2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー「独り言」の記事

2018年7月24日 (火)

フクアリでサッカー観戦を始めて12年、そこで感じた事

JEF市原・千葉がリーグ戦をフクアリで開催するようになって、サッカー好きの私には行く場所が出来ました。

フクアリができる前は、市原と言う場所が遠方に感じていましたのでJEFには興味がありませんでした。

ある日、マンションのポストに阿部勇樹選手のカードが一枚ポツンと入っていました。

そこから、私のフクアリ通いが始まりました。

幼かったPOMを連れて初めて行った試合が対マリノス戦でした。夫も誘って行ってた時期もありましたが、弱いJEFが嫌われ、今は一人でフクアリに出かけています。そこで知り合ったJEFサポさん達との出会いが、私がJEFを応援する一番の励みになっています。

初めて≪この選手は!≫と思ったのは、町田也真人選手でした。

ファンサに、興味の無かった私が初めて千葉神社の必勝祈願に行った時でした。

「去年送られてきたカードは、也真人選手のサイン入りでした。」というと「縁がありますね!」とあの笑顔が返って来ました。たぶん入団2年目だったと思います。

サポーターが言いそうな言葉を選手から言われたことで、この選手は人の心を掴む事を知っている。プロに徹する事の出来る選手では無いかと感じました。

今まで応援してきて、初対面の時の印象が全く変わっていません。

勿論、JEFと言うチームで頑張ってくれている選手全員を応援していますが、也真人選手のファンは非常に多いと感じています。

サッカーファンには、私のように長く年を重ねてきた方も多くいらっしゃいます。サッカー観戦は若者だけの文化ではありません。

そんな私が、JEFに愚痴を書いたり顔文字を使ったりして記事を書いている事に違和感を持っている方もいて、先日のように仕事中に会社のパソコンを使って、投稿者欄をを空白にしたまま憂さ晴らしをしている人にも出会ってしまいました。

少しだけですが、パソコンを操作できる私は、嘗てボランティア活動の仲間とパソコン初心者の方々に指導させて頂いていました。

年長者全てがパソコンに弱いだろうと思って、嫌がらせを書き込む人は少しだけで良いですから認識を変えて欲しいと思っています。

先日のように、たぶん仕事中に憂さ晴らしのために書き込んだのでしょうけど、こんな私にでも個人を特定できそうな絞り込みが出来ました。しませんけど。二度と私のブログを読む事は無い方だとは思いますけど、止めて欲しいです。

時には、不満を書き込んだりしてますけど、その不満に付け込んで憂さ晴らしをするよりも、他にスカッとできるようなことを捜して欲しいと思っています。

因みに、ライン仲間は略身内ですが、スタンプの魅力に嵌っています。買ってまでは集めませんけど、10代のPOMやKAULが送ってくれるスタンプが爽やかでカッコイイ!

私は、これからもJEFを応援して行きますし、ブログも書き続けます。

2018年7月21日 (土)

讃岐戦直前に出た。Jリーグからのエスナイデル監督の処分

讃岐戦を前に目にしたJリーグの決定。

エスナイデルさんは、4試合の出場停止処分!!!!

二回目の退席処分の重さを身に染みて欲しい。

10代の反抗期でもあるまいに。(≧ヘ≦)(-_-X) 

【ベンチ入り停止試合】
2018明治安田生命J2リーグ
2018年7月21日(土)開催 第24節 カマタマーレ讃岐 vs ジェフユナイテッド千葉
2018年7月25日(水)開催 第25節 ジェフユナイテッド千葉 vs ヴァンフォーレ甲府
2018年7月29日(日)開催 第26節 アルビレックス新潟 vs ジェフユナイテッド千葉
2018年8月4日(土)開催 第27節 ジェフユナイテッド千葉 vs 松本山雅FC

【処分理由】
2018年7月15日(日)2018明治安田生命J2リーグ 第23節(ジェフユナイテッド千葉 vs ツエーゲン金沢)の試合において フアン エスナイデル監督は主審より退席を命じられた。
(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同監督の行為は、「主審、副審の判定に対する執拗な抗議」に該当すると判断、4試合の
ベンチ入り停止とする。

監督不在で良い結果を出し続けたら、どうなるんだろう?

是非是非勝利を収めて欲しい。選手達自身の為に!

短気な性格が収まってるジェフユナイテッド市原・千葉さん。他のチームならあり得ない処し方ですね。千葉にとっては凄い実力を買っていると言う事でしょうか。

この後

満天の星空の下に輝くフクアリの≪クロユニ≫での初戦は・・・・・

戦いが光り輝くフクアリそのままになるのか。暗黒の夜空になるのか。

頑張れるのは選手だけですから、サポーターは選手を応援するだけですけど、古河電工のユニで臨んだ試合の二の舞にならない事を願うばかりです。

讃岐戦当日に目にした決定処分でした。が、JEFはエスさんの監督としての資質を認めての登用だったのでしょうか。

選手達の頑張りに期待します。

*悪意を感じるコメントは表示しませんので、諦めて下さいね。

2018年6月24日 (日)

後半はグダグダで、2-4の敗戦(対松本戦)

前半は、トントンと調子よく得点したけど<JEFは終わるまでは気を許してはいけない。>と自分に言い聞かせていたら、やっぱりその通りになってしまいました。

2-4になった時点でPCの電源を落としましたが、なんとそれ以前に二回も勝手に電源が落ちました。wi-fiにしてからDAZNがプチプチと切れ気味にしか見られなくなってしまいました。

DAZNはもういいかな、無くても。

アウェイの負け試合しか見てないし、お金よりも私のエネルギーがもたないかも。その上今日は、電源を入れ直している間に2ゴールされていましたしね。

2分の間に2ゴールされるって、ドユコト? \(*`∧´)/

プロフェッショナルがああああああ どんなメンタル持ってるの!゛(`ヘ´#)

HU!HU!HU! (呼吸困難)

夫に「2-0を2-4にひっくり返されたのよ。最後まで見る気力が無い。」と愚痴りながらリビングに出て行ったら「JEFサポってホントに辛抱強いよなあ。俺なんか2,3試合見ただけで止めたもん。」と言われました。

そう、何年辛抱したら・・・・・・、こんなサポ人生嫌だああああ

指宿選手、あんな決定的なゴールは入れなきゃダメなんですッ。船山選手をまねてはいけないんですッ。ンモォー!! o(*≧д≦)o″))

それから船山選手は、またハンドを取られましたね。何回目ですか(`Д´)

あのまま続けられたら、大きなチャンスでしたよねッ。

乾選手は、またイエローを貰いましたね。

一試合に一枚貰い続けると、どうなりますか?

(*´Д`)=3ハァ・・・こういう感情をぶっつけていると、また嫌な奴に心臓までもぶち抜かれそうな意地の悪いコメントを書かれそうです。

けど、去年はその直後からチームは持ち直しました。!(^^)!

監督は、主審にクレームを付けていましたけど、選手は誰も、一言も、主審にクレームを付けていませんね。

素敵です。

エスナイデルさんは、嫌いではありませんけど、これだけ負け続けていて短気なJEFUNITED市原・千葉さんが「御引き取り下さい。」と言わない事が不思議です。

J2に降格してから何人目の監督さんかな?

選手に、監督の思い描いたものが描けないのであれば、監督が選手にできる事をさせてあげて欲しいのですけどね。

反町さんは嫌いな監督です。何故なら頭が良さそうだから敵にしたくないのですよ。日本人監督の中の何人かは、とても緻密に頭を働かせられる人がいて、・・・好きなんですけど、嫌いです。ごめんなさい。

次もアウェイ?

苦手の極みアウェイ、克服できるかなぁ。

がんばれ!

2014年8月13日 (水)

人の振り見て我が振り直せを実感しています。

旧盆で故郷にお帰りになった方が多いと思いますが、私は家に閉じこもっています。

ただ単に暑いからですが。(笑)

そんな時に、いつもお世話になっている方に、書面のPC入力を頼まれお引き受けしました。

今住んでいるコミュニティーにとっては重要な事なのですが、入力し終えて持って行くと次から次へと書き足して欲しいと言われ、3回目の入力を終えたところです。

それが、重要な点だけを列記した方が住民の皆様に伝わりやすいと思うのですが、追加部分には個人的な感情が色濃く入り込んでいて、キーボードを叩き乍ら憂鬱に成ってしまいました。

ので、ここで私自身の気持ちのコントロールをしようとパソコンの前に座りました。

自分の為に書きますので、この先は鬱が移ると思われる方はアウトして下さい。

他人の文章だから分かる事で、いつも気儘にブログを書いているとそこが見失われて、つい感情的な部分を出している事、そのことがせっかく読んでくださっている方に嫌な思いをさせているだろうと、改めて思い知りました。

PC入力を頼んできた彼は、小学校6年生か中学1年生の時に終戦を迎えた方のようです。

もう直ぐ、終戦の日がやって来ます。

世間一般から見れば私は年寄りなのですが、戦争を知らない世代です。

彼の方は、多感な時に戦争を経験し終戦を経験した方です。ある時その方ともう一人(女性)同じ年代の方と雑談をした時が有って、戦争だけでなく皇室に対する考え方が特別な方達だと感じた事が有りました。

かなりの怒りを持って生きて来て、今を生きていると思いました。

他人夫々で一概に同じ世代だからと決めつけてはいけないのかも知れませんが、私たち世代とは全く違う生き方をしてきたというか、そう言う生活を強要された世代がどこかを睨み乍ら生きていると感じた事がありました。

そして、今回頼まれた入力の文章がかなり攻撃的で感情に走っている事を感じとり、世代間のギャップを思わずにはいられませんでした。終戦の日が近い所為も有るのでしょうか。

そこで、余計な事とは思ったのですが、私が文章入力をしたものが住民の皆様に届けられることを思うとやりきれない感情になり、“内容を一つの事に絞って、住民のみなさまを煽るようなことはお書きにならない方が心証が良いと思います。”とプリントアウトした書面につけて、個人ポストに入れてきました。(A4にびっしり3枚分の文章です。)

そうしないと、私自身の気持ちが不安定になりそうですから。

いま、8月15日を前にして、何をどのように考えればよいのか自問自答しています。

人により世代により思う事は様々かも知れません。

ただ、一つ思う事は戦争の無い世界にしなければいけないと言う事。

“世界中の明日が素晴らしい一日でありますように”と文章を結ぶブロガーさんがいらっしゃいますが、私も、毎日そう言う思いで生活したいと思っています。