2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー「季節」の記事

2019年8月 4日 (日)

令和元年千葉市花火大会

令和元年(2019年)千葉市花火大会

風もなく雲に隠れることもなく、令和最初の花火が打ち上げられました。1時間に凝縮された美しい花火大会でした。

写真はクリックすると拡大表示されます。 

Img_5789Img_58023_20190804110801Img_58043Img_58073

Img_5801Img_58093

Img_58452Img_58462

Img_58472_20190804111801 Img_58543

Img_5946 Img_59753

Img_59783 Img_5990

細い三日月が、じっと見つめていました。

Img_5811

また、来年ね!

2019年8月 3日 (土)

ご実家からお野菜が届きましたー!(美味しい福島の野菜ですよー!)

インターホンに写った宅急便のおじさんは「ご実家からお野菜が届きました~!」(笑)

確かに実家からでしたけど、野菜は実家から送られてくるものなのかも・・・

末っ子の夫には、両親はおろか跡継ぎの姉夫婦も亡き人となり、甥夫婦の代になっています。甥とはいっても私の弟と一歳違いですから兄弟のようなものです。

毎年新鮮な夏野菜を送ってくれます。

あの忌まわしい東日本大震災から8年余りが過ぎていますが、今年も個人で放射線測定をして安全を確認して送ってくれました。たぶん、それが日常化しているのでしょう。

今年は、雨が多くジャガイモを掘ることができなかったそうで、いつもの年よりも遅く届きました。

最初に美味しさに驚いたのはジャガイモでした。

それから、トマト。でした。

あの頃は、父も母も、姉も兄もいて、旧家で大変な家という先入観が一歩入ってみるみる打ち消されたことを覚えています。

両親の前に正座をして、畳に手をついて「ただいま帰りました。」と頭を下げた夫の隣で私も。

私の育った家は、ガラガラっと玄関を開けて「ただいまー!」でした。

バッチ息子が愛しいということもあったのでしょうけど、気難しさは全くなく全員で優しく迎えてくれ、ほっと安堵したことを覚えています。

そして今は、甥たちが暖かく迎えてくれるのです。

お野菜のお礼に、今年も小さい子供たちが喜んでくれる何かを送ることにします。

朝食でいただき、お隣さんにおすそ分けをしても、まだ沢山の福島のお野菜!

Photo_20190803105901

風評被害に負けずに、頑張れ!福島!

ありがとう😃😃

 

 

 

 

 

 

2019年7月31日 (水)

梅雨明けと共に、待ちくたびれていた米倉選手がレンタルで復帰!

待ちに待った梅雨明けですが、梅雨疲れで体が重く休み休み家事をしていると、朝から救急車の出動が聞こえてきました。スマホに、市からのメールが届きませんので「事件/事故」の出動とは違うようです。

みなさん、体を労わりながらお仕事にお励みくださいね。

梅雨明け前から連日「熱中症注意/危険」と「NHKニュース/防災」からスマホに入ってきます。

幸いなことに海沿いの高い場所に住んでいますので、東南と北西を開け放していると風の通りが心地よいのです。が、部屋でじっとしている分には良いだけで、湿度が高く体を動かすごとに汗が大量に吹き出します。

布団干し、大物の洗濯物がこれからしばらく続きます。

湿度と暑さとの戦いになります。

扨て、先日、JEF 公式ラインから「米倉恒貴選手の期限付き移籍加入のお知らせ」が届きました。

びっくりしました。できればもっと早く来てほしかったですね。

ガンバ大阪では、先発出場をなかなか果たせてないなあと気にかけていましたが、古巣へ出場機会を求めての復帰なのでしょうか?

ちょっと、複雑です。

米倉選手には良いイメージが多いですし、今のJEFには必要な選手になってくれそうな気もしますが・・・

米倉選手が新人だったころ、娘をフクアリに誘いました。「米倉選手?知ってるよ!高校の時から有名だったじゃない!」と言われ、サッカーに興味なさそうな娘が知ってたことに驚きました。

娘が、22番のユニを着てフクアリに行ったのは、はるか昔。

直接会えたのは、千葉神社でのファンサでした。

多くの選手に会えましたが、とっても良い印象の選手でした。

私は、エルゴラを買って手に持っていましたが選手にサインをしてもらうことは考えていませんでしたので、何の準備もありませんでした。常にボールペンは持っていましたので、それでエルゴラにサインをお願いしていました。

米倉選手にお願いした時に、「これで書きましょうか。」と持っていたサインペンで書いてくれました。

その時初めて、選手の皆さんがサインペンをもって待機していたことに気が付きました。

中には、隣の選手と話をしながら私の方を一度も見ることなく書いて渡してきた選手も何人かいました。

その選手たちの名前も、忘れることはありませんね。

その対比が印象に強すぎて、です。

ガンバに移籍する前に、このチームのみんなと一緒にJ1に昇格したいと言い続けていました。

必死に頑張る姿が焼き付いていますJ1への昇格が消え熊谷市長(千葉市)に、米倉選手には残ってほしいと言われたていましたが、、、、

【J1に昇格したい!今いるチームメイトと一緒に!】という思いが叶えられずにガンバの一員になったときは、心から応援する気持ちになっていました。ガンバで活躍し日本代表にも選出されて躍動する姿を見ることができて、良かった!と思っていました移籍した選手をそれほど思って応援したことは他にはありませんでした。

今、JEFのピンチに戻ってきてくれたことは嬉しいのですが、もっと早く来てほしかったなあという思いです。

我儘でしょうか?

少しでも順位を上げられるように、JEFの一員としてその役目を担ってくださいね。

米倉選手の活躍に期待しています。

*この記事を公開するのを忘れていました。リアルタイムには後追いとなってしまいました。😞

追記

浜木綿が咲いています夏ですね~😃😃
青春時代の夏の思い出の花ですが、ロマンティックなこととは違います。

学びやに南校舎というのがありまして、なだらかな丘の上に立っていました。その校舎前に沢山の浜木綿が咲いていました。

名前だけは知っていましたが、その時が「はじめまして!」だったのです。毎年浜木綿が咲くと思い出します。

Img_1308

2019年3月16日 (土)

今年初めてのユナパは花粉の攻撃中

穏やかな日でしたが、ユナパはまだまだ花粉の攻撃中です。

承知で出向いたのですが、先週予定していた日が非公開になってしまいコンフィットTもタオマフもまだ未購入でしたので花粉の飛散する中に飛び込んだ状態でした。

飲み薬は、家庭医を代えて初めての薬です。

昨年までは、弱い薬と言われても睡魔との闘いを強いられるので一日2回の薬は中止し、では、夜だけにして下さいと言われた薬も、翌日の夕方まで朦朧状態になりましたので、結局飲み薬は中止しました。

そして今年は、長年お世話になった先生が廃業なさいましたので、新しい医院へ!

先生ご自身も花粉症のご様子ですが確認はしていません。飲み薬は夜一回だけの“クラリチン”に代えて下さいました。2週間分だけ頂いて、遠出は控えて長時間外出する日だけ飲む事にしました。他は点眼液(一日4回)と点鼻液(一日2回)を毎日。

ユナパには、飲み薬・点鼻液・点眼液の全てで完全防備の筈でしたが、花粉攻撃に撃沈しました。この時期は、本当にユナパやフクアリの花粉は強いです。

幸せにも花粉症になってない方には分からないと思いますが。

目、鼻からは、自己制御のできないサラサラの水がスゥーと落ちてきます。

私の場合は、飲み薬を飲まないと目の痒みにも悩まされます。

そんな訳で、このシーズンはフクアリもユナパも私の天敵となっています。

それでも、出かけました。

選手の元気な姿を見たくて、コンフィットTとタオマフも欲しくて、花粉と闘いにユナパへ!

JEFサポのみなさん、選手達は元気でしたよ!

負傷中の選手も、順調に回復していそうでした。

走って、ボールを蹴って、ちょっと長いボールも、、、早く全員が復帰して欲しいと思います。堀米選手も元気でした。

12JEFでの私の買い物は、完璧とは行きませんでした。

先ず、タオマフですが欲しかった番号が売り切れで入荷予定は特になし。ショックです!

ところで、私がタオマフと言っている物を友人は弾幕と言っていましたが、本名は弾幕?それともサポ用語?

それから、Tシャツの大きさにもちょっとしたショックを受けました。Mサイズを買ったのですが、選手にサインをしていただいて帰宅後じっくり見ると、過去に買ったLサイズと同じ大きさでした。コートの上からも着られそうです。夏は涼しくて良いかな?本当は、過去のMでも大きかったのですが、、、

これから買われる方は、サイズにご注意ください。

ファンサは、私としては十分な時間だったと思えました。

勇人選手には絵にサインをお願いしました。アンドリュー選手の今シーズンの人気は凄いですね。最後まで残っていたのがアンドリュー選手でした。昨年の也真人選手のような人気です。にこやかに応じていました。

どの選手も、やっぱりナイスガイ!(古い)

全員イケメン!(コッチ!)

出待ちが無いから、みんな潔く帰ります。別メニューの選手達は、未だ練習を続けていました。

その後、友人と昼食をともにし、私の知らない場所へも案内していただき新鮮でした。

ユナパに出かけても大体直行直帰でしたし、、、

水戸戦、勝って欲しいですね!

JEFをよく知る長谷部さんに勝って、今シーズン初の勝利を!

315


Img_0906

2019年3月 7日 (木)

POMの大学受験、めでたく終了!

一浪君だったPOMが、めでたく大学生になります。

 

本日、国立前期の合格発表がありました。おめでとう(*^-^)

 

先ず、POMの中学時代からの気儘な受験生活を・・・。

 

冒険をしない!

 

実力で入学できる学校を選択する。と言う訳で、高校受験は8月で、より上を目指すことを辞めたそうです。そこで入学した高校では特進クラス入り!

 

ここで満足したのか、勉強は二の次で高校生活を楽しんでいたようです。

 

当然、高1で成績はガタ落ち。

 

当然、特進クラスから滑り落ち。

 

それでもクラス担任が母親に伝えたそうです。「彼は、他の生徒に無いものを持っています。長い目で見てやってください。」「大学生のような勉強の仕方をしています。」と。

 

私と、母親は同じことを思いました。「長い目って、いつまでが長い目なの?」

 

高校2年生で、目覚めて勉強を始めたようでしたが・・・・

 

現役高校生での大学受験は、当然ながら失敗。

 

センター試験のみで合格が決まる三大学に合格。関東圏で名前は有名ですが、本当に行きたい大学ではなかったと言う訳で、あっさり浪人が決定。

 

予備校に通い始めると、成績が急上昇!

 

母親も大喜び!

 

その後、一番重要な数学が思う様に伸びないと・・・・

 

そこでPOMが尊敬するところのS(POMの叔父)に、自信がなくなった。どうしたら良いか?と相談したそうです。

 

T大理一→修士課程・博士課程と進んだSが言ったそうです。「100点取っていても不安はあるものだから云々」に、POMは「Sちゃんは、やっぱり特別なんだよ。」と一層しょげ返っていたそうです。T大生あるあるで、「そう言う例えは通じないよ!」と言ってやりました。

 

一浪君は、今年は本当に行きたい大学だけを選んで受験しました。私大は、わが家から通学できる都内の大学を受験しました。

 

昨年のPOMとは、全く違って余裕と落ち着きがありました。

 

私が感じた通り、合格!

 

国立は、昨年は受験しなかったと思いますが、今年はずいぶん悩んだ末に決めたようでした。

 

センター試験会場が暑すぎて集中でき無かった結果、思った得点には到達できなかった。チャレンジはしないで自信を持って受験したいと言って前期、後期の大学を選択。後期もあるからチャレンジしても良いとも思ったらしいのですが、やはり冒険をしないのがPOMの性格です。

 

受かるだろうと確信していましたが、<80%受かると思っていたW>とラインがきました。こうして、冒険をしない性格のPOMの大学受験は終わりました。

 

*センター試験会場が暑すぎた。理由ですが・・・

 

≪着ている洋服に英語などの文字が入っていてはいけない。≫試験会場で言われたのだそうです。英字入りの長Tだったので、コートを脱げなかった。と言っていましたが、機転が利かないねえ(-_-メ)試験官に断って、長Tを脱ぐとか裏返しに着替える許可を貰うとかできなかったかな~

 

以上、受験生の要注意事項でした。

 

どうぞ、受験生の皆さんに良い結果が届きますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年7月28日 (土)

千葉市花火大会

毎年恒例の千葉市花火大会が、今年は金曜の夜に行われました。

雨が懸念されましたが、風もなく静かな夜空に美しい花火が打ち上げられました。

真っ赤な夕焼けの街にやがて夜の帳が降りました。

001
007
やがて夜空を花火が彩り始めました。

9


10


12


14


024


097


2


104
159
技術もさることながら、小さいデジカメではこれが精いっぱいです。

気が付けば200枚以上も撮っていました。

今年も、ゆったりと楽しませて頂きました。

嘗て、パソコンボランティアでご一緒だった方の中に、東京消防庁?を定年退職されて活動に加わっていた方がいらっしゃいました。

花火大会の時は、事故などを考慮して万全の準備をして臨んでも防ぎきれない事があったようで、退職されてからも観に行きたくはない。楽しめない。とおっしゃっていました。

美しい花火を楽しませて頂ける事に感謝しなければいけませんでした。

今年もありがとうございました。

2018年1月14日 (日)

遅めの初詣&いなげの浜の凧揚げ大会

二日前に、遅めの初詣に浅間様に行ってきました。

011
混雑する場所が大の苦手なのです。

人もまばらでしたが、私は静かな浅間様が好きです。

013
神殿から戻りながらの撮影です。中央に見える御手洗は柄杓が取り払われて横に渡された筒から細い水が何筋も出てます。衛生上は良いのでしょうが味気なく感じます。

参道を下って、車の行き交う14号線の前に出ます。

その前に、この花は何でしょう?普通の椿とは少し葉が違うように見えます。

018

鳥居の手前に咲いていました。

14号線を越えた場所にある鳥居は、元は遠浅の海にあったものです。

14号線から先は海の中でした。わがやを含め美浜区の大半は埋め立て地です。

017

鳥居の横奥に見える古い家屋は、愛新覚羅溥傑夫妻の元別荘です。一般公開されています。たぶん無料だったと思います。昔この辺りは保養地だったそうです。埋め立て地に住むわが家も非常に快適です。

024_2

そして、今日は新春凧揚げ大会をちょっとだけ見に行ってきました。富士山も東京スカイツリーも良く見えていました。美しいです。

14
JEFサポの丸山さんの連凧を見に行ったのですが、分かりませんでした。

いなげの浜の入り口でキラキラ輝く美しい凧が揚がっていました。

上手く撮れませんでしたが・・・・

帰宅後確認すると、どうやらこれ↓が丸山さんのエスナイデル凧だったようです。

2

この写真からは分かりませんがとってもきれいでした。一番印象に残った凧でした。ファミリー賞を受賞されたそうで、おめでとうございます。近くに行って見れば良かったなあと、新年最初の反省をしています。

花の美術館では、なのはなが見事に咲いていました。

022
男の子が二人、自転車を乗り回していて危なかったので、近くまで来るのを待って「ここは自転車乗り入れ禁止だと思うよ。自転車置き場に置いてきなさい。」と伝えましたが、保護者がいたようです。これも新年早々の・・・・・

・・・・・・

本年もすべての皆様にとりまして、素晴らしい一年でありますように(^^♪

2017年12月 5日 (火)

クリスマス仕様の三陽フラワーミュージアム

アトリュームガーデンはクリスマス一色でした。

ちょっと寂しい前庭でしたが、大きく赤いギョリュウバイは、いつもの姿で迎えてくれました。

Photo
ガウラと水仙

Photo_2

花菜は、まだ蕾

Photo_3
パンジーと地味な噴水

017
クリスマスカラーのアトリュームガーデンに入ります。

入り口のクリスマスツリー

021

次々とクリスマスツリーが登場します。

022


029


Photo_4

小さな街のクリスマスツリー
Photo_5

最後は、モネの睡蓮の前のクリスマスツリー

043
これから温室に入ります。熱帯です。

先ずは、バナナの花

Photo_6


旅人の木は、天井を破りそうでした。

Photo_7

これは、花or蕾or実?
Photo_8
最後に可愛いウナズキヒメフヨウ

Photo_9
&ヤエサンユウカ

Photo_10

アトリュームガーデンでは、サンタさんの洋服を借りてソリに乗って記念撮影ができます。

027
子どもたちが喜びそうですね。(^^♪

2017年2月16日 (木)

寒緋桜、ミモザ、河津桜、すみれ

ぽかぽか陽気で気持ちの良い一日と成りました。

もう、寒緋桜が咲き始めました。

洋紅色の蕾と花がとっても重そうです。下を向いて咲きますので尚更重そうに見えます。

Cimg8476

寒緋桜と緋寒桜は、同じものだそうです。彼岸桜と紛らわしいために寒緋桜としているようです。

白梅と寒緋桜↓

Cimg8478
ミモザも沢山の蕾と花とで、あかるい春いろに染まって来ました。

Cimg8486
Cimg8484

蘇鉄の実も魅力的ですね!

Cimg8488
まだまだ満開には程遠いのですが、河津桜がメジロを呼んでいました。

Cimg8502
Cimg8517

そして、公園の中の足元にはカンザキアヤメが咲き、木瓜の小さな枝にも花が咲いていました。

Cimg8504
Cimg8509
帰り途中の通りの垣根草の下には、可愛いすみれが咲き始めていました。Cimg8520

嬉しい春が、すぐそばに来ています。

花咲く春が、、、、、、(^^♪








2016年9月15日 (木)

9月の街路樹と草花

台風もやって来て、蒸し暑さがなかなか去ってくれませんが、街路樹には秋の実がしっかりと成り始めていました。

先ず、目に付いたのが銀杏です。今年は大収穫かも知れません。ただし街路樹ですから誰かが拾ってくれないと大変です。

Cimg7555
どんぐりもなっています。これは小さい児が喜んで拾いますね。

Cimg7563
どんぐりの木の下では、彼岸花が咲き始めていました。

秋ですねぇ。

Cimg7576

真っ赤なサンゴジュは、団地の中に在りました。素晴らしい樹に育っています。

Cimg7584

サンゴジュの近くに咲いているムラサキナツフジは、実が沢山ついていました。花はもうお仕舞のようですね。

Cimg7581
この花も終わりです。デュランタという花の様でが、実際の色はもっと濃い紫色をしています。花の中央に蝶が止まっていました。

Cimg7554

この街路樹の名前は分かりませんが、緑色の実がついていました。

何という名の木でしょうか。

Cimg7587
Cimg7590
いつもの公園には萩の花が少しばかり咲いていました。
Cimg7593
まだ、ほうずきも、鳳仙花も咲いていました。

Cimg7602

Cimg7603

真っ赤な千日紅のような花と紫と白の千日紅も。

Cimg7592
Cimg7599
そして近所の公営住宅には、何度目の開花になるでしょうか、エンゼルトランペットの花が、・・・・

Cimg7550

Cimg7548

華やかです。

そしてこの花は? 名前が分かりません。

街路樹と同じ場所に植栽されています。知りたい!!!!

2
*表題を10月と間違えてしまいました。9月と訂正させて頂きました。

既にお読みくださったみなさま大変失礼いたしました。