2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー「独り言」の記事

2014年8月13日 (水)

人の振り見て我が振り直せを実感しています。

旧盆で故郷にお帰りになった方が多いと思いますが、私は家に閉じこもっています。

ただ単に暑いからですが。(笑)

そんな時に、いつもお世話になっている方に、書面のPC入力を頼まれお引き受けしました。

今住んでいるコミュニティーにとっては重要な事なのですが、入力し終えて持って行くと次から次へと書き足して欲しいと言われ、3回目の入力を終えたところです。

それが、重要な点だけを列記した方が住民の皆様に伝わりやすいと思うのですが、追加部分には個人的な感情が色濃く入り込んでいて、キーボードを叩き乍ら憂鬱に成ってしまいました。

ので、ここで私自身の気持ちのコントロールをしようとパソコンの前に座りました。

自分の為に書きますので、この先は鬱が移ると思われる方はアウトして下さい。

他人の文章だから分かる事で、いつも気儘にブログを書いているとそこが見失われて、つい感情的な部分を出している事、そのことがせっかく読んでくださっている方に嫌な思いをさせているだろうと、改めて思い知りました。

PC入力を頼んできた彼は、小学校6年生か中学1年生の時に終戦を迎えた方のようです。

もう直ぐ、終戦の日がやって来ます。

世間一般から見れば私は年寄りなのですが、戦争を知らない世代です。

彼の方は、多感な時に戦争を経験し終戦を経験した方です。ある時その方ともう一人(女性)同じ年代の方と雑談をした時が有って、戦争だけでなく皇室に対する考え方が特別な方達だと感じた事が有りました。

かなりの怒りを持って生きて来て、今を生きていると思いました。

他人夫々で一概に同じ世代だからと決めつけてはいけないのかも知れませんが、私たち世代とは全く違う生き方をしてきたというか、そう言う生活を強要された世代がどこかを睨み乍ら生きていると感じた事がありました。

そして、今回頼まれた入力の文章がかなり攻撃的で感情に走っている事を感じとり、世代間のギャップを思わずにはいられませんでした。終戦の日が近い所為も有るのでしょうか。

そこで、余計な事とは思ったのですが、私が文章入力をしたものが住民の皆様に届けられることを思うとやりきれない感情になり、“内容を一つの事に絞って、住民のみなさまを煽るようなことはお書きにならない方が心証が良いと思います。”とプリントアウトした書面につけて、個人ポストに入れてきました。(A4にびっしり3枚分の文章です。)

そうしないと、私自身の気持ちが不安定になりそうですから。

いま、8月15日を前にして、何をどのように考えればよいのか自問自答しています。

人により世代により思う事は様々かも知れません。

ただ、一つ思う事は戦争の無い世界にしなければいけないと言う事。

“世界中の明日が素晴らしい一日でありますように”と文章を結ぶブロガーさんがいらっしゃいますが、私も、毎日そう言う思いで生活したいと思っています。