが、「来ますけど、、、。」と小さい声で独り言のように言って通り過ぎました。ご一緒したSさんも「来ますけど、、、。」と力なく言って通り過ぎていました。Sさんのお連れの方は、私達二人を見て小さく笑っていました。思う事は同じだったようです。(苦笑い)

初戦 勝利できるかな?

勝って欲しいな。

がんばれ!

2017年2月11日 (土)

ちばぎんカップ0-2で得点無し(TV観戦)

3-0と言う出来過ぎだった去年のちばぎんカップがあって、今年は0-2の無得点のちばぎんカップと言う結果ですが、柏からすれば勝って当然の試合だったのかも知れません。

チームとして良かったのは前半の15分ほどで、時間が進むほどにシュート数に差が出てきたように思います。

相変わらずアランダさんの素晴らしさが際立ち、清武選手の負けない強さが目立ち、NewYearcupで観たサリーナス選手の良さはそのままでした。期待しても良いですね。熊谷選手もバックパスでミスした以外は素晴らしい選手だと思っていましたけど、怪我ですか?シーズン初めには間に合わせて活躍して欲しいです。

唯、最終ラインに陣取る選手達の負担の大きさですが、何か手を打って欲しいと感じました。

3バックの両サイドが脚を攣って離脱するのを見ると“難儀な事だ”と溜息がでました。そこまで二人だけに頑張らせてはいけないんじゃないかな?

DF陣の負担の軽減がないと怪我人が続出しそうで怖いです。

シーズンを乗り越えられるのかと心配になっています。

ラインを高く保ってのゲームで、突破された時のリカバーにはどんな方策があるのでしょうか。選手の成長を待つなんて事ではありませんよね。

毎年のように攻撃の種類が少なすぎて勝ち切れないJEFを見ていると、もっともっと攻撃のパターンを身に付けて欲しいと思いながらの応援になっています。

Revolutionの年を経てパシオンの年となりましたが、去年の反省を土台にチーム作りが行われていると思いますので、期待して良いですよね!

選手一人一人の力をあげて行かないと勝てるチームにはならないような気がします。サイドチェンジを多用するようですけど、正確さに欠けると今日のように相手に渡る事が増えます。

船山選手のシュート力とか、北爪選手は正確にクロスをあげられる様になるとか、、、、、やっぱり個人の成長を期待することになるのでしょうかね。

久しぶりに40インチTVでの観戦でしたが、次のアウェイからは15インチのPC画面で観なけれならない切なさが有ります。

ですので、今年もフクアリ全試合だけは生観戦できるようにしたいと思います。

頑張ろう。

試合の事ではないのですが、千葉銀の通帳の表紙はレイソルの物だけになってしまいました。何年か前まではJEFの表紙もあったのですが、依怙贔屓ですよね、JEFの表紙を復活させてください。m(__)m

それから良いニュースは、佐藤健太郎選手の所属が決まりましたね。ホッとしました。レノファ山口だそうですが、フクアリでお待ちしてますよ/(^^)/

2017年1月25日 (水)

NewYearcup札幌戦はPKを外し、スコアレスドロー

NewYearcupの第2戦は、スコアレスドローでした。得点のチャンスがあったもののPKを外し大きなチャンスをふいにしてしまったのです。

それは後半まもなくの事でした。

北爪選手選手の突破に相手選手が深く食い込んでファウルを犯し、北爪選手は腰を強く打ったようで担架でピッチを去りました。大丈夫でしょうか?心配です。

ここで得たPKを船山選手が蹴るも、GKに弾かれ再度シュートを試みるもサイドネットで得点ならず。

申し訳ないのですけれど、船山選手がPKを蹴るという状況で、失敗しそうだと不安な気持ちに支配されていました。それが現実になり、何故船山選手なの?と、残念で仕方がありません。船山選手の残念なのはそこだけなんですけど。

北爪選手が長期離脱になりませんように。

北爪選手に代わって溝渕選手が投入されました。続いて高橋選手に代わって真希選手が投入。

今日は、全体的には琉球戦よりはずっと整った試合になっていました。パスを短く繋いでチャンスも作りましたが、ゴールには繋がりませんでした。優也選手はロングキックを正確に蹴れる選手だと解説者の方が言われましたが、監督からの指令の様でかなり高い位置で守っていて最終ラインにパスを送り続けていました。

高い位置に設定されたJEFに危ないシーンがありました。

後半85分ごろだったと思います。眞紀人選手のバックパスが若狭選手に当たりそこで奪われて、ロングシュートを打たれてしまいました。ボールは、ゴールを外れて難を逃れましたが高い位置での守備には高い代償も有りそうですね。バックパス怖いよ~、琉球戦を思い出してよ眞紀人選手(`Д´)

危ないシーンと言えば、かなり前後してしまうのですが前半20分近くでした。優也選手がトラップに失敗してボールを奪われそうになり、相手選手に接触してイエローを貰いました。レッドにならなくて良かったと思う様な状況でした。

佐藤主審(プロフェッショナル)がイエローを提示しました。解説者は三浦俊也さんで、札幌でも指揮を執った事があり優也選手をよく知る方でした。が「私が札幌の監督でもレッドは出さないでほしいと思います。」と言われました。主審の判断は良かったと言う事でしょうか。

唐突のようですが、予定通り選手の感想を進めます。

今回初試合だったサリーナス選手は、ゴールに執着して良く走りシュートも打ち、守備でも頑張っていたと思いますが、サイドを開ける癖があるようで裏を取らるシーンを度々目撃しました。誰にでも分かるような大きなスペースを、、、。

也真人選手は10番の責任を自覚するように、攻守にアグレッシブで解説者も褒めていました。惜しいシュートが何度かありましたが、力が弱かったりGKに阻まれたりで得点には至りませんでした。コンディションは非常に良さそうでした。

江尻さんに、“羽生をお手本してやれ、体が小さくてもそれを利用してやれ。”と言われているそうです。

溝渕選手は、より質の良いクロスを上げられるようになると思っています。それが叶うとチーム内での競争が激しさを増しそうです。

高橋選手も積極的でしたね。益々楽しみです。

後半20分過ぎには、サリーナス→乾、近藤→岡野、也真人→眞紀人、船山→清武、アランダ→勇人の各選手に交代しました。

岡野・乾選手は、自信を持って伸び伸びとプレーしていましたね。素晴らしいです。

新人を含めて、若手の頑張りが頼もしく感じられます。

清武選手は、今日も力を発揮していました。アディショナルタイムには、清武選手のロングスローに眞紀人選手が飛び込んでヘッドに合わせましたが、相手DFのビッグセーブに阻まれてしまいました。

吉田選手は、惜しいプレーの後は悔しさをにじませるようにならないと成長出来ないのではないかと思いました。あんなに惜しいゴールを阻止されても笑顔なんて、ゴールへの執着心が感じられないですね。気持ちを奮い立たせて欲しいなと思いました。最後の一球は、それまで繋いだみんなの気持ちがかかっていると思うんですよね。アディショナルタイムでしたし。

私はいつも、ゴールを失敗した時の選手の表情を見ています。失敗して歯を見せる選手はFWとしては頼りなさすぎますから。でも、そう言う選手は殆どいません。眞紀人選手が笑顔だったと思ったのは見間違えかな?そうだったらごめんなさい。

チーム全体では、クロスも上がるようになりシュートも撃ってはいましたが、パスを繋ぐ事に専念しているようで、ボールを持っている時間が長くリズムが単調でした。ワンタッチで繋ぐとかミドルシュートを打つとかしてくれたら(勇人選手と眞紀人選手がちょっとだけ見せてくれましたけど)、そう言うプレーを織り交ぜてできるようになったらいいなと思いました。

JEFのプレスが早いと解説者が言ってましたけど、也真人選手が「やろうとしているところは少しできた。前でプレスができていた。琉球戦後良いミーティングが出来た。」とインタビュで応えていました。

ラリベイ選手は、今日合流したそうですから本格的なチーム作りが始まりますね。

日々進歩していくと思います。

楽しみです。

*北爪選手の怪我が心配です。重傷じゃない事を願っています。

2017年1月22日 (日)

DAZN New Year Cupは琉球に1-3で敗戦

DAZNは非常にご機嫌良く、PCでスカパーを見ていた時よりもきれいな画面で見る事が出来ました。(環境は、WIN7のInternet explorer11)

やはり負けるとがっかりしますね。もう少し何とかならないの?と思ったのは前半でした。ミスが多く決定的なチャンスを外して「あ~今年もチャンスに外すパターンなの?」と勇人選手のホームラン級のシュートを見て思いました。

清武選手のCKは勇人選手にピタッと合わせましたよね。

前半はセカンドチームかと思いました。

清武選手と菅嶋選手は私としては合格!菅嶋選手は去年のNewYearcupでもゴールを決めていたような記憶があります。

比嘉選手は、初戦でPKを与えてしまいました。そう言うところが残念な選手ですね。

後半は、アランダ選手がキャップテンマークを付けて出場。

溝渕・高橋・アンドリュー・船山・西野・阿部翔・乾・各選手が交代で入るとかなり違ったチームになりました。でも、残念なことにバックパスでオウンゴールは、去年のあの時の試合がフラッシュバック、、、キーパーは岡本選手ではありませんでしたし、シチュエーションも違いはしましたけど。。。。。強風の中でのバックパスは「何を考えているの?」と思わず声を上げてしまいました。

菅嶋選手のゴールで一点返しましたが、1-3の敗戦は(◞‸◟)

それでも後半から出た溝渕・高橋の新卒新メンバーは期待できそうですね。

阿部翔選手も船山選手もアランダ選手も、相変わらずの存在感でした。

ただ、船山選手のシュートはまだ期待できないみたいでした。

イエローカードもまた今年も収集する選手が多いのでしょうか。今日も多かったですね。(◞‸◟)

也真人選手・DO選手・真希選手はどうしたんでしょう。コンサドーレ戦までのお楽しみならいいんですけど、、、、。

さあ 楽しみはこれからこれから(^^♪ですね。

次の試合で、どれだけやれるかも楽しみにしたいと思います。

p(*^-^*)q がんばっ♪ 

p(*^-^*)q がんばっ♪

2017年1月20日 (金)

DAZNの無料体験申し込みました

DAZNの1か月間無料体験申し込みました。

https://www.dazn.com/ja-JP

WIN7のままですが、PC環境は良好です。このまま安定した画面で見る事が出来ればそれだけで満足です。

これで沖縄のDAZN New Year CupからJEFのサッカーを見る事が出来ます。

22日13時からですね!

楽しみです。

カードでの買い物は全くと言っていいほどしたことがなく、申し込み欄の”セキュリティーコード”が分からなくて困りました。

どこに聞こうか?カード会社?銀行?

迷った末に、そうだ!こんな時はPC自体(ネット)に直接質問すればたぶん解決だ!

ネット社会と言うのは、私のような者には親切にできていますね。見つかりました。回答して下さっていた方、ありがとうございました。

手際の悪さはいつもの事ですけど、DAZNの無料体験ができました~!

見逃し配信で観た試合は“犬の生活の西部さん”の解説でした。「オッ西部さん!ここで良いのね!」お会いしたことはありませんけど、、、、それだけで安心できる私のメンタルは如何かと自問自答ですが(笑)。

沖縄キャンプでのDAZN杯でどんなチームになりそうなのかわかりますね。DOさんがキャップテンとは、願ったり敵ったりで新年早々嬉しいニュースでした。副には勇人選手・也真人選手・羽生選手が着き、固い結束が期待できます。

早く観たい!気持ちが急きます。

その後、さっそくDAZNさんから“無料体験申し込みありがとうございます。”メールが届いたのですが、同じメールが2通届きました。

ここで又不安になりました。2回申し込んだの?私なんてドジなんでしょう!

この場合はどうすれば良いの?

今度はDAZNヘルプへ質問メールを送りました。

24時間以内の回答と云う事でしたが、すぐに返信が有りました。そして速攻でチェックして下さって、二重登録はされていないと言う返事を頂きました。

一件落着ヽ(^o^)丿

もしかしてサインインで無料体験すれば良いところを、再び登録画面に入ってしまっていたのかな?そしてそれが原因で2通のメールが届いてしまったのかな?と思ったのですが、、、、

とにかく解決。

まだJリーグが始まっていませんので、オンデマンドでどの位前まで見られるのか?リーグ戦全試合が見られるのか?ちょっと心配です。 オンデマンドよりもLIVE観戦できる事が嬉しいですね。

沖縄でのカップ戦の予定は出ていますし、とにかく観戦できそうです。

それから今日は

早朝にも拘わらず沖縄行きを見送って下さったサポさん、ありがとうございました。選手の意気も上がりますね。

今年は、New Year Cupが最高だったなんて絶対になりません!惨めな応援生活はもう有りません。

そうであって欲しいなぁ p(*^-^*)q がんばっ♪

より以前の記事一覧