2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー「散策」の記事

2016年2月26日 (金)

風の街の2月の花々 (寒緋桜・はなもも・ウィンターアイリス・・・)

散策は、咲き始めたばかりの花や出始めた蕾やもうすぐ満開を向かえるだろう花々を見る良いきっかけです。

漸く春らしくなってきました。

下を向いて咲く寒緋桜が、近所の園庭で自己主張を始めていました。

色はかなり強烈ですが、重そうにぶら下がって花を開き始めます。

下から見て撮ったのですが、春の軽やかさはありません。

Cimg5517

Cimg5520
団地の駐車場の脇に小さな花桃が咲いていました。

Cimg5526
公園の入り口の羽衣ジャスミンが、沢山の蕾を付けています。↓

Cimg5535
開花が楽しみです。

ジャスミンの近くに白いアイリスが咲いていました。ウィンターアイリスでしょうか?

Cimg5538

通り道の街路樹の下に咲く小さい花↓名前が分かりません。

Cimg5514

アップにしてみました。↓

Cimg5515
スーパーの河津桜は、お祭りを待っているのでしょうか?

Cimg5530
今日は小鳥たちはいませんでしたね。あちこち、そちこちに分かれて出かけているのでしょうか?

Cimg5543
これからは、いろんな種類の桜が咲き始めます。

まだ、ちょっと蕾が硬すぎますけど、日差しが明るい春の日差しになって来ています。

花いっぱいの春が楽しみです。(^^♪












2016年2月25日 (木)

三陽フラワーミュージアムのヒスイカズラ

ヒスイカズラを見に行こうと夫を誘ったのですが乗り気ではありません。「少し動きましょう!」と強引に誘って花の美術館に行ってきました。

何年か前に観た筈なのですが、見つかりません。

アトリュウムで手入れをしていた方にお聞きして、見つかりました\(^o^)/

逆光でしたので、色の分かる場所を夫が探してくれました(^^♪

Cimg5497
広くない温室ですが、夫はどんな花かも知らずに探してくれていたので尚更見つけられなかったようです。ウツボカズラのようなものを想像していたそうです。(爆笑)

逆光で気づかずに通り過ぎていたのがこんな感じでした。

Cimg5493
中庭からガラス越しに見ると↓直ぐに分かります。

Cimg5503
房の長さは1メートル近くあります。小さな蕾だけの房は、一見チェーンが下がっているよう見えました。まだしばらく咲き続けるそうです。

その隣は、パンダ(蘭)↓命名の意味が分かりません。似てませんし、、、

Photo
保育園児?が大勢でワイワイ言いながらアトリュームでお花見をしていました。

温室には入らなかったようです。ご両親が連れて行ってあげると良いですね。

Cimg5488
プリムラの優しいピンクがほんわかとさせてくれます。

Cimg5486

お雛様も可愛い(^^♪

Cimg5506
海浜公園の池の鳥たちは近づいても逃げません。

丸まって日向ぼっこです。

Cimg5511
犬を連れた人が近づくと、サーッと水の中に入って行きました。

Cimg5509
水温む季節は・・・・・・


2016年1月11日 (月)

稲毛海浜公園

穏やかな日曜日、花の美術館前庭

黄色い“なのはな”が満開です。Cimg5232
多分“エリカ”の花↓かなりの大きさです。

Cimg5235
美術館前のヒイラギ南天と南国の花ブーゲンビリアです。隣り合って咲いています。↓

Cimg5237
Cimg5238
温室の植物 “ガバ”の実

Cimg5249
私は “パフ”と呼んでいます。真っ赤な“オオベニゴウカン”の花↓Cimg5257
温室のガラス越しに撮りました。名前は?

Cimg5240
“ウコンラッパ花”↓

Cimg5241

Cimg5242
海浜公園内の紅梅、花の少ない今、一際異彩を放っていした。

Cimg5264
芝生広場の連凧

Cimg5274
ドラえもん&お線香で有名な凧&カラフルな三筋の連凧、芝生広場の常連さんです。Cimg5280
稲毛の浜から見る練習中のヨット↓

Cimg5285
遠くに見える市原市の工業地帯↓

Cimg5284
波がキラキラ輝いていました。

いつもの休日の光景です。


















2015年6月20日 (土)

つゆの晴れ間に海浜公園、花の美術館、稲毛の浜へ

前日の雨とは対照的に、今日は青空が広がりました。

エレベーターホールからは、海浜公園で揚げる連凧が白い帯の様に見えていました。↓

Cimg3991
海浜公園に行って見ると、CMでお馴染みの連凧とドラえもんの連凧と、カブトムシの凧が青空高く競うように、そして仲良く揚がっていました。

Cimg4066
連凧が二筋、ケンカもせずに上へ上へと延びていました。

またここでは、(相変わらずなのですが、)凝りに凝ったキャラクターの衣装を身に纏った若者たちに出会いました。撮影場所を求めて移動しているところにでしたが、今日は撮影には絶好のお日和でしたね。

芝生広場に来る前に、花の美術館に寄って来ました。

前庭には百日草、クレオメ、大きなアナベル、そして前庭と裏庭を繋ぐ細い道にはカシワバ紫陽花が、、、、カシワバ紫陽花は重そうに地に着きそうになって咲いていました。

Cimg3992

Cimg4001



Cimg4000
Cimg4006
スモークツリーも咲いていました。

Cimg4008

美術館の壁には青い大きな琉球朝顔、玄関脇にはブーゲンビリア

Cimg4005


Cimg4004

そして、裏庭

中世の西洋絵画でもてはやされたダリアとユリの饗宴!

Cimg4023


Cimg4024


Cimg4025_2

Cimg4032

Cimg4027

Cimg4038





Cimg4033
Cimg4034
Cimg4036


Cimg4041


Cimg4040

花の美術館の裏庭は、乙女心を擽る夢のような空間。(乙女心を持ち合わせてない方には分からない夢の空間)

Cimg4045
美術館から再び連凧揚げの芝生広場へ、

その途中にある小さな小さな小川に、メダカのこども達が群れを成して泳いでいました。

東日本大震災で壊れた公園が元の姿になっても、小さな小川から生物は何もいなくなってしまいましたが、今日、メダカを見つけました。公園を管理している方達に感謝します。

子ども達がメダカを家に連れて帰らないように、みんなで守って欲しいと思います。亀はとうとう見当たらなくなってしまいましたからね。(u_u。)

海では、沢山のヨット、波打ち際で楽しそうに燥ぐ人、、、、。

Cimg4070

すっきりとした爽やかな梅雨の晴れ間でした。(^^♪




2015年5月10日 (日)

三陽フラワーミュージアムの芍薬、ジャーマンアイリス、、、海浜公園

花の美術館の裏庭

芍薬とジャーマンアイリスの美しさが青空の下で際立っていました。

Cimg3582

Cimg3575
Cimg3576

Cimg3593

Cimg3579
Cimg3583

Cimg3581
Cimg3587
その他の美しい花々もご紹介します。

Cimg3578
Cimg3586

薔薇のアーチです。まだバラはあまり咲いていませんでした。
Cimg3590
海浜公園では、イベントが花盛りで芝生広場が賑わっていました。

連凧を上げる人、若者バンド演奏、工房作品の展示、キッズ撮影会、コスプレ撮影等々、、、、

Cimg3598
海も賑わって、清々しい行楽日和となっていました。

Cimg3597

楽しそうです(^^♪

楽しい日が続きますようにヽ(^o^)丿




2014年5月17日 (土)

黒砂水路を上るボラの稚魚、東京湾からの富士山(5月16日、17日の撮影)

稲毛海浜公園のくさぎの大木が切り倒された後に沢山の幼いくさぎが育っていましたが、いづれ雑草扱いで刈り取られてしまうのでしょう。それがとっても残念です。

またその周辺の雑草の花を見つつ、そしてまた黒砂水路を群れて登ぼるボラの稚魚を見たいと思い、行って見ました。

Cimg1377

キラキラ光っているのでそれと分かるのですが、余りにも小さくて場所によっては私の目では確認できません。

1

凄い量です。

大きくなると川面から大きく飛び跳ねていることもあります。

川岸近くには様々な雑草が茂っていました。これは赤つめ草ですが他は知らない花が多く咲いていました。

Cimg1381

Cimg1379

Cimg1384

Cimg1383

夕暮れには、うっすらと富士山が見えていました。Cimg1405

危うく見過ごすような朦朧とした中で見た富士山でした。 

夕日も久しぶりに見た気がします。

もう少し早く気が付いたら、スカイツリーのてっぺんに太陽が乗って見えたようです。

残念(´・_・`)

Cimg1398

5月17日朝

珍しくくっきりと富士山が姿を見せました。

気持の良い青空です。

Cimg1407

Cimg1409

Cimg1413

澄み渡った空と海の青さが爽快な気分にしてくれます。

近所の小学校には、アーチに沿って紅白の薔薇がとっても元気に咲いていました。

Cimg1387

Cimg1388

たぶん私の気持ちが反映してそう見えるのでしょうね。

青空の下では、なにもかも元気に見えてきます。

何方にも、元気な今日明日が有りますように(^O^)

2013年11月 2日 (土)

11月稲毛の浜の散策

今年も早11月に突入です。

しばらく行ってなかったのですが、稲毛の浜周辺の植物散策に行ってきました。

散歩やランニングに勤しむ人の多い場所に、大きなくさぎの木を見つけて喜んだのも束の間、バッサリと切り倒されていた場所があります。そこに小さな苗が自然に生えていたはずですので確認に行って見ました。

沢山の幼い木が育っていました。葉が虫に食べられていて、黒い小さなアリが沢山着いていました。

因みに私が育てているくさぎには、緑色の可愛い実が成っています。

Cimg8510

ヤツデの木々も全部切られていました。

夾竹桃以外の木が伐採され、木々の間がすっきりとして公園内のテニス場や野球場などが見えるようになりました。ブッシュがあって痴漢が出没する場所だったようですから安心ですが、やはり夜の浜辺や公園には女の子だけでは行って欲しくない場所です。

稲毛の浜に通じる黒砂水道の河口で、子供たちが釣りをしていました。

大きな魚が海から上がってくるのが見えますが、釣れたのはカニが一匹だと女の子が教えてくれました。

魚にも釣り人が見えますから、なかなか釣れないのかもしれません。

道路脇に浜菊でしょうか、可愛い蕾を付けていました。

Cimg8511

砂浜に行って見ると積み上げられていた砂が、雨?で鋭い渓谷のような形に削られていました。

Cimg8514


Cimg8517


子どもたちが遊んだ跡なのか、川のようにうねらせて砂浜まで続いているものもありました。

砂浜の一角には、ハマヒルガオが保護されている場所がありました。かなり増えていました。

花の咲く頃が楽しみです。今は小さなマツヨイグサのような花が咲いていました。

Cimg8513


海浜公園内の池に、鳥たちが遊んでいました。

Cimg8518


Cimg8519


震災前に比べると種類も数もだいぶ少ないのですが、小さな小さな魚もいるようだと夫が池を見ていました。

花の美術館の前庭に10月桜が咲いていました。

Cimg8525


その下の垣根に咲いているのは、鉄線の仲間でしょうか?

桜と同様この時期の常連さんです。アップにしましたが小さい花です。

Cimg8528

小道のウコンの花も切り取って見ました。きれいです!

Cimg8523

そして、前庭の花は代表して吾亦紅を載せておきます。

Cimg8531

前庭から菊花展の行われている場所に通じる階段が出来ていました。便利になりましたが、どうして今までなかったのか不思議です。

Cimg8551

菊花展の花

Cimg8534


Cimg8537

Cimg8544


Cimg8547


Cimg8546


大輪の菊ですが、5月ごろに7~8センチくらいの芽を挿してこの時期までに、手巾いっぱい以上の大きさに育てるのだそうです。

野の花に興味がいってしまって、技術を要して作られる花にはあまり魅力は感じないのですが凄いものだと思います。

保育園の垣根の菊もきれいだったので載せておきます。競うつもりは毛頭ないでしょうけど負けてませんね。一生懸命に自己主張しているようで、小さな子供たちにも見えてきます。

Cimg8500

帰る道で出会ったヤツデの蕾

Cimg8552


Cimg8554


生き生きとしてて、力強いですね!

木の下に洞ができたアメリカデイゴ

Cimg8555


貫通しています。反対側からは

Cimg8557


洞の向こうに見えるのは、、、、?

そして、バッサリ切られて切り株になったアメリカデイゴ、枯れたのかな?と思ったのですがこれも生きています。

Cimg8558


Cimg8559


一番外側の内隣りにある白い部分があれば、切られても洞ができても成長できるのだそうです。(夫の弁です。)

ここから続く桜の木々が、紅葉し始めていました。

Cimg8560

秋ですね~

2013年7月 6日 (土)

関東地方は、梅雨明けで~す!

今日、関東地方は梅雨が明けたようです。

わが家は、両面バルコニーで風通しが良く、今日のような日は部屋中を開け放しておくと涼しすぎるのですが、同じ階段の方でも下の階に住んでいる方には、クーラーには及ばないけど扇風機を出した。とお聞きしました。

夏の間にエアコンをつけるのはせいぜい1週間くらいのものですが、外出すると外の暑さとの温度差に体がびっくりしています。

今日は、7月の花の散策をして来ました。

道路沿いの向日葵に、アフリカ浜木綿の花が夏を呼び寄せているようでした。Cimg7852


Photo

くちなしの花は、盛りは過ぎたのかもしれませんが、アップにするとバラの花の様に見えて褐色に朽ちる花とは思えません。うつくしいですね!

Cimg7855

ノウゼンカズラも咲き始めていました。

Cimg7861

いつもの公園内にはダリアが咲き、グラジオラスが咲き、夏に似合う花が咲き始めていました。

Cimg7878


Cimg7880


Cimg7869

公園に男の子が二人、虫かごに沢山のバッタを捕まえていました。

持ち帰ってどうするのかな?

大きめの黒いバッタを持っていたので「バッタは、足を取って逃げるわよ。」と行った時、手を噛んで逃げ出しました。やはり片足が取れていました。

虫かごの中を撮らせてもらったのですが、草と虫の区別がつきません。

男の子は、いつの時代も虫が好きなようです。

Cimg7876

シロツメクサの中に鳩が一羽いました。

Cimg7870

カメラに収めた途端、一気に7-8羽降りてきました。

ここで、餌を与えている人がいるのかもしれません。
マンションに巣作りされることを考えたら、この公園に住み着いてくれた方がありがたいのですけど、、、

小学校のプール脇には、プラムが沢山の実をつけ、道路沿いの団地では花梨が実を付けていました。

Cimg7884


Cimg7886

まだ咲き続けているアガパンサスの花色の違いに、新しい発見のような嬉しさを覚えました。

Photo_2


2


さあ~暑い夏へ突撃です。

がんばろう~!

2013年2月10日 (日)

風の街周辺

2月、花の美術館の前庭は“冬ハナナ”は満開になっていますが、ちょっと寂しい花の状態です。

Cimg6249

噴水も、静かに立ち上がり周りのミストも遠慮深げに揺らめいています。

Cimg6251

まして裏庭は、選定済みのバラが咲く時期を待ってひっそりとしていました。

いつもは、外庭だけを見て海岸に出て砂浜を歩いて、スーパーに寄って、、、という道順なのですが、今日はアトリュームガーデンも見ようと言う事になりました。

熱帯に入り込んだようで、蒸し暑さ(特に湿度の高さ)にびっくりしました。いつ行っても咲いてる花ですが、今日は特に沢山花をつけていたのが薄紫の“ベンガルヤハヤカズラ”という花でした。成長が早く沖縄ではフェンスに這わせて日よけにするそうです。

Cimg6261


グアバは、大人の握りこぶし位の実を付けていました。

Cimg6265


この時期は、あまり内部のアトリュームガーデンに入ったことが無かったようで、グアバの実とは初めて対面しました。

そして、下から見上げていた時に何の花だろうと思ったのが、通称レッドパウダーパフという花でした。

後ろから来た方が、花を触って「やわらか~い」とパフの感触を味わっていました。

Cimg6271

蕾も可愛く、実のようにも見えました。

Cimg6272

屋上のキッチン菜園には、ブロッコリーが花を咲かせていて、周りに大きなブロッコリーが無ければ、何の花か分かりませんでした。

Cimg6275


花の下に見えるブロッコリーは、30センチくらいもあって、およそ八百屋さんでは見かけることのできない大きさで、びっくりしました。

坪庭に咲いていた変わった花は、“グレビレア・二ゲラ”これも初対面の花でした。

アップにしましたが、小さい20センチも無いくらいの丈の植物でした。

Cimg6280

全体を写すと、かなり印象が違うと思います。Cimg6282

館内一階は、春の華やぎが演出されていました。

Cimg6254

もうすぐ、嬉しい雛祭りです。

可愛いお雛様が、、、女の子にとっては嬉しく楽しみな3月3日です。

Cimg6255

花の美術館を出て、今は何にも住んでいない池を眺めて「ザリガニでも良いから、早く何か放してあげればいいのにね。」と言いつつ池の上を見ると、前回来た時に見たアオサギが一羽、前回と同じ松の枝に止って辺りを見回していました。今日は、カワセミは来ていないようでした。何しろ、餌が有りませんしね。この前やって来て市場調査?をしてダメ出しした池なのでしょう。

震災前は、魚も水鳥もカワセミもカメも沢山の生き物がいた池なんですけどね。

寂しいですね。

池を過ぎて芝生を過ぎて浜辺に出ると、きれいに澄み渡り、海の青さと空の青さが際立って見えました。

Cimg6288


そして、ここには今日もこのような方達が、、、、

1

今やメッカと成りつつあるのでしょうかね?

ついでに今年の雪の写真も、載せておきます。

大雪の予報が出た日に、ご挨拶程度にボタン雪が降り瞬く間に止み、そして消えました。

その時、公園の木々を記念に撮って見ましたが、雪景色とはなりませんでした。

Cimg6243

冬と春が行ったり来たり、、、、

♪寒い冬も過ぎて、直ぐに近づくのは光、明るい春早く来い♪

2012年6月 4日 (月)

いなげの浜のハマヒルガオ&商店街のツバメの巣

昨年、いなげの浜のハマヒルガオを増やすボランティアの募集がありました。

考えた揚句に、応募しなかった私でしたが「makoのファインダー」さんを読ませていただき、ハマヒルガオが咲いていることを知りました。詳しい場所を教えて下さったので、デジカメ片手に行って来ました。

2


このハマヒルガオを見た方は、まさかハマヒルガオがボランティアさんによって保護増殖されているとは考えないかもしれません。

震災で崩れたり、液状化でめちゃめちゃになった場所があったいなげの浜周辺ですが、何気なく見える場所も実は、人の手で手厚い保護や修復が行われています。

次の写真ですが、この場所は危険とされ、ロープが張られて立ち入り禁止となっています。

ロープの外側から撮影しました。

Cimg4028

防風林となっている松林は、ブルーシートに囲われていましたが、一部が外され、内側でハマヒルガオが育てられていたことが分かります。

この人工林の中には、ハマユウや鉄砲百合も育っていました。

林の松は、当時の千葉市民が応募で集まり植えた苗で成り立っています。

私がまだ、千葉市民になる前のことでしたが、友人の家族の名前が刻まれた記念碑が残されています。

下の写真は、浜大根でしょうか?未確認です。

Cimg4031

浜から稲毛海浜公園に入り、花の美術館の前庭とバラ園を結ぶ小道に、小さいスモークツリーが咲いていました。

Cimg4003

この日も、バラ園は沢山の人でにぎわっていましたが、なんと初めてではないかと思うアイスクリーム屋さんが出ていました。

アイスクリーム屋さんの赤い車は、どこから入れたんでしょう?

未公開の場所からでしょうか。

Cimg4011

海浜公園の中は、シロツメクサ(クローバ)が満開です。
三々五々、夫々の楽しみ方をしています。

Cimg4019

凧揚げをしているグループは、いつもの場所で。

Cimg3966

(これは、5月22日撮影の連凧です)

最近富に多くなっているのが、コスプレの撮影をするグループです。

この方たちも、大体撮影場所が決まっているようです。

子供たちは、相変わらずこの場所がお気に入りのようです。

Cimg4012

すぐそばの小川には、赤い鯉?が放されました。

以前からいる亀の数は、少なくなったような気がします。

何時だったか数人でいた少年の一人が、が亀を手にしていました。

「捕まえたの?」と聞くと「飼ってた亀が行方不明になったから、連れて帰るんだ。」と応えました。

「ここのものは、家に持ち帰っちゃいけないのよ。」「見つかったら、注意されるわよ。」と伝えて傍を離れましたけど、、、分かったかな?

直後に、「いなげの浜での釣りや公園内での植物昆虫採集は禁止されています。」と言うアナウンスがあり、亀と言う言葉がなかったので、ちょっと気になっています。

お昼になり、スーパーに寄って帰ることにしました。

八百屋さんのすぐそばに、ツバメが巣を作っていました。

Cimg4061


去年の話では、せっかく作った巣を落としてしまった人がいて今年は来ない。と八百屋のおかみさんが嘆いていました。

(今年は、帰って来たのね。)そう思ってカメラを向けていると、「今年も雛がいたんだけど、誰かが巣を壊して雛が死んでしまって、、、もうだめかと思っていたら、また来て作り直したんですよ。」

「24時間スーパーができたからね、夜中でも人が来るので悪いことをする人がいて、、、。」

と、懲りない人がいるようです。

(ツバメは人家に巣を作りますから、ツバメが巣を作ると喜ぶ習慣が日本にはあるんですけどね。ただ糞をしますので、下に糞を受ける版を取り付けてやると良いんですよね。)

ツバメを保護してやっていることが分かれば、巣を壊す人が居なくなるんじゃないかと思います。

JR千葉駅では、そうしてましたけど、今年も巣を作ったでしょうか。

より以前の記事一覧