2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー「季節の花」の記事

2018年9月28日 (金)

花の美術館 (館内はハロイン)

千葉市三陽フラワーミュージアムのアトリュームガーデンはハロイン中?

http://maruchiba.jp/sys/data/index/page/id/3182/

ここで記念撮影ができますよ。↓

041
039

094

中庭は、ダリアがきれいでした。

061
どう見ても、<たわし>を挿してあるとしか思えない花が有りました。

065066

花の説明です。↑

050
次は温室です。

見過ごしそうなほど小さい花です。↓

072

Photo

黄色い丸で囲って見ました。水の流れの中に植えられていました。

花の説明↓

073
温室と言えば、やっぱりこれ!毎回欠かせません。

Photo_2

太いバナナ!

調理用としては、下についてる花?が落ちたら食べごろかな?

フロントガーデンには、地味~に10月桜が咲き始めていました。

115
街中の道路沿いのつつじの下には、得体のしれない茸類がびっしり!

017
中には直径15センチくらいあるものも、、、↓ 凄すぎます。

022
今日は、久しぶりに秋晴れの良い御天気でした。散歩日和で出かけたのですが、温室に入ってしばらくすると腕に湿疹が出始めて痒くなって退散せざるを得ませんでした。何にも触れてなかったのですが、アレルギー源が有ったようです。

家にたどり着くと消えました。何がそうだったんだろう?

最後は、昨日のポートタワーを!

夕日に染まってキラキラ光っていました。

003
ついでに、8月27日の夕方に見た怖い雲、ビルを襲っているように見えましたが、この後JEFは、アウェイ2連戦を勝利しました。

勝利の神だった!!

002

2018年9月22日 (土)

9月の花(ピンクノウゼンカズラ、彼岸花・・・)

お彼岸が近づき、周りの花を見まわした時に、やっと夏の酷い暑さから解放されたと感じました。

毎年楽しみにしているピンクノウゼンカズラの花は、行きつけの美容室への通り道にに咲いています。まだ咲いていました。間に合いました。

Photo
Photo_2
吾棟前の芙蓉の花は、満開です。

63

62


Photo_3

まだ百日紅も咲いています。54
枯れそうな百日紅もあります。懸命に面倒を見て下さっていたJSの方が移動になりました。

079カイガラムシが着き、それを食べる蟻が木の根元に住み着いてしまったために倒れる寸前なのだそうです。
082
根元には、「幼い芽が伸び始めていますので、それが代わってまた花を咲かせますから大丈夫ですよ。」と教えてくださいました。ありがとうございました。

小学校の通りには、真っ赤な彼岸花が咲いていました。満開です。

039


040


43

幼い頃の思い出は、ジメッとした場所に咲いていましたので、イメージがガラッと変わりました。

彼岸花の近くに狗尾草が集団で生えています。清々しい色合いです。(笑)

046

雑草も美しく感じます。

秋です。

77
真っ赤に変化するのも時間の問題ですね。ピラカンサ (^^♪








2018年6月22日 (金)

ジャカランダの花が満開になりました。

梅雨の晴れ間に、自転車に乗ってジャカランダの花を見に行ってきました。

014
22
19

20

11

キリモドキとも言われている Jacaranda は、ノウゼンカズラ科で原産地はアルゼンチンだそうです。

昨年は、一週間ごとに咲き具合を見ていました。

今年は昨年のように行くついでがありませんでしたので、開花時期に行けないかもと思っていましたが、具合よく晴れてくれました。

今日は、お天気に thank you (^^♪


2017年10月10日 (火)

公園に咲く花

時折通る公園に強烈な朱色の花が咲いていました。まだ見た事は無いけど、カエンボクの花の色は、こういうものかな?と思いながら見つめていました。

3
5

アメジストセージ

010
ホトトギス

Photo

萩は3種類植えられているようでした。016

この萩の花には、沢山の小さな蝶が飛び交っていました。
025
時間はたっぷりある筈なのに、花の散策をする時間がなかなか取れません。

今はマンションの大修繕の日々の予定に振り回されています。十数年前に当時の理事会が略独断で墓石のような色に塗り替えてしまって以来の外壁の塗り替えがメインの修繕です。クリーム色とレンガ色の18年前新築当時の優しくもメリハリのついた色合いになる筈です。12月末には足場が外されそうです。長い幽閉生活ですが完成が楽しみです。

*築数年で何故塗り替えてしまったのか?なぜ墓石色にしてしまったのか?

一部分に色むらが有ると言う事で、しなくても良い塗り替えを売主にさせたのです。しかも、墓石色は汚れが目立たないからと言う理由でやってしまったのです。衝撃的でした。今回は、住民の9割近い方が臨んでいる色になります。現状が良いと答えた方は8名ですから、もしかしたら当時の理事の人数に近い数です。

幼いPOMまで仰天させた色が、優しい色に生まれ変わります。